証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

なぜ企業は候補者に対して面接だけでなく採用調査を実施するのか?

採用候補者の本当の姿を試験や面接や選考書類だけで判断するのは難しいです。華麗な経歴喋っていることが立派でも、いざ入社してみると周りの社員とうまく行かなくて思っていた人材と違ったと後から後悔する可能性もあります。このような問題を解決してくれるのが採用調査です。本当に求めている優秀な人材を確保するために自社の面接方法でうまく行かないと感じている企業は採用調査を実施することをおすすめします。

なぜ企業が採用調査を行うのか?

採用したいと思っている候補者が企業が求めている人材に適しているかどうか判断するのは簡単なことではありません。採用調査をする企業にとってどのような人材を求めているかによって、調査内容も変わってきます。

なぜ採用調査をするのか?

企業が採用調査を依頼する理由として、採用する人材に不一致が起こらないようにするためです。条件が一致する候補者を面接などで見抜ければ問題はありません。しかし、しっかり面接対策をしてきた候補者が虚偽の申告をしたときに問題になります。

後から問題にならないためにも企業調査を実施して、信頼できる候補者を採用することができます。

どのタイミングで採用調査が行われるか?

企業が採用調査を実施するタイミングが重要です。基本的には最終面接を終えて内定を出す前に選ばれた候補者を調査して最終的な判断をすることが多いです。候補者が絞られる前に採用調査をすると費用も時間もかかってしまいます。

考え方として候補者を絞るために調査をするのではなく、本当に内定を出して大丈夫な人材なのかどうかを最後に確認するために採用調査をタイミング良く実施してください。

企業の採用調査とは?

採用調査とは企業が求めている人材かどうか見極めるために行う個人に対しての信用調査になります。前職の勤務態度や本人の性格や何かリスクがあるかどうかを調査していきます。しっかり面接対策をしてきた採用候補者を見極めるのは簡単ではありません。書類や面接で話している内容などで判断できない部分を採用調査で見極めていきます。

学歴や職歴に相違が無いか確認する

採用候補者の学歴や職歴に相違が無いか確認するのも採用調査に含まれています。特に新卒採用の場合は学歴を、中途採用の場合は職歴を重要視します。単純に履歴書や職務経歴書の記入ミスの可能性もありますが、実際には採用してもらうためにわざと詐称をして、少しでも良い待遇を受けられるようにする人もいます。

前職での勤務態度や本人の性格など

これは中途採用者の調査で行われることが多いですが、採用候補者が前職でどのような勤務態度だったかを、上司や同僚などから聞き取りをして判断する調査もあります。前の職場の勤務態度を面接だけで把握するのは難しい場合もあります。

本当は勤務態度が悪かったり、コミュニケーション能力が低かったりすれば、採用後に会社に馴染むことができなかったり、同僚とうまく付き合うことができない場合もあります。

犯罪歴や反社との関りはないか?

採用候補者に犯罪歴があったり反社との関りがあるのは死活問題です。今の時代はコンプライアンスに接触するような人材を採用しない傾向があります。もし犯罪歴がある社員がいれば同僚が被害に巻き込まれてしまう可能性があります。

また反社との関りがあれば会社にとっても影響が出る可能性も高まります。社員が反社と関わっているという評判が広がれば風評被害で会社にダメージを被る可能性もあります。そうならないためにも、採用調査で犯罪歴や反社との関りが無いか確認することもできます。

人間性としてどうなのか?

採用候補者の人間性を面接だけで判断するのは難しいです。候補者はどうしても採用してほしいという思いがあるので、性格や協調性や長所・短所など、候補者の人間性も採用調査で知ることができます。

企業が採用調査をするメリット

企業が採用調査をすることでどのようなメリットがあるか理解しましょう。自社にとってメリットがある内容の調査をしなければ意味がありません。経営者や採用担当者が理解できる調査結果を得られる調査を実施してください。

採用リスクを減らすことができる

今の時代は面接を受ける人も様々な対策を講じてきます。それを見極めて採用する人を選ぶのが人事の役割ですが、それでも必ずどの面接でも採用リスクというものが生じます。このリスクを減らすために採用調査の力を借りることは、会社にとっても多くのメリットがあることを十分に理解してください。

もし面接で経歴詐称や申告虚偽などを見抜けない場合は、上辺だけ立派でも入社後に大きなリスクを生じてしまう可能性があります。そうならないためにも採用リスクをできるだけ少なくすることで、自社のリスクマネジメントにも繋がります。

見極めが難しいミスマッチの防止

採用後に会社に貢献してくれる人物を採用しなければいけません。百戦錬磨の面接官でもその面接時の受け答えや書類の内容だけではどうしても判断が難しい部分も出てきます。そこで判断し兼ねる部分がミスマッチに繋がる可能性があります。

このリスクを無くすためにも今回行われた面接の目的や会社のニーズとうまく合う人材を採用するために、採用調査を通じて第三者の意見を取り入れることが正しい判断材料に繋がります。

採用担当の人事業務の削減

面接は思っている以上に採用担当の負担がかかります。会社に貢献してくれる人材を探すために時間や労力がかかりますが、採用調査をすることで負担になる時間や労力を短縮することもできます。

専門業者に依頼をすれば全て任せることもできるので、採用担当の人事業務の削減をすることで、違うことに時間や労力を使うことができて効率を高めることができます。

まとめ

採用を検討している候補者の最終的な見極めはとても難しいところもあります。だからこそ確実に求めている人材を確保するために採用調査は必要だと感じている企業も増えてきています。この調査をどのように捉えて優秀で戦力となる人材を確保することができるかが重要になります。優秀な人材の確保に悩んでいる経営者や人事担当は、採用候補者の本質を理解するために採用調査を実施することをおすすめします。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラム一覧はこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn