証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

雇用調査の費用を理解して予算の範囲内で依頼をし実施してもらおう

新卒でも中途でも優秀な人材を採用するということは簡単なことではありません。今の時代は様々な対策を講じて面接に臨んでくる人が多いです。そのときに面接官が確実に候補者を見極めることができれば良いですが、判断を誤ってしまうと後から企業側が違う人材を採用すれば良かったと後悔してしまう可能性もあります。そうならないためにも雇用調査をして確実に優秀な人材を確保することが望ましいです。

雇用調査の費用の相場いくらか?

専門業者などに雇用調査を依頼する場合どのくらいの費用になるか、事前に確認をすることをおすすめします。選択する業者によって設定している費用が異なりますし、調査をする人数によっても異なります。相場を知りたいと思ったら1人あたりいくらになるか見るようにしてください。

雇用調査の費用の相場

雇用調査の内容で一般的な調査であれば2万円から6万円程度が相場と言われています。この相場を基本として調査項目を増やしたり、調査をする人数を多くしたりして、予算の範囲内で調査をするようにしてください。

業者によって料金体系が異なる

雇用調査をしてくれる業者によって料金体系が変わってきます。急いで1社に決めてしまうと後から他社のほうが安かったというのはよくある話です。そのような事態に巻き込まれないために、雇用調査をするときは必ず複数の業者から見積もりを作成してもらうことをおすすめします。

費用が高くなる調査もある

雇用調査は様々な方法で行われますが、費用が高くなってしまうこともあります。それは本格的な聞き込みなどをする特殊な調査を伴う際に高額になってしまうケースがあります。見積もりを作成してもらえば比較することができますが、事前にどのような調査をするかを無料相談時などに確認をすることをおすすめします。

雇用調査の業者の選び方

雇用調査をしてくれる業者を選ぶときにどのような点に注意して調査をすれば良いか理解しましょう。費用が安くてもちゃんと調査をしてくれないと意味がありません。調査内容を十分に理解してから見積もりを作成してもらうことをおすすめします。

調査内容

一番重要なのが調査内容です。どのような内容で雇用調査をしてくれるか、利用したいと思っている業者の調査内容とどこまで調査をしてくれるかその範囲を十分に理解して判断してください。

正しい方法で調査をしてくれるか

今の時代は様々な法律が厳しくなっているので、ちゃんと許可を得て法律に則って調査をしてもらう必要があります。しっかり法令順守して雇用調査をしてくれる業者を選ぶのが重要になります。

どのくらいの期間で調査をしてくれるか?

雇用調査の期間が長くなればなるほど費用が高くなる傾向があります。報告書の納期がどれくらいになるかも事前に確認することをおすすめします。調査能力が低ければ調査に時間がかかってしまいます。さらに余計な費用が発生する可能性もあるので注意しなければいけません。

一般的な雇用調査の結果をまとめてくれた報告書の納期は遅くても1週間以内にまとめて提出してもらうのが望ましいです。

実績がある専門業者に依頼をしたほうが良い

雇用調査は実績がある専門業者に依頼をすることをおすすめします。これは長年の実績やノウハウを熟知してて確実に雇用調査をしてくれます。調査基盤がしっかりしているだけでなく、情報のネットワークなども駆使をして雇用調査をしてくれます。

実績があるだけでなく業界団体や協会に加盟しているかどうかも確認をしてください。協会の方針や要領に基づいて的確に調査をしてくれます。

業者に見積もりを作成してもらおう!

雇用調査の相場を理解したら予算の範囲内で調査をしてもらうために見積もりを作成してもらうことをおすすめします。1社だけでなく複数の業者に見積もりを作成してもらうことで、どのような調査内容でどのくらいの費用になるか比較することができます。

同じような調査内容で見積もりを比較する

雇用調査をしてもらう複数の業者に見積もりを作成してもらうために、同じような調査内容で費用を比較するようにしてください。雇用調査をする専門業者や興信所など、それぞれのサービスで内容が異なります。

あまりにも違う調査内容だと費用を比較する意味が無くなってしまうので、そうならないためにもしっかりと同じような調査内容でどのくらいの費用になるかどうかを確認することをおすすめします。

一人当たりの費用で確認をする

雇用調査の費用は一人当たりいくらになるかで考えてみましょう。人数が多くなるとそれだけ雇用調査の費用が高くなってしまいます。できるだけ面接で候補者を絞って内定を出す前に雇用調査をしたほうが費用を抑えることができます。見積もりを作成してもらうときも一人当たりいくらになるかを見て判断するようにしてください。

調査内容を絞ったほうが良い

依頼をする調査内容が多くなればその分雇用調査の費用が高くなってしまいます。本当に知りたい情報を調査してもらうために、事前に見積もりを作成してもらう調査会社や興信所が提供しているサービスを十分に理解して対応をしてもらうようにしてください。

自社で調査をするのは難しい

雇用調査の費用が高いからと言って採用を検討している会社で雇用調査をしようとするケースがありますが、知識や方法を理解していないと期待している情報を得ることが難しい場合があるので注意しなければいけません。

雇用調査に関する独自の知識などがあれば自社で調査をしても良いですが、初めて実施しようとしているなら最初から専門業者や興信所などに依頼をして、予算の範囲内で費用を支払って調査をしてもらうことをおすすめします。

まとめ

企業が求めている人材を採用するために様々な対策を講じて面接官が対応してくれますが、それでも本質を見抜けなくて判断し兼ねているときに雇用調査をすることをおすすめします。専門業者や興信所など対応をしてくれる業者によって費用が異なります。どのくらいの予算で雇用調査をするか事前に決めてから、調査を依頼したい業者から見積書を作成してもらって依頼をするようにしてください。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラム一覧はこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn