証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

反社チェックをスムーズに行うためには?警察への照会方法も解説

昨今では企業や会社にとって、反社会的勢力(反社)との繋がりをどうすれば断ち切れるのか、こういった課題が経営戦略のひとつになっている感は確かにあるでしょう。いわゆる反社勢力と呼ばれる、組織や団体との関わりをゼロに近付けるために、反社チェックを導入しているところも増えているようです。どうしても不安点が払拭できない場合には、調査会社への依頼や警察への照会も選択肢として入れるべきかもしれません。この記事では「反社チェックをスムーズに行うためには?」また「警察への照会方法」などをお伝えします。  

反社会的勢力かどうか 正確な見極めが大切

まず企業や会社側の立場からみると、反社会的勢力との繋がりを撲滅するために、対象となる組織団体の正確な見極めができるかがポイントになります。それは一目で是非の確認ができないほど、幅広い定義の範疇にあるからでしょう。

たとえばですが、調査会社への依頼や警察への照会(相談)も解決策の一つには該当しますが、その段階に至る前に反社チェックができる方法があれば、これほどありがたいことはないかもしれません。

また前述でも触れましたが、非常に幅広い定義の範疇に位置づけられることの一例として、「暴力団員と親密な関係性に該当する場合」ということで、東京都暴力団排除のための条例文の中で明記されています。

この条例文に準ずる見方でとらえていくならば、暴力団員でびっしり埋め尽くされた友人の結婚披露宴に参加するだけで、もしかして反社会的勢力かも?という疑いの目を向けられる可能性もあるでしょう。

さらに対象となる組織団体が、該当するかどうかの判別方法として反社チェック以外にも、不祥事や事件の前例があれば要チェック対象となるでしょう。これらを総合的に判断して正確な見極めを行ってください。

反社チェックの理想的なタイミングと警察への照会などの対策

反社チェックの理想的なタイミング

それではここから反社チェックを実施する理想的なタイミングについて考えてみましょう。そもそも反社会的勢力との繋がりを撲滅するのが目的になりますので、理想的なタイミングとしては組織団体との接点を持つ前がベストです。

たとえば企業や会社側の例であげてみると、新規で仕事上での契約を進める場合なら、契約を完了するまでにチェックを実施するのがよいでしょう。既存契約ずみの相手なら一定期間ごとにチェックを入れてください。

特に株主や役員などは就任前に行うのが理想的なタイミングとなります。あわせて、役員以上の立場に相当する人物に関しては、本人のみならずその背後にいる家族も含めて、チェック対象にするべきでしょう。

警察への照会を含む反社チェックの対策について

次に具体的な対策について、いくつかお伝えします。まずご紹介するのは、企業や会社が自力で反社チェックを実施するという方法になりますが、こちらを真っ白な状態から行うには相当な時間とエネルギーを要することになります。

これでは本業の方がおろそかになることもあるでしょう。こういった事態に陥らないための手段として、反社チェックツールがオススメかもしれません。より少ない時間と労力で理想的な情報が得られると思います。

以上のようなチェックを経て何らかの不安点がある場合には、専門的な調査会社や探偵事務所などへ、調査をお願いすることも大事なポイントになります。さらに一歩踏み込んだ視点からの調査が可能でしょう。

こういった調査会社などの結果も踏まえた上で、なおかつリスクの高い組織団体である可能性が高いなら、取り急ぎ警察への照会を行うことをオススメします。対象となる組織団体役員の、名前と生年月日など個人情報があれば、暴力団員かどうかの識別を行うことができます。結果が分かれば安心して契約も進められるでしょう。

ここまで述べたような経過をたどって、もし仮に相手が反社会的勢力だと分かったとします。新規顧客にしても既存の契約相手にしても、まれに陰湿な脅迫やおどしを繰り返してくるケースも中にはあるようです。

このレベルクラスなら警察への照会だけでなく、弁護士の力も借りることが安心でしょう。まず警察の方では「暴力団への中止命令」なるものを発動でき、弁護士も併用することでさらにガードが強くなっていきます。

一例として、暴力団関連の組織団体へ受任通知書を送付すると、そのあとの不当要求が静まったという弁護例もあります。現時点で不安な場合には、企業や会社の顧問弁護士へ一度ご相談ください。

反社チェックにおける留意点

たとえばですが、数年前の契約時点には何の問題もなかった会社が、現時点で反社会的勢力と癒着しているケースはあると思います。既存の契約相手も含めて、定期的な反社チェックは必要不可欠でしょう。

あわせて、どれほど多忙であっても、、ツールだけに頼りすぎないチェックシステムも大事なポイントになります。どんなに便利なツールであっても、必ず人間の目視チェックもあわせて併用することが望ましいそうです。

もしも同姓同名の2人の氏名がチェック対象にあるとしましょう。この場合には、ツールだけに頼る方法では
正確な見極めは難しいと思います。人間の目視確認も入れることで、正確な情報へと変換可能ということでしょう。

反社チェックは警察への照会前に探偵へ依頼する

反社会的勢力との断絶というスタンスは、どの企業や会社の立場であろうと、異口同音に叫んでおられるのが現状ではないでしょうか?それを追い求める意思はあったとしても、自社ですべてのチェックを実施するのは負担が大きい側面もあると思います。警察への照会などの前に、探偵事務所へまず依頼してみましょう。

まとめ

この記事では「反社チェックをスムーズに行うためには?」「警察への照会方法」などを様々な視点からご説明いたしました。役立ちそうな情報はありましたでしょうか?反社会的勢力との繋がりを撲滅するには、最終的な手段として警察や弁護士なども活用すれば安心でしょう。その前段階に探偵事務所へ相談することも、これからの得策としてお知り置きください。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒反社チェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラム一覧はこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn