証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

尾行調査がバレるとどうなる?バレる理由や対処法とは

尾行調査を検討している人の中には、調査がバレることでどうなるのか気になる人もいるのではないでしょうか。調査を依頼する前に、バレることで発生しうる影響について把握しておくことが重要です。バレる理由にはさまざまな要因がありますが、バレてしまうことで調査を継続するのはほぼ不可能になります。尾行調査を実施するのであれば、バレないように細心の注意を払うようにしましょう。ここでは、尾行調査がバレることによる影響、バレる理由について解説します。尾行調査がバレることの影響に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

尾行調査がバレることによる影響

ここでは、尾行調査がバレることで発生しうる3つの影響について説明します。

  • 警戒心が強くなる
  • 関係性の悪化
  • 訴えられる可能性

それぞれ説明しますね。

警戒心が強くなる

対象者が尾行調査に気付くことで警戒心を抱くようになるのがほとんどです。対象者の浮気の可能性を調査しているのであれば、浮気の証拠の入手目的となりますが証拠を入手するのは難しくなるでしょう。対象者の警戒心が強くなることで、「もしかして疑われているのかも」と感じるようになり、浮気をしなくなる可能性もあります。浮気による慰謝料請求などを検討しているのであれば、浮気の証拠は必須となります。尾行調査がバレることで警戒心が強くなり、浮気などの証拠は2度と入手できなくなるでしょう。

関係性の悪化

対象者に尾行調査がバレてしまうことで、対象者は「信用されていない」と感じるようになります。浮気調査で尾行していた場合、一方的に疑われたことにより不快な気持ちになり、2人の関係性が悪化する可能性が高いです。浮気の事実が無かった場合、関係性の再構築を望んだとしても修復不可能になることもあります。尾行調査は2人の関係性に影響する可能性を念頭に置いておく必要があるでしょう。

訴えられる可能性

対象者が尾行に気付き、「誰かに付けられている」と感じて通報されてしまうリスクを考慮しなければなりません。自分で尾行調査をすることで行き過ぎた行為になってしまう可能性があり、付きまといなどの迷惑防止条例違反に該当することさえあります。元恋人同士である場合、ストーカー規制法によって接見禁止令を出される可能性もあり訴えらえることもあるでしょう。

尾行調査がバレる原因

ここでは、尾行調査がバレる3つの原因について説明します。

  • 依頼者側のミス
  • 探偵側のミス
  • 不可抗力

それぞれ説明しますね。

依頼者側のミス

依頼者が対象者の動向を探ろうとして、不審に思われてしまうことでバレることがあります。依頼者が普段と違う行動を取ったり、情報を聞き出そうと問い詰めすぎることで調査が発覚することもあります。対象者の動向が気になるかもしれませんが、探偵に調査を依頼しているのであれば自分から行動しないようにしましょう。尾行調査は対象者に怪しまれないように、いかに油断させるかが重要です。尾行調査で満足できる情報を入手したいのであれば、探偵の指示に従い怪しまれるような行動は控えましょう。

探偵側のミス

訓練された探偵であっても、尾行中の変装などを不審に思われてしまいバレることもあります。調査に慣れている探偵であれば、尾行調査がバレた時点で何らかの対応を取ることになります。対象者が浮気をしているのであれば、普段以上に警戒心を持って行動していることがほとんどです。探偵に明らかな責任が無かったとしても、探偵のミスでバレることがあることを認識しておきましょう。

不可抗力

どんなにバレないように注意していても、不可抗力で調査に気付かれることもあります。対象者の知り合いが探偵のことを知っていることで、知り合いから対象者に情報が流出することもあるでしょう。不可抗力はどんなに注意を払っていても仕方がありません。基本的には尾行調査がバレた時点で、調査を継続する意味がないのですぐに中断することになります。

バレない尾行調査は探偵に依頼するのがおすすめ

ここでは、バレない尾行調査を実施するために探偵に依頼するのが良い3つの理由について説明します。

  • 効率的な調査が可能
  • 複数人のチームで行なう
  • ハイテク機器類を使用

それぞれ説明しますね。

効率的な調査が可能

探偵は尾行に慣れているため、対象者にバレにくい距離感を把握していることがほとんどです。調査前には入念な下調べも行なうので、尾行ルートや死角になりそうな場所などを事前に確認することになります。TPOに合わせた服装で調査を行うことで周囲に溶け込みやすく目立ちにくくなるのでバレにくいです。探偵がバレない尾行ができるのは、効率的に調査を進めるためだといえるでしょう。

複数人のチームで行なう

探偵の尾行は複数人のチームで行なうことがほとんどであり、対象者にバレるように最新の注意を払って調査します。複数人のチームで行なうことによって、対象者の行動に異変があった場合、探偵間で連絡を取り合うことになります。探偵間での連携があるため、対象者の行動を効率的に監視できバレにくいといえるでしょう。複数人のチームで尾行するのは、対象者のイレギュラーな行動にも対応するためでもあります。

ハイテク機器類を使用

尾行調査に慣れている探偵は、証拠現場を撮影する機器類もこだわっていることがほとんどです。超小型カメラや高画質レンズなど、使用する機器類はハイテクであり、撮影技術にも長けています。性能が悪いカメラではある程度まで近づかないと撮影するのが難しいですが、ハイテクなカメラであれば離れていても撮影可能です。尾行で使用する機器類がハイテクなことにより、撮影時にもバレにくいといえるでしょう。

まとめ

尾行調査が対象者にバレる影響はさまざまですが、警戒心が強くなるだけでなく訴えられる可能性もあります。浮気調査による尾行であれば、浮気の事実が無かった際には関係性が悪化することも認識しておかなければなりません。尾行がバレる原因には依頼者もミスがあり、普段と違う行動や言動によって怪しまれることもあります。調査を探偵に依頼したのであれば、自分から行動せずに探偵の指示に従うようにしましょう。探偵の尾行は複数人のチームで行ない、効率的に行なうのでバレにくいといえます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn