証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

リファレンスチェックを会社に導入する!何が必要か

日本では、就職活動の内定前後のタイミングで、現在の勤務先での働きぶりを確認することができるリファレンスチェックを導入する会社が増えています。外貨系会社の導入が多かったのですが、これからは、日本の会社でもリファレンスチェックの導入する会社が増えることが予想されます。

リファレンスチェックは、応募者のスキルや実績を理解します。限られた時間で採用可否を決めるのは、時には難しい判断を求められる時もあるでしょう。スピード感が無ければ、他社への入社が決まってしまうこともあります。重要な要素が含まれている中途採用においても、リファレンスチェックが注目されています。その内容などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

リファレンスサービスの導入目的

リファレンスチェックは、応募者の人柄や業務上の評価・能力・退職理由などを含めて確認・ヒアリングするサービスです。いざ入社したときに期待していたようなパフォーマンスには届かず、退社してしまうこともあるでしょう。このような自体をさけるためにも会社は、リファレンスチェックを行うことで、リスク制限を目指すことができます。こちらでは、リファレンスチェックの導入目的と利用方法を紹介します。利用する目的について考えてみましょう。

採用のトラブル防止

履歴書や面談では見れない候補者の犯罪やトラブル歴、倫理違反等について、リファレンスチェックを利用すれば、可視化が可能です。採用のリスクも避けられます。就業規則にならない範囲のトラブルは違反をした社員を法的に辞めさせることは困難です。しかし、踏み込んだ人物に関する調査で、トラブルを未然に防ぐことができます。

採用のミスマッチ防止

リファレンスチェックは、内容によって質問がテンプレート化しています。確認したいポイントがわかりやすく抑えることが可能です。他己評価に当たるリファレンスチェックを採用プロセスに取り入れれば、勤務態度・性格・周囲とのコミュニケーション性を把握することができるでしょう。

自社の魅力を伝える情報の収集

リファレンスチェックは、応募者に自社の魅力を伝える際のヒントがあります。応募者がどのような業務に興味がありモチベーションが上がるのか、どのような価値観がありマネージメントしているのかなど自社の何を伝えればいいのかが見えてきます。自社に惹きつける上でも有効な方法です。

リファレンスチェックを行うメリット

会社に多くのメリットをもたらすのがリファレンスチェックです。選考過程で適性な評価を可能にすることで、経歴詐称などの重大な事項を防ぐことができます。入社後の活躍のために活かされるメリットを紹介します。

マッチングを高めて早期活躍へ

応募者の情報に、第三者の情報を得ることで採用する会社と応募者のマッチングがスムーズにできるようになります。選考の過程で得た応募者の情報は、主観的な内容です。実際に一緒に働いていた人の情報を得ることで、入社後に働いた時のイメージができるため、最適な配属に繋がります。早期活躍にも繋がるでしょう。

実績の適正な評価を得られる

応募者からの実績や勤務譲許に対する情報に対して、第三者の場合は、実績だけでは見えにくい部分の適性な評価が得られます。コミュニケーションは円滑なのか、プロジェクトでは、チームメンバーとの関わり方はどうだったのかなど、確認することができて、ストレスなく働いてもらえるためにも重要な情報です。

客観的な視点から強みの把握ができる

客観的な情報は、履歴書や、職務経歴書、面談などではわからなかった応募者の強みを把握できます。面談だけでは応募者の全てを理解することはできません。関係者たちの情報を得ることで強みや長所を知ることができるでしょう。

入社後のマネジメントにつなげる

本業で会社に勤めているという場合は、その給与から税金が引かれています。副業では時第三者からの応募者に対しての人柄やコミュニケーションに関する情報は入社後のマネジメントに活かすことが可能です。弱みや伸ばせる能力を把握できるためマネジメント体制を準部することができます。

リファレンスチェックの推薦者の選び方

リファレンスチェックは行うタイミングなどに決まりはありません。第三者から見た情報を得ることが目的で、応募者から得た情報に補完します。推薦者の選択は、面接を得て応募者のことをある程度把握してからの方がいいでしょう。

リファレンスチェックの流れは次のとおりです。

  • 推薦者を探す
  • 質問内容の決定
  • 実施方法の決定と日程調整
  • リファレンスチェックの実施
  • レポートにまとめる

推薦者の選定は応募者か、それとも決めなくてはなりません。推薦者が決まったらリファレンス節句の目的や意向について説明し、同意をもらいます。質問する内容は、採用会社が検討し決定します。当日は推薦者の貴重な時間を頂くことになるため、欲しい情報がもらえることはもちろん、答えやすい明確な質問にするといいでしょう。

リファレンスチェックの推薦者を探す方法は大きく分けて2つあります。

  • 候補者にリファレンス先を紹介してもらう
  • 採用する会社側がリファレンス先を探す

応募者がリファレンス先を探す場合は、応募者本人が直接推薦者に連絡を取りお願いをします。会社側として推薦者の選定は、一定の基準を設けるといいでしょう。例えば候補者との関係性についてなどです。応募者は推薦者にリファレンスチェックの実施について説明し、同意を得ることができたら、会社の採用担当者に推薦者の連絡先を教えて直接連携します。

採用する会社側がリファレンス先を探す場合は、調査会社などを利用し、リファレンス先を探します。また、採用担当者がSNSや応募者の前職か現職のウェブサイトを利用し、関係者を探すことも可能です。

まとめ

こちらの記事では、リファレンスチェックを会社に導入するために何が必要なのかについて解説しました。会社の採用活動に置いて便利であり、ミスマッチを防ぐことが可能です。さらに入社の早期戦力や社員の定着を促進します。早期離職は会社にとっても大きな痛手です。ダメージを防ぐためにも リファレンスチェックの活用は検討する価値があるでしょう。ぜひ検討してみてください。

探偵コラムColumn