証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

仕事に意欲ある高齢者が増加中!高齢者雇用と雇用調査について解説します

高齢者の就労希望者は増加しています。かつて高齢者のキャリアアップは難しいと言われましたが、彼らの持つ経験値や技術を活用したいという企業が増えたことで、高齢者の転職市場というものも盛んになってきました。しかし、高齢者に生き生きと働いてもらうためには企業も環境の改善が必要な場合もあります。ここでは高年齢者を採用する際の雇用調査についてご説明します。年齢による心身の衰えを考慮せずに高齢者の雇用を進めることはできません。高齢者の経験はその人だけのオリジナルであり得難いものです。どうぞ最後までお読みください。

高齢者の中途採用は、年々高まっている

企業の65歳定年や再雇用促進などが定着し、「定年迎えたら仕事は引退」という考えは過去のものとなりつつあります。高齢者側も様々な理由から「仕事を続けたい」という意欲のある方は増加しています。高齢化社会と言われて久しいですが、年齢を問わず仕事を続けることは一般化しているといっていいでしょう。

年金支給開始年齢の引き上げなどで「高齢者の勤労」は増加している

公的年金の支給開始年齢は、現在65歳です。少しずつ引き上げられていますので、社会情勢によってはこれから支給開始年齢が上がることも予想されます。年金だけでは生活が維持できないという事情から、「定年過ぎでも働いて収入を得たい」という人は増えています。また、生活面の不安だけではなく「生きがい」という面から仕事を続けたいという意欲を持っている人も多いです。

健康状態が良好であれば「長く働きたい」高齢者

医療技術の進歩や健康志向という流れもあり、現在の高齢者はかつての「老人」というイメージとは大きく異なる人が多くなっています。運動をし、レジャーを楽しめる健康的な「高齢者」が増えているのです。心身ともに若々しく社会人経験も豊富な高齢者を「有能な人材」とし、ビジネスで大いに活躍してほしいと希望する企業も多いです。「生涯現役」を体現できる人々が増えたことで、高齢者の転職市場も大きくなっています。

高齢者を雇用するには、企業の環境整備が欠かせないワケ

心身ともに「若々しい」高齢者が増えたとはいえ、年齢に伴う老化は避けられないものです。現役世代と全く同じ条件で働いてもらうにはやはり無理が生じます。せっかく中途採用しても健康状態を悪化させて就労不可能になってしまうのは問題です。そこで企業は高齢者が働きやすくなるような環境を整える必要があります。これはオフィス内の見える部分だけではなく、就業規則などの変更なども必要な場合も含まれます。高齢者に配慮した結果、他の従業員の環境も向上します。これも高齢者を雇用するメリットといえるかもしれません。

雇用時には、体調を考慮し勤務体系の見直しも

いくら心身ともに若々しいとはいえ、「若い人と同じ」というわけにはいきません。また、持病などがあった場合は通院などを考慮する必要があります。よって勤務時間や休みを取りやすい状況を作ったりして、高齢者が就業しやすい環境を整える必要があります。場合によっては就業規則を改定するなどの規則の整備も必要となります。

高齢者の動作に配慮した事務所自体の環境整備

高齢者は老化に伴い、身体の動作にだんだん制限が出てきます。若い頃のようにキビキビと動けませんし、事務所内のちょっとした段差などでつまずいたりする可能性があります。そういった事故を防ぐため、企業としてもパソコンなどのケーブルを失くせるような対策をするなどハード面での環境整備が必要です。こういった改善は、結果的に社内で働く従業員の働きやすさにもつながります。

高齢者に対する雇用調査は、採用目的に応じた調査内容を

最近、「雇用調査」という言葉がよく使われるようになりました。「採用調査」「バックグラウンドチェック」などとも言われ、企業が採用時に採用候補者に対して行う人物調査のことをいいます。経歴や人柄などについて調査することでより「リアルな候補者の人物像」を把握を目指すものです。高齢者に対する雇用調査もその例外ではなく、特に管理職や専門職などの中途採用などでは行われる傾向にあります。

高齢者の雇用調査は、広範囲になりやすい

高齢者を雇用するメリットは「豊富な経験や人脈」を活用できるということです。雇用調査の範囲もかなり広がることが予想されます。雇用調査の場合はリファレンスチェックよりもさらに範囲が広く、犯罪歴や民事訴訟歴、反社チェックなど多岐にわたります。長い社会人経験の中で培われたものだからこそ、より本人の信用度を慎重に見極める必要があります。少しでもなにか不審な点があれば、それが企業にとってリスクになりかねないからです。調査範囲が広がればそれだけ時間も労力もかかりますので、自社での調査より外部の調査会社に依頼した方が確実で効率的に調査を行うことが可能です。

高齢者ならではの調査項目を加えることが必要な場合も

高齢者の場合、自らの「老い」が原因となりなかなか能力を発揮できない場合もあります。本人の自己申告もあるでしょうが、本人が申し出なかったことで身体に負担がかかり結果的に早期退職になってしまったとしたら非常に勿体ないことです。高齢者の雇用調査については、ある程度これも調査内容に組み入れるべきです。昨今の社会情勢もあり、リモートワークなどを取り入れることでより高齢者が働きやすくなることも考えられます。もちろんプライバシーへの配慮は必要でしょうが、こういった調査で少しでも採用した高齢者をサポートできれば企業にとっても将来的にはプラスに働くでしょう。

まとめ

ここまで、高齢者の雇用と雇用調査についてご説明してきました。社会情勢と高齢者の意識の変化に伴い、高齢者が働き続ける社会が進みつつあります。若い従業員たちとまったく同じというわけにはいかないでしょうが、その豊富な経験や人脈は得難いものです。若い世代の従業員たちが高齢者と共に働くことで、若い世代に経験の継承や刺激を与えることも期待できます。ワークスタイルに自由がきくようになったことも追い風となっています。ぜひ高齢者の採用について検討してはいかがでしょうか?その際は雇用調査を外部の調査会社に依頼するのもおすすめです。こちらも合わせてご検討ください。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラム一覧はこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn