証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

採用面接で「素行調査をする」と言われたけど不安…企業の素行調査について解説します

企業が中途採用を行う際に、採用候補者の素行や身辺について調査することが増えました。元々外資系企業では、採用活動時に「リファレンスチェック」「バックグラウンドチェック」と呼ばれる調査を行い、選考の際に役立てています。それが国内の企業にも広まっているのです。ここでは採用時における素行調査についてご説明します。「会社が素行調査をするなんて怖い」と思われるかもしれません。そんな時はこの記事を最後まで読んでいただいて素行調査の内容について知っていただければ、不安も和らぐのではと思います。

企業が行う素行調査とは?解説します

転職活動時に企業側から「あなたの素行調査をさせていただきたいのですが」と言われたことはないでしょうか?最近、採用選考時に素行調査を加える企業が増えています。ここでは企業が行う素行調査についてご説明します。

企業が採用活動時に素行調査を行う理由

中途採用で多くの人々を面接し選考していく場合、採用担当が選考のため参考にするのは応募時に提出された「履歴書」「職務経歴書」と、本人と実際に面接した時の印象のみになります。けれどもこの二つだけでは候補者の本来の姿や仕事ぶりを判断するにはいささか弱いと言えます。実際に提出された書類に偽りがないか、前職での仕事ぶりや同僚などとの関係などを知るためには素行調査が必要です。企業が素行調査を行うのは候補者の「信用度」「人間性」を調査することで選考に客観性を持たせるためなのです。

企業が行う「素行調査」とはどんなものなのか

それでは、企業による「素行調査」ではどのような事を調べるのでしょうか?具体的には「応募書類にウソがないか」「前の職場での仕事ぶりや人間関係」「立ち寄り先や交友関係」などです。いすれもありのままを面接時に話していれば、特に不安になる要素はないといえます。素行調査を行うためには、必ず調査対象となる本人に許可を取ってからになります。

調査範囲は企業の調査したい項目によって変わる

素行調査については、特にきまりはありません。企業によってその内容は微妙に違います。学歴や職歴の調査のみで済む場合もあれば、前の職場に聞き込みをして仕事ぶりや人間関係について調べたりもします。また金融や不動産といった業界の場合は犯歴や破産歴・訴訟歴などについても調べます。

素行調査を拒否すると、選考に不利なのか?

企業による素行調査は、必ず対象者本人に許可を取ってから行われます。逆に言えば素行調査を拒否することもできるということ。しかし気になるのは「採用に不利になるのでは?」ということ。実際はどうなのか、ご説明します。

素行調査を拒否すると、選考時に不利?受けた方がいい理由とは

採用面接の際に素行調査を伝えられた際に拒否することもできます。そして拒否をしたことが選考に影響を与えるわけではありません。しかし、できるなら素行調査は受けておいた方がいいでしょう。痛くない腹を探られるのは嫌かもしれませんが、そもそもウソをつかずにきちんと話していれば問題ありません。また素行調査を受けることで採用する側にも信頼を得られるので、印象は良くなるでしょう。

企業側も素行調査で受けるメリットは大きい

企業にとって素行調査をすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?まずは「採用後のミスマッチ」が防げるということがあります。書類と面接だけで採用すると、実際にはスキル不足であったり人間関係の構築に問題がある等のことは分かりません。よって採用した後にそれが分かると、企業は簡単にやめさせることはできませんし職場の雰囲気が悪くなってしまい採用した意味がなくなってしまいます。またそれに伴い早期退職や他の退職者が出てしまうとなれば、企業にとっては大きな痛手です。よって素行調査という客観的な調査結果を選考時に加えることにより、これらを防げるというわけです。

企業の素行調査は、興信所や調査会社に依頼するところが多い

それでは、採用選考時における素行調査はどのようにして行われるのでしょうか?自社で行うところもありますが、多くは外部の興信所や調査会社を利用して素行調査を行っています。そのメリットについてご説明します。

企業の素行調査は、興信所や調査会社に依頼する場合が多い

採用選考時に行われる素行調査は、自社で行われる簡単なものから興信所や調査会社に依頼して行われるものまで様々です。自社での調査の場合、調査能力に限界がありなかなか詳細に調査がやりにくいのです。また時間もかかると選考する時間も長くなるため、採用候補者との信頼関係が悪くなる可能性もあります。あまり時間をかけず確実に正確な調査が可能であるという点から、興信所や調査会社に依頼する企業が多いです。また今はこのような素行調査を専門に行う調査会社も登場しています。

興信所は、高度な調査技術を駆使して素行調査を行う

興信所というと、個人の素行調査や浮気調査などの依頼が多いイメージがあります。興信所は相手に気づかれることなく尾行や張込み、聞込みなどで情報収集を行います。多くの調査ノウハウを蓄積しているので時間をかけずに確実な調査結果を得ることができるのです。また個人情報保護の取扱いにも精通しているので、安心して調査を任せられます。よって企業が採用候補者の素行調査を依頼することが増えているのです。

まとめ

ここまで採用活動時における素行調査についてご説明してきました。選考を受ける側からすると、個人情報を調査されることに不安を感じる方も多いと思います。とはいえ、採用面接の際にきちんと企業側にありのままを話せば問題ありません。それが本当なのかどうかを確認するだけだからです。企業もこれから採用する人材を客観視でき、ミスマッチによる職場環境の悪化や早期退職などといったことが減れば、即戦力として採用した人材が企業の業績を上げる助けとなってくれるはずです。まだまだ広がっているとは言いにくい素行調査ですが、採用時には当たり前のようになるのも遠くない将来のような気がします。こちらの記事を参考にしていただき、無駄に不安に思わず粛々と素行調査に臨んでください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn