証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

採用調査の費用がどのくらいかかるのか申し込みをする前に理解しておこう

自社で採用調査をすれば予算を安く抑えることができるかもしれません。しかし確かな情報を入手するには専門の採用調査会社に依頼をしたほうが確実です。当然ですが無料で依頼をするわけにはいかないので、どのくらいの費用がかかるか事前に確認しておく必要があります。調査内容や調査をする期間によって費用が異なりますし、業者で提供しているどのサービスを利用するかでも費用が変わってきます。

採用調査の費用の相場を理解しよう

これから初めて採用調査をしたいと思っている企業は、専門業者に依頼をするとどのくらいの費用がかかるか見当もつかないかもしれません。後からトラブルに巻き込まれないためにも、事前に採用調査の費用がどのくらいかかるか知っておいて損はありません。

採用調査は各業者によって料金が異なるので、事前に費用の相場を理解することをおすすめします。相場を理解して依頼をする調査の費用が安いか高いかを十分に把握してから依頼ををする業者を選定してください。

経歴調査

採用調査の経歴調査はバックグラウンドチェックと言われています。この調査では採用候補者の学歴や職歴など、履歴書や職務経歴書に虚偽の内容が含まれていないか確認することができます。経歴調査は他の調査と比べて容易なことから、1回あたり3万円から6万円が費用の相場と言われています。

この経歴調査で調べる内容は、新卒者であれば学歴を調べますし、中途採用者であれば学歴にプラスして今までの職歴も正しいか調査をします。この他にもなぜ前職の職場を退職したか調べるのも経歴調査に含まれます。

身辺調査

採用候補者がどのような人柄なのかを調べてくれるのがリファレンスチェックと言われている身辺調査です。上司の指示をしっかり聞いて熱心に仕事に取り組んできたか?同僚からの評価は良かったか?退職の理由は何か?などを前の職場の関係者から身辺調査を実施します。前職の関係者からの評価調査は1回あたり5万円から10万円が費用の相場になります。

身辺調査で重要なのが前職の上司の評価です。本人がどのような人物なのかを理解している上司に詳しく仕事内容や性格や素行などの重要な部分を、調査で知ることで採用をして良いか判断することができます。

その他の調査

採用調査はバックグラウンドチェックとリファレンスチェックが基本となりますが、その他の調査として幹部候補や重要なポストに就く予定の採用候補者の場合は、さらに慎重に問題が無いか確認するために費用も高くなります。その他の調査の1回あたりの費用の相場は10万円から30万円が費用の相場となります。

経歴調査や身辺調査だけでは判断できない場合、その他の特殊調査もしてくれる専門業者に依頼をしてください。

予算の範囲内で採用調査をしてもらおう

各業者によって採用調査の費用が異なります。できるだけ費用を安く抑えるために調査をするタイミングも理解してください。タイミングを間違ってしまうと調査をする候補者の人数が多くて、余計に採用調査の費用が嵩んでしまいます。

一人当たりの費用を理解する

採用調査をするときは一人当たりの費用がいくらくらいになるかを確認してから業者を選んでください。調査をしてくれる専門業者によって料金が異なります。料金だけ見るのではなくどのような調査をしてくれるかも確認して、総合的に知りたい情報をしっかり調査をしてくれる業者を選択してください。

どのような調査プランがあるか確認しよう

採用調査も業者によって色々なプランを用意しています。自分が利用したいと思っているプランがどのくらいの料金になるかも確認してください。一人当たりの費用として考えるだけでなく、提供されるプランを使って調査をしてもらったほうが安く済むこともあります。

別途費用が発生する可能性もある

採用調査を進める中でプランには含まれていない費用が発生することもあります。予算があれば後から追加の費用を支払うこともできますが、原則として見積もりの範囲内で調査をしてもらうのが、後からトラブルにならないためにも一般的です。

どのくらいの予算で採用調査をしてもらうのか事前に決めておいて、業者を選択する前に必ず見積もりを作成してもらい、その金額に納得してから採用調査を依頼するようにしてください。

見積もりを作成してもらおう!

今の時代であればインターネットの情報でも十分に採用調査の価格を調べることができますが、本格的に自分が利用する調査会社の見積もりを作成してもらうようにしてください。で

複数の業者の見積もりを作成してもらう

複数の採用調査の業者から見積もりを作成してもらうことで、それぞれの費用を比較することができます。同じようなサービスでもそれぞれの業者によって費用が異なります。また追加料金が発生する可能性もあるので、見積もりの金額だけでなくサービス内容も十分に考慮して見積もりを比較してください。

サービス内容も考慮する

確実に採用調査の報告を受けるために、納得できるサービス内容を提供している業者を選んでください。これは事前の無料相談などで確認することができます。何も考えずに業者を選んでしまうと、思うようなサービスを受けられなくて後悔をする可能性もあります。

何人の候補者を調査するのか?

何人の候補者の採用調査をするかによって費用も変わってきます。ちゃんと比較するために調査内容だけでなく調査対象者の人数も併せて見積もりを作成してもらいましょう。複数人の調査をすると費用だけでなく時間もかかってしまいます。

採用者を決定する時間に余裕が無いと調査が中途半端に終わってしまう可能性があります。事前に調査にかかる時間も確認して内定を出すタイミングを逆算して業者に依頼をするようにしてください。

まとめ

採用調査をしてくれる業者で費用が異なります。実際に調査をしてみて予想以上に費用がかかってしまい後から後悔しないためにも、複数の業者の費用を比較してみることをおすすめします。ネットの情報だけでなく実際に見積もりを作成してもらい費用を比較することで、確かな情報を得ることができます。ネットの情報も参考になりますが、全てを鵜呑みにせずに時間をかけて採用調査をしてくれる業者を選ぶようにしてください。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラムはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn