証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

好きな人(片想い)の素行調査はできる?その方法と注意点

「好きな人の私生活が知りたい」、「好みのタイプや趣味、嗜好などが知りたい」という理由で素行調査を検討している方もいるのではないでしょうか?
しかし、探偵調査では、ストーカー行為に該当してしまうようなケースの調査は行わないことが前提なので、上記のような理由で調査を依頼することはかなり難しいと言えるかもしれません。
そこで、今回の記事では、好きな人の素行調査はできるのか、その調査方法と注意点について、さまざまな角度から調査して行きたいと思います。

好きな人(片想い)の素行調査は可能か?

好きな人の素行調査を依頼することは可能なのか、その結論を一言で言ってしまうと「かなり難しい」です。その理由を詳しく解説して行きたいと思います。

ストーカー目的だと思われてしまう

好きな人の素行調査では、依頼人が相手と親密でない可能性が高いため、ストーカー目的で調査を行う可能性を疑われることになります。探偵社では、探偵業法や、その他の法律に違反する調査を行うことができないため、ストーカー規制法に該当する本件に関しても、調査を断られる可能性が高いと言えます。
※こうした危険性の高い調査を引き受けてくれる探偵社は「悪徳探偵」の可能性も高いため、すんなり引き受けるようなケースでは十分に注意する必要があります。

ストーカー目的ではないことを証明すれば調査可能

探偵社では、依頼を受ける前に相談やカウンセリングを行なって、調査の適性を確認するため、その工程でストーカー目的ではないことが明確になれば、好きな人の調査を行うことも可能です。ただし、契約前の段階で問題ないと判断されても、調査の過程でストーカー行為や、それに準ずる言動が見られた場合には、探偵社の判断によって調査が中断されることもあります。

好きな人を素行調査する方法

前述した通り、好きな人や片思いの人を調査するには、ストーカー目的ではないことを明確にする必要があります。そこで、ここでは、調査を依頼するにあたって依頼人がやるべきことを解説して行きたいと思います。

調査の目的を明確にしておく

探偵社に調査を依頼するにあたって、以下のことを明確に伝える必要があります。

  • 調査対象者との関係性(過去、現在)
  • 調査の目的
  • 依頼したい内容

調査対象者との接点は、ストーカー行為に該当するのかという点で大きなポイントなので重要です。また、調査目的が明確でない場合、悪用する恐れがあると判断される可能性があるため、ここもしっかりと伝える必要があります。
依頼したい内容も、ストーカー行為を判断するポイントなので、嘘偽りなく、真実をしっかりと伝えましょう。
たとえば、好きな人に告白をしたいが、現在恋人や配偶者がいるか分からないので調べてほしい、と言った内容であれば、調査目的と依頼内容が明確なため、調査を引き受けてくれる可能性は高くなります。

調査によって何を知りたいのか具体的に提示する

より正確に調査を依頼するためには、大きな内容だけでなく、具体的に知りたいことを伝えておくことも大切です。以下のように、知りたい内容を具体的に提示しておきましょう。

  • 好きな人の異性関係(婚姻、交友関係含む)
  • 子供の有無
  • 勤務先、業務内容など
  • 家族関係
  • 過去の恋愛状況(元彼、元カノ)
  • 収入、借金の有無
  • 趣味、嗜好

調査目的に応じて、探偵社が必要な情報を調査してくれることになります。ただし、この段階でも不審な点や危険性があると判断されれば、調査を行うことができなくなるので注意しましょう。顔見知りなのか、まだ話したことのない他人なのかと言った点も伝えておくことが大切です。
依頼者と調査対象者の関係性が明確であればあるほど、探偵社に対する信頼性も上がります。

依頼する際に要点だけを伝えるのは避ける

「好きな人の自宅を調べてほしい」「日頃の行動や行き先を調べてほしい」など、要点だけを簡潔にまとめるような依頼の仕方は、ストーカーと判断される要因になってしまうので絶対に避けるようにしましょう。
「好きな人と付き合いたいので、現在恋人がいるか調査してほしい」など、最終的な目的をしっかり伝えつつ、情報を知ってどうしたいのかを詳しく説明するようにしましょう。

探偵で調査を断られてしまった場合の対処法

依頼方法や説明不足によって、調査を断られてしまうということもあるかもしれません。そこで、ここでは、調査を断れた場合の対処法をご紹介したいと思います。

他の探偵社に依頼する

「ストーカー目的の調査」に関しては、どこの探偵社でも調査を行うことはありません。しかし、説明不足や間違った依頼方法によって、調査を断られてしまうということもあるかもしれません。そう言った場合には、他の探偵社にも相談してみるようにしましょう。
ただし、調査を依頼する際には調査目的をしっかり伝えた上で、誠実な理由であることをしっかりと説明して理解してもらうようにしましょう。どの探偵社でもストーカーの可能性があれば、調査は断られてしまうということを忘れないでください。

好きな人に直接告白する

探偵に調査してもらうことで、好きな人の情報をより多く得ることが可能なのも事実ですが、調査失敗のリスクによって、関係性が悪くなることも十分に考えられます。そうしたリスクを避けるためにも、直接告白をして、真摯に向き合うという方法も一つの手です。
たとえ悪い結果になったとしても、相手に対して誠実に対応したという点で、悪評を受けることはあまりないと思います。探偵に調査を引き受けてもらえないという場合は、こう言った方法も検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

本記事では、好きな人に対しての素行調査に関して、さまざまな角度から解説させていただきました。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 好きな人の素行調査は「ストーカー目的」ではないことを探偵社に証明することがポイント
  • 調査目的、調査に関して知っている情報は全て説明する
  • 複数の探偵社に相談して、調査を引き受けてくれるようにしっかり説明する

通常の調査と比べて、好きな人や片思いの人を調査するというハードルは高いことは確かです。しかし、調査に関する必要事項をしっかりと伝えることで、探偵社によっては調査を引き受けてくれるので、諦める必要はありません。
依頼する前に、必要な情報と伝えるべきことをまとめておくといいかもしれません。

探偵コラムColumn