証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

リファレンスチェックを頼まれたら?どう対応すればいいのか解説

リファレンスチェックは、応募者についての情報を第三者から聞き取るものです。リファレンスチェックを頼まれた側には、戸惑いやプレッシャーを感じる人もいます。反対に、新しいことに挑戦できる、自分のためにもなるという思いの人もいるようです。最近は空いた時間をリファレンスチェックのために費やしたり、自分のスキルアップに利用したりするなど考える人も増えてきたのではないでしょうか。また、リファレンスチェックに対して依頼をこなしていくことに憧れを持ったという人もいるでしょう。ここでは、リファレンスチェックを頼まれたらどう対応すればいいのかについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

リファレンスチェックで企業が知りたいのは何?

企業はなぜリファレンスチェックを行うのでしょうか。リファレンスチェックとは、段さん社の目線で応募者の経歴やその人の調査をする採用の選考方法です。書類や面接では知ることができない情報を得ることで、採用に置けるリスクの軽減を目指しています。転職をしている同僚からリファレンスチェックを頼まれたら、どうすればいいのかわからないことばかりです。こちらでは、企業が知りたい情報とは何かを解説していきます。リファレンスチェックについて考えてみましょう。

経歴・職歴の検知

書類や面接で、応募者が内容を誇張して申告していないかを確認することが目的です。書類や面接で虚偽の申告をしていなければ何も心配は要りません。正直に回答することが重要です。例えば候補者の在籍期間はどれくらいなのか、役職や仕事内容に間違いがないかということをチェックしていきます。

応募者と企業とのミスマッチを減らす

応募者の履歴書や職務経歴書などの選考書類や、面接によってわかる情報には限りがあります。そのため、応募者と一緒に働いた第三者から、実際の働きやぶりを聞いたり、人物について聞いたりすることで、採用する側(のフィットするのか、求めているスキルや人物像とマッチしているかを確かめるためにリファレンスチェックを行います。例えば、応募者との関係性はどのようなものか。周囲とは良好な関係であったか、苦手とする人はどのような人なのかなどを参考にします。

入社後の活躍

応募者の性格を知ることができれば、企業側は、入社後のマネジメントの参考にすることができます。強みのあるスキルや苦手なスキルを企業は、あらかじめ把握し、入社後に活躍しやすい環境を用意することも可能です。推薦者は、候補者に対してそのまま伝えることを意識しましょう。企業と応募者との間にギャップが生まれないように注意することが大切です。

リファレンスチェックに回答する場合の注意点

探偵を副業とする場合は、注意点がいくつかあります。憧れややる気だけでエントリーをせず、実際の状況とよく照らし合わせて、慎重に判断しましょう。実際に探偵を副業とする場合の注意点を確認してみましょう。

嘘をつかない・過大評価をしない

応募者のことをおもうあまり、良く話した方がいいのかと考えてしまうでしょう。応募者の魅力を伝えることはいいことです。しかし、あくまでもリファレンスチェックで回答するときには、内容が過大過ぎるとかえって逆効果になることもあります。

一方、面接で得られなかったことがうまく伝わり、効果があったという場合もあるでしょう。事実と異なることを回答するのは、応募者が入社してからトラブルになることも予想されます。これは、企業も応募者にもメリットにはなりません。嘘や過大申告はせず、知っているまま応募者の姿を伝えるようにしましょう。

社内しかわからない言葉は使わない

応募者の業務内容を回答する場合に、業種用語を使ってしまうことがあります。関係者にしかわからない業界用語を使ってしまうと企業に伝わりにくくなります。社外の人でもわかる言葉に変えて説明するよう心がけてください。

具体的なエピソードを交える

応募者との関係を語るエピソードは事前に整理しておくといいでしょう。具体的なエピソードを交えれば、企業側も想像することができるので良く伝わります。重要な情報として応募者への理解も高まります。応募者の詳細な業務内容がわからないという場合は、社内にいる応募者に近い人物から照会しておきましょう。

受けている職種を確認しておく

リファレンスチェックを頼まれたら、どんな職種を受けるのか事前にリサーチ下方がいいでしょう。異業種で先行する場合は、その仕事にあわせた必要な能力を想定し回答するのをおすすめします。

応募者が推薦者を選択するときの流れ

リファレンスチェックの推薦者に選ばれて承諾することになった場合は、リファレンスチェックの流れを良く把握しておくことが必要です。電話での回答というのが一般的ですが、回答方法によって対応が異なる場合があります。応募者が推薦者を選択するときの流れは、次のとおりです。

  1. リファレンスチェックの説明がある
  2. 推薦者の連絡先を企業に伝える
  3. 企業と推薦者とで日程調整を行う
  4. リファレンスチェックの実施

探偵は、民間の調査機関で捜査権や逮捕権はありません。そのため、主に人間関係の問題やトラブルなどの調査を行います。特に多いのが、浮気調査や不倫調査です。調査の結果は、民事裁判や話し合いの資料として使われることがほとんど。探偵は、証拠取得や調査をすることで、捜査を促したりするなど解決の足がかり的な役割を担っています。

そのため、尾行や張り込みをすることが多く、その証拠写真を撮ることもあります。写真は証拠として大切なものなので、写真を撮る技術を求められることもあります。企業が推薦者を選択するときの流れは次のとおりです。

  1. リファレンスチェックの説明がある
  2. 推薦者探し
  3. 企業と推薦者とで日程調整を行う
  4. リファレンスチェックの実施

企業の場合は、応募者にリファレンスチェックの説明をし、次の承諾をもらわなければなりません。

  • 実施にあたって応募者の情報を提供する
  • リファレンスチェックの目的について
  • 応募者から推薦者に対して、リファレンスチェックの情報提供の部分を説明し同意をもらう

まとめ

こちらの記事では、リファレンスチェックを頼まれた場合について解説していきました。リファレンスチェックは、職種や役職などによって質問内容が違う場合があります。できるだけネガティブよりもポジティブ視点での回答を心掛けてください。

リファレンスチェックのメリットは転職にとてもメリットがあるといわれています。「自己PRにつながる」「客観的な評価がわかる」「選考方法が平等である」などです。自分の周囲にリファレンスチェックの推薦者になってくれる人がいるのはありがたいことです。そのため、リファレンスチェックの推薦者になって欲しいと頼まれたら、ぜひ受けてみるのはいかがでしょうか。自分の良い経験の一つになるでしょう。

⇒【公式】株式会社ピ・アイ・オ公式HPはこちら

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

⇒探偵コラム一覧はこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn