証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気相手がどのような人物か探偵や興信所に素行調査をしてもらおう

配偶者が浮気をしていたらとてもショックです。お互いの関係が修復できないと離婚になる可能性もあります。そうならないためにも早い段階で浮気を止めることが求められます。浮気をした相手がどのような人物か知るために素行調査をすることもあります。配偶者と密会しているところも証拠として押さえてもらうだけでなく、どのような人物でどのような経緯で出会ったのかを知ることもできます。

浮気相手の素行調査をしよう

愛している配偶者が浮気をしていたら、その相手がどのような人物か気になるものです。不貞行為をしている現場の証拠を押さえるだけでなく、配偶者にしっかり反省してもらうためにも、浮気相手の素行調査をしてもらうことで、浮気の被害の拡大を防ぐこともできます。

なぜ浮気相手の素行調査をするのか

浮気相手の素行調査をする理由として、相手がどのような人物なのかを特定するためです。被害者の知らないところで知り合い浮気をするような関係になってしまった相手を知ることが重要になります。

被害者の配偶者が原因で浮気をすることが多いですが、それでも相手にも原因がある場合は制裁を加えることも重要です。そのために相手意を特性する必要があるので素行調査は重要な役割を果たします。

どうしても謝罪させたい、懲らしめたいという思いが強ければ、張本人だけでなく浮気をした相手かららも謝罪をしてもらったほうが、被害者も納得しますし何よりも気持ちをスッキリさせることもできます。

浮気相手と話し合いができる

浮気相手の素行調査をして相手が誰だか特定することができれば、その相手と被害者が1対1で話し合いをすることができます。なぜ浮気をしたのか、どのような関係で配偶者と知り合って浮気をするまでに至ったのかを相手の口から直接話しを聞くことができます。

ただ原因を本人から聞くだけでなくて、今後どのようにするのかを確認することもできます。もし被害者が離婚をする気が無いのであれば、二度と同じ過ちを繰り返さないように被害者からしっかり伝えることが求められます。

離婚をする決断をしたならば、慰謝料の請求についてもどのように考えているかを浮気相手から確認し、さらには重要な書面に本人の署名をさせることもできます。素行調査をして本人を特定し、話し合いの場を設ければ、被害者ととって有利に働かせることができるようになります。

泣き寝入りしなくて済む

本当に配偶者が浮気をしていたことが許せないのであれば、浮気相手もしっかり特定して謝罪させることが望ましいです。実際の事例だと慰謝料の協議中に行方が分からなくなることもあります。特に面倒なことに巻き込まれたくないと思っている人が多く、行方不明になってしまうと泣き寝入りするしかなくなることもあります。

配偶者が協力的であれば相手が誰なのか特定することもできますが、浮気相手を庇って正直に言わないこともあります。そうなると慰謝料の協議も時間がかかってしまいます。そうならないためにも素行調査で相手を特定することが望ましいです。そうすることで何があっても逃げ道を無くすことができます。

自分で素行調査はやらないほうが良い

浮気相手の素行調査を自分でやろうとする人がいますが、自分でやるのではなく専門業者に依頼をすることをおすすめします。自分で調査をするといろいろなリスクがあることを十分に理解してください。

リスクが伴う

今の時代は個人情報保護法が制定されていて、リスクが無い人が調査をすると法律に接触してしまう可能性があります。そうならないためにも素行調査は専門業者に依頼をして確実に法律の範囲内で調査をしてもらうことが望ましいです。

もしうまくいったとしても自分で集めた証拠がまったく使えない場合もあります。プロの専門業者のスタッフが第三者の立場で素行調査を実施して確実に使うことができる証拠を報告書にまとめて初めて価値があるものになります。

時間がかかる

自分で素行調査をすると時間がかかってしまいます。プロの調査員ではないからこそ時間をかけても必ず相手がだれか特定することができない可能性があります。そうならないためにも失敗して時間の無駄になってしまうのを防ぐためにも、なんでも自分でやらないほうが良いです。

失敗する可能性が高い

配偶者からある程度の情報を聞き取ることができたので、いざ自分で素行調査をしてみようと思っても、素人が張り込みや尾行の真似をしても失敗する可能性が高いです。そのような行為はプロがやって初めて成功すると言っても過言ではありません。

費用をケチって自分で調査をしようと思ってしまったばっかりに、浮気相手に気づかれて逆に怪しい人物だと勘違いされて警察に事情を聴かれたり、張り込み現場で職務質問を受ける可能性もあります。

専門業者に依頼をしよう

浮気相手の素行調査は探偵や興信所など、専門業者に依頼をするのが望ましいです。許可を得ているプロの専門業者だからこそ、細かな調査をすることができます

どのような調査をしてくれるのか

浮気相手の素行調査でどのようなことが分かるかというと、自宅の住所や職場、さらには相手の家族構成などが分かります。浮気相手も結婚していたらダブル不倫ということになります。

専門業者に依頼をするメリット

探偵や興信所などの専門業者に依頼をすることで正確な情報を得ることができます。それも時間をかけずに可能な限り短期間で浮気相手の身元の情報を得ることができます。そして調査結果の内容次第では、すぐに弁護士などに連絡をして裁判に備えることができるサービスを提供している業者もあります。

離婚をすることを決断した人は探偵や興信所とは別に弁護士に依頼をすることになります。この依頼をしてくれる業者もあるので、そのサービスを利用すれば自分で手配しなくて済みます。

まとめ

浮気相手がどのような人物なのか素行調査をする探偵のサービスがあることをご理解いただけたでしょうか。相手がどのような人物か気になる人は浮気現場の証拠を掴むだけでなく、なぜ配偶者と浮気をしたのか、どの経路で知り合ったのかを知ることができれば、それ以上の深刻な状況になる前に確実に浮気を止めて問題を解決させることができます。浮気相手の素行調査をして自分の悩みを解決させましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn