証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵にかかる料金について基本的なことを解説!安さより適正を選ぶ

警察に相談することではないけど、困っていることがある場合、探偵が頼りになります。しかし探偵に依頼するには料金が気になるという人も多いのではないでしょうか。こちらの記事では探偵料金の基本的な知識についてまとめました。探偵を料金基準で選ぶ際の参考になさってください。

探偵料金の相場

まずは探偵料金の一般的な相場についてです。とはいっても、探偵料金の相場は調査の内容などによって異なります。時間料金で言うなら、2名の調査員による1時間の料金相場は1万~3万円です。この場合、調査時間が延びると1時間ごとに料金が増えていくことになります。調査の内容ごとの料金相場ですが、今回は「浮気調査」「素行調査」「信用調査」「人探し」を例に挙げて解説していきます。

浮気調査

浮気調査の費用の算出は、調査日や時間数、調査員の人数、機材、車両の使用などによって決まることが一般的です。1日5時間の調査として料金相場が5万~15万円となります。これで1週間程度の調査依頼となると、35万~100万前後にはなると考えられるでしょう。

素行調査

素行調査の費用の算出は、浮気調査の時のような日数や時間数、調査員人数、機材や車両などによって決まる料金に、さらに聞き込みの費用が足されることが多いです。つまり1日5時間の調査が5万~15万円というところにプラスして、聞き込み等情報収集料金として(調査期間は1週間程度とする)5万~20万円がさらにかかってくることになります。

信用調査

信用調査の料金算出は、浮気調査や素行調査などとは少し違います。信用度をはかる情報を集めることが目的ですが、どの情報を集めるかで料金が変動するのです。必要な情報の中には経済的なこと、社会的なこと、さらに親族関連のことがあります。これらに対し総合的な調査を依頼すると、かかる料金は大体15万~30万円程度です。これが複数人への調査、法人への調査だったりするとまた変わり、30万円以上が相場と言われています。

人探し

人探しの料金は、依頼人の持っている情報量により左右されることがあります。またその情報の新しさも料金に関わるのです。例えば5年未満の情報を持っているとしたら、5万円程度が相場となります。30年以上という古い情報から人探しをするとなると、相場が30万~60万円程度になってしまうのです。

探偵料金の内訳

ざっくりと相場について知ってきましたが、探偵料金の内訳がどうなっているのかも気になりませんか。そこで、こちらでは探偵料金の内訳について紹介していきます。

基本料金

ほとんどの探偵事務所では「基本調査料金(依頼料)」というものを設定しています。これはどういうことかというと、調査員の最低稼働時間数を設定し、その時間数に対して支払われる料金ということなのです。逆に言うと、設定された最低稼働時間数以上の時間数がかかる依頼にはお応えします、ということでもあります。この基本料金は全ての依頼人が支払う料金ということで、通常、この料金にオプションの料金が加算されるということになるのです。

オプション料金

基本料金は支払うことになるとして、別途支払いが必要になってくるのがオプションです。本格的に調査が始まる前に支払う料金と調査の内容によって加算される料金があります。しかし、探偵事務所によって料金の設定は違いますので、依頼前に確認しておくようにしてください。さて、本格的に調査が始まる前に発生する可能性がある料金ですが、着手金や予備調査料金というものがあります。着手金は契約時や調査開始前、探偵に案件を担当してもらうために支払う料金です。予備調査料金は事前の準備や下見などが必要な場合に発生する料金を指します。そして調査内容、調査方法などで後に加算される料金というのは車両費、機材費、その他経費、追加調査料金などです。経費には交通費や宿泊費などが含まれます。追加調査料金というのは、事前に依頼していた分にさらに調査を追加することになった時に発生する料金です。この他に、「成功報酬制」という料金プランを設定している探偵事務所の場合は、調査が成功したときに成功報酬という料金が発生します。ちなみに万が一調査が失敗したとしても、成功報酬の請求がなくなるだけで基本料金や経費などの請求がくるということが多いです。

探偵料金は「安さ」より「適正」が大切

探偵に依頼するときに多くの人が「できるだけ安い費用で」と考えていると思われます。しかし「安さ」だけを意識すると、満足する結果に辿り着けない可能性があるのです。相場からかけ離れた極端に安い料金設定にしているような探偵事務所があれば、注意した方がいいかと思います。例えば調査員人数を少なくして費用を削減しているものの、そのせいで調査が上手くいかない。機材などをケチってしまい、必要な証拠が集められないなど、本来必要な費用を削ることで十分な調査ができなくなることは容易に想像できます。後々、調査結果に満足いかなければ追加料金を請求するということになるなど言われかねません。
多くの探偵事務所では、相談時にどのような調査をすべきか、必要な調査員人数、必要になる機材や車両などを判断し、料金を提示しています。ですから相場より大分安く提示してくるようなところは、最初から追加料金がかかる可能性が高いことがわかっていて提示しているとも考えられるのです。初見で「とにかく安いから」と飛びつかず、納得できる調査結果を得るために「適正な価格」となっているかどうかを確認しましょう。

まとめ

困ったことがあり探偵に依頼したいけど、料金が高そうでなかなか踏み切れないという人もいるかと思います。探偵料金は調査内容や調査の手段などで変わってくるので、自分が依頼する内容、その調査の相場については確認しておきましょう。相場よりかなり安く料金を設定しているような探偵事務所には注意してください。十分な調査にならず、追加料金がかかるなど、問題が出てくる可能性があります。探偵は料金が「安い」ということで選ばず、「調査に合った、適正な料金」であることを確認の上、選ぶようにしましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn