証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に依頼した場合に気になる料金・表の見方や注意点について解説

探偵に調査を依頼するにあたって、やはり気になるのはどの程度費用がかかるかではありませんか?探偵事務所を見てみると、料金表を掲載しているところも少なくありません。ここでは探偵の料金の内訳や表の見方などについてくわしく見ていきます。

探偵の料金のチェックポイント

探偵の料金ですが、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。ホームページで料金表をチェックするにあたって、押さえておきたい主だったポイントについていくつかピックアップしてみました。

料金制について

探偵事務所によって、料金制が異なる可能性があります。一般的なのは時間料金制ですが、そのほかにも定額料金やパック料金、成功報酬などいろいろなタイプがあります。そのうちのどのタイプなのかについて、まずは把握しておきましょう。

時間料金制とは文字通り、調査期間や時間によって料金が決まる方式です。30分もしくは1時間当たりの単価を提示して、調査にかかった時間分をクライアントに請求する形です。また時間料金制の場合、調査時間かける調査員の人数で決められるのが一般的です。調査する際にスタッフは複数つけるのが普通です。ターゲットを見失わないようにするためです。通常は2~3名が1案件を担当するものと考えてください。

定額料金制とは、あらかじめまとまった時間調査するものとして料金設定するプランです。6時間や8時間、12時間といった単位で料金設定している事務所が多いです。先ほどの時間料金制と比較してセット料金のように単価は安くなるのが特徴です。ある程度の長期戦の調査になりそうであれば、定額料金制の探偵事務所で依頼するのも一考です。

パック料金は定額料金制よりもさらに長丁場になる場合のセット価格です。30時間や50時間などの単位で料金を提示します。こちらも定額料金制同様セット価格になりますので、基本的な時間料金制と比較して、単価の安くなることが多いです。しかしもし契約期間内に契約時間をすべて消費しなかったとしても返金がないかもしれないので、注意が必要です。

成功報酬制とは調査に成功した場合のみ報酬を支払うのが特徴です。もし調査が一定条件を満たさなかった場合には報酬を支払う必要がありません。こうしてみると、クライアント側にとって有利な料金システムのような感じがするでしょう。しかし成功条件がクライアント側と探偵側で齟齬の生じる可能性があります。もし成功報酬制で依頼する場合には、なにをもって調査が成功したといえるのか、どの段階で報酬が発生するのかきちんと話し合っておいた方が安心です。

支払いのタイミング

どの段階で報酬を支払うかも、探偵事務所によって対応は異なります。前払い制もあれば後払い制もあります。悪徳な探偵事務所も一部ありますが、彼らは前払い制をとることが多いです。前払いでお金を受け取っておいて、ロクに調査をしないという手法です。また前払いでお金を受け取ったあとで「予定外の調査が生じてしまった」という理由をつけて、追加料金を請求してくる場合もあります。安心して調査を依頼する場合には、後払い制をとっているところにお願いするのが無難といえます。

経費の問題

探偵が調査するにあたって、いろいろと必要経費が生じます。ターゲットを尾行するための交通費や宿泊費、スタッフが現場に入るための移動費などです。基本的に探偵の基本料金とは別途で請求されるのが一般的です。ただし経費に関しては、調査着手前に性格に見積もりを出すのは難しいでしょう。ターゲットがイレギュラーな行動をしたことで、想定外の宿泊費や移動費の発生する可能性もあるからです。

また事務所によっては見積書の中で調査料金のところに「経費込み」と記載しているところもあります。一見すると経費が掛からないのでお得に感じるかもしれません。しかし経費を高く想定している事務所もあるかもしれません。すると余計な経費を負担することにつながりかねません。経費込みになっている場合、いくらを想定しているのか、もしそこまでかからなかった場合には返金してもらえるのか、契約する前に確認しておきましょう。

探偵事務所の料金表

探偵事務所のホームページを見てみると、料金表が明示されているものが多いでしょう。しかし料金表を見るだけでは不十分といえます。

料金表の実際

探偵事務所の料金表を見ると、「人探し60,000~300,000円、浮気調査70,000円~」といったあいまいな書き方をしているところが多いです。これは調査期間や調査内容によって同じ依頼内容でも、料金が大きく変わってしまいます。ですからおおよそどのくらい費用がかかるかの目安くらいに目を通しておきましょう。

見積書は作成してもらうこと

実際に調査の依頼を検討するのであれば、見積書を前もって作成してもらうことがおすすめです。見積書は無料で作成してくれる探偵事務所が多いです。たとえ見積もりの内容が納得できずにキャンセルする場合でも、見積もり料金を請求されることはまずないはずです。見積書で自分の依頼内容でどのくらい費用がかかるのかを確認してください。この時金額だけでなく、見積書の内訳についてもチェックしましょう。内容が不明な名目のものがあれば、担当者にどのような性格のお金か確認しておいてください。

見積もりは無料というところがほとんどですので、複数の探偵事務所に見積もりを取るのもおすすめです。そして同じ依頼内容でどこがより低価格で請け負ってくれるか比較してみるといいでしょう。料金表では定額を売りにしていても、自分の依頼内容では高額になることもあるので見積もりは忘れずにとってください。

まとめ

探偵事務所のホームページなどに料金表が記載されています。しかし価格帯が広かったり、最低費用しか記載されていなかったりすることが多いです。これは調査内容によって、料金はまちまちになるからです。料金表はおおよその目安と考えて、候補の絞り込みに活用するといいです。また見積書を作成してもらって、自分の依頼の場合いくら費用がかかるのかきちんとチェックすることも大事です。金額と内訳を見て、納得して依頼できる事務所を見つけましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn