証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

アプリを使った個人の尾行調査と危険性について

これまでは、パートナーや恋人の浮気を探偵に調査してもらうというケースが一般的でしたが、浮気調査アプリの登場によって、アプリを使って浮気を調べるという人が増えています。しかし、浮気調査アプリは違法性が高く、個人で調査を行うリスクも高いため、おすすめできるものではありません。
今回の記事では、アプリで個人の尾行調査を行う危険性とリスクについて、詳しく解説していきたいと思います。

個人で尾行調査ができるアプリとは

子供やお年寄りなど、家族の見守り機能があるアプリを、浮気調査アプリとして利用するケースが増えています。ここでは、浮気調査アプリでどんなことができるのか、解説したいと思います。

浮気調査アプリの機能

浮気調査アプリには以下のような機能が搭載されています。

  • 位置情報の取得、GPSでの追跡
  • 電話の通話履歴確認
  • メール、SMS、LINEの内容確認
  • カメラ、音声録音の遠隔操作
  • スマホ内の写真、動画閲覧

このように、浮気調査アプリを利用すると、個人情報のほぼ全てが見放題の状態になってしまいます。アプリを使うことで、簡単に浮気の証拠や移動している場所などを特定することができてしまうわけです。

浮気調査アプリは相手のスマホに導入する必要がある

浮気調査アプリを使うことで、これだけの情報を簡単に得ることができるようになります。しかし、本人の携帯を触らずに、なぜ遠隔操作で個人情報を見ることができてしまうか不思議に思った人もいるのではないでしょうか。
実はこのアプリ、利用するためには、対象者のスマホに同じアプリをインストールする必要があります。元々が子供やお年寄りの見守り用として開発されているため、相手のスマホにインストールするというのは自然な流れでした。
しかし、浮気調査アプリとして利用する場合は、相手の知らない間にパスワードを解除し、アプリをインストールしなければなりません。これだけでもいくつかの違法行為に触れてしまうのです。
違法性については、後ほど詳しく解説します。

浮気調査アプリを使って尾行調査ができる

浮気調査アプリには、位置情報の確認やGPS追跡も可能なため、今どの地点にいるかを把握して、個人でも尾行調査ができるということです。ただし、調査ができるというだけであって、違法行為によって逆に処罰されてしまうリスクが非常に高くなります。

浮気調査アプリを使った尾行調査の危険性

ここでは、浮気調査アプリを使った尾行調査の危険性とリスクについて解説していきたいと思います。

浮気調査アプリをインストールするだけで違法行為

実は、浮気調査アプリを導入するだけで、違法行為に該当する危険性があります。例えば、相手のスマホパスワードを勝手に解除する行為(指紋認証、顔認証も含む)は、「不正アクセス禁止法違反」に該当する違法行為になる可能性があります。
不正アクセスとは、IT、インターネット機器、デバイスなどのID、パスワードなどを本人の許可なく勝手に解除してアクセスする行為のことで、違法行為に該当します。
また、本人の許可なく勝手にアプリをインストールする行為は「不正指令電磁的記録共用罪」に該当する可能性が高く、実際に逮捕された事例もあります。
不正指令電磁的記録共用罪は、コンピューターウィルスの拡大防止を目的として設けられた法律で、他人のパソコン、スマホといったデバイスにウィルス(アプリも含む)を勝手にインストールする行為がこの罪に該当します。

GPS機能を使った尾行調査は危険が多い

GPS機能で尾行を行うと、相手にバレる危険性があるだけではなく、浮気調査アプリを使っている可能性も疑われます。実際に浮気調査アプリを導入していれば、それを理由に追跡していたことを責められたり、関係性の解消(夫婦、恋人)を求められることもあるかも知れません。
個人で尾行調査を行う場合は、これらの危険性があることを理解しておきましょう。

裁判で証拠が認められない可能性が高い

そもそも、浮気調査アプリをインストールして利用すること自体が、「違法行為」となる可能性が高いため、そこから入手した証拠は「不正に入手した証拠」として、裁判で認められない可能性があります。

安全な尾行調査をするためには

結論を申しますと、「アプリを使った尾行調査は百害あって一利なし」と言ってもいいかも知れません。たとえ、相手が浮気をしていたとしても、アプリを利用することで、調査している側が悪者にされる可能性は十分に考えられます。
そこで、ここでは、安全に尾行調査を行う方法をご紹介したいと思います。

尾行調査は探偵社に依頼する

安全に裁判でも利用できる証拠を集めるのであれば、探偵に尾行調査を依頼するのが最もおすすめです。探偵調査は、プロの調査員が複数で調査を行うため、不足の事態やトラブル時にもしっかりと対応しておくれます。
また、調査で得られる証拠は、裁判でも採用されることが多く、個人で調査を行なった時のように、採用されないリスクを軽減することもできます。

違法性のある方法を利用しない

たとえ、個人で尾行調査をする場合でも、浮気調査アプリを利用しない、ストーカー行為や不法侵入に該当するような行為を控えるなど、違法行為にならないような配慮をすることが大切です。
違法行為を行わずに、調査するのが困難であると判断した場合は、個人での尾行調査を断念して、プロである探偵に相談してください。

まとめ

今回は、アプリを使って個人で行う尾行調査方法とその危険性について、詳しく解説させていただきました。記事をまとめると以下のようになります。

  • 浮気調査アプリを使えば、個人でも尾行調査は可能だが危険性と違法行為のリスクが非常に高い
  • アプリの利用に関わらず、個人で尾行調査をする場合はあらゆるリスクがある
  • 安全に調査を行うなら探偵に依頼するのが最もおすすめ

浮気調査アプリは、違法性の高いアプリであるにも関わらず、利用者が減っていないという現実があります。アプリを勝手にインストールしたとして、実際に逮捕者も出ているので、安易に利用しないように気をつけてください。
浮気の尾行調査を考えているなら、まずは探偵社に相談して、どういった調査方法が有効なのかを話し合ってみるのもいいかも知れません。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn