証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

反社チェックをしたときに同姓同名の人がいたらどうする?

取引をする相手が反社会的勢力と関わりを持っていないか調べることを「反社チェック」といいます。これにより、その人が何らかの事件と関わっていないかを確認できますが、同姓同名の人の情報が出ることがあるのです。その場合、同姓同名の人は何か損をするのでしょうか?また、企業はその人が実際に反社会的勢力であるかをどう調べれば良いのでしょうか?今回は、反社チェックと同姓同名について解説していきます。

反社チェックで同姓同名が当てはまってしまうことがある

同姓同名の反社会的勢力の情報に注意

同姓同名で何かが起きてしまうことなんて本当にあるの?と思うかもしれませんが、実際にそういった事例もあるのです。実際には、同姓同名であるだけなら、生年月日が違うことが分かれば別の人であることが証明できます。しかし、その生年月日さえも同じであることで、何もしていないのに信用を失ってしまうことがあるのです。名字と名前、どちらも日本でよく見かけるものの場合、そういったことが起こり得てしまうのですね。

同姓同名であったために審査が通らなかった事例

同姓同名で生年月日も同じ人が、金融機関の審査に落ちてしまうという事例が実際に起きています。名前と誕生日が同じということで、金融機関からその反社会的勢力である本人であると思われてしまい、そこでお金を借りることができませんでした。何もしていないのに、名前と生年月日から反社会的勢力であること、犯罪歴があることを指摘されてしまうのです。

同姓同名でも別人であることを証明するには

同姓同名で、生年月日も同じ2人が一緒に反社チェックの業者に依頼するならば、別人であることの証明は難しくありません。ただ、現実はそうはいかないのです。反社会的勢力であると疑われてしまった人が、実際に反社会的勢力の同姓同名の人を探し出すことは簡単ではありません。

同姓同名、同一生年月日であっても別人ということを証明するには、反社チェックの業者に依頼をすることはできません。そういった会社は、相談してきた人の住民票を取ったり、戸籍を確認してはいけないという決まりがあるからです。別人であることの証明をするときには、弁護士に相談する必要があります。そして、弁護士から検察庁に確認を依頼して初めて、別人であることが証明されるのです。

企業は同姓同名の人である可能性を考えなければならない

反社チェックを簡単に終わらせてしまう企業が多い

反社会的勢力である人は、少し見ただけで分かるものではありません。そして、身分をうまく隠している人も多い中、企業が反社チェックをすることは必須となっています。しかし、企業がおこなう反社チェックは、足りていないこともあるのです。過去の新聞記事を検索するだけで反社チェックを終わらせてしまう企業も多くあり、それでは正しい情報を知ることができません。

反社チェックをするときに事件性がなければ、警察に照会することはできません。そのため、企業は自分たちでできる限りの反社チェックをしなければならないのです。新聞記事検索だけをして終わらせると、事件を起こした人の名前しか知ることしかできなくなってしまいます。それだと同姓同名の確認しかできません。情報の裏付けもなければ、反社会的勢力との関係もあいまいになってしまうのです。企業の反社チェックでは、反社会的勢力と関与しているかを確認することを忘れてはいけません。

反社チェックは複数のデータベースを検索しなければならない

企業で反社チェックをするときには、1つのデータベースのみの検索で終わらせてはいけません。インターネット検索や、新聞記事検索をおこない、さらにほかの反社会的勢力データベースを検索する必要があります。このようにいくつかのデータベースで調べるのは、情報をより正しく集めるという理由があるのです。このデータベース1つ1つからは、反社会的勢力の情報を完全に知ることができるわけではありません。情報がそれぞれ足りていなかったり、同姓同名の人の情報を企業が間違えてとらえてしまったり、そもそも情報が嘘のものである可能性もあります。特に、インターネットで知ることのできる情報には、その情報がどこから来たのかが不明であることも。そういったことをカバーするために、企業は複数のデータベースから情報を集めなければならないのです。

反社チェックツールを使うことで同姓同名の人を調べやすくなる

反社チェックツールを使うことで作業の効率が良くなる

企業が反社チェックを簡単に終わらせてしまう原因として、人員を割かなければならず時間もかかるため、企業にとって負担になってしまうことが挙げられます。そうならないために反社チェックの工程を省いてしまっては、元も子もありません。効率よく反社チェックをするためには、反社チェックツールを使うことをおすすめします。

反社チェックツールを使うことで、作業にかかるコストを抑えて、早く正確に反社チェックをすることができるのです。

同姓同名の人を調べる時間をつくることが可能になる

反社チェックツールは、キーワードを指定することでその情報についてくまなく調べてくれます。人が調査するよりもはるかに効率良く作業できますが、複雑な判断は人でなければできません。同姓同名の人が検索に出てきた場合にも、ツールではなく人が判断することになります。しかし、調べる作業をツールに任せることで反社チェックにかかる時間と費用を減らすことができているため、詳しい調査をする余裕が生まれるのです。人が見落としがちな単純作業はツールでおこない、その中から詳しく判断、調査する必要が出てきた場合は人がおこなうことで、効率良く反社チェックを進めることができますよ。

まとめ

反社会的勢力の人と同姓同名であることによって、損をすることになった事例もあるのですね。反社会的勢力であることが疑われた人が個人で動いて、自分とは関わりがないことを証明することは可能ということも分かりました。しかし、そのためには時間も費用もかかってしまうのです。ただ名前が同じであっただけでその人が大変な思いをすることのないように、企業は反社チェックをしっかりおこなわなければなりません。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn