証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に無料相談する!何を確認すればいい?必要なことについて解説

探偵に依頼する前に、無料相談を利用する場合も少なくないでしょう。依頼前の無料相談については、ほとんどの探偵事務所で受け付けています。しかし、ただ相談に乗って欲しいということだけで、すぐ連絡することは避けましょう。ここでは、探偵の無料相談に必要な準備について紹介します。せっかくの無料相談の機会です。事前にしっかり準備しておくことで、相談が希望通りしっかりとでき、満足のいく内容になるでしょう。調査を依頼するときの参考にしてみてください。

探偵の無料相談の前に準備しておくこと

探偵に無料相談するときに、何を相談しますか。事前準備ができていないまま相談したり、依頼したりすると結果的に自分の思い描く結果にならずに失敗することに。こちらでは失敗した事例を紹介します。

準備・確認不足のままで失敗した例

探偵との無料相談で失敗した例は以下のとおりです。

  • 相談が終了してから、重大な質問について思い出した
  • 相談員との相性が合わないと思ったが、断ることができなかった
  • 早く調査しましょうといわれ、その場で強引に契約させられた
  • 自分の中で何を依頼したいのかがまとまっていなかったため、不要な調査まで依頼してしまった
  • 調査力の低い探偵事務所に依頼してしまった
  • 提供できる情報をしっかり伝えることができなかった

事前準備をしていたら避けられたことばかり。ほとんどが、後で後悔する結果になっています。

探偵側はここが知りたい

探偵側は依頼主でしか知らない情報が知りたいと思っています。以下のとおりです。

  • 依頼内容
  • 調査対象者についての情報
  • 証拠をどのようにしたいのか
  • 希望予算について

探偵側が、無料相談の中で依頼者の不安や疑問のすべてを察知することは難しいです。この内容については、しっかりとまとめて話した方が伝わります。何よりも集めて欲しいのは「調査対象者の情報」です。疑わしい行動を記録しておくといいでしょう。証拠に対しても、例えば浮気調査であれば、離婚したいのか、復縁するのかということを決めることが大切です。

探偵の無料相談の主旨とは

無料相談の主旨は以下のとおりです。

  • 依頼する探偵事務所を選ぶため
  • 依頼する場合の調査方法や証拠などの具体的な内容を確認する
  • 本当に依頼すべきことなのかどうか、自分と向き合うため

安心して調査をお願いするためにも依頼側もしっかりと準備や確認をする必要があります。

面談での無料相談の前に準備すること

まずは、情報の整理をしましょう。探偵側から記入するべきシートを渡されたり、尋ねられたりすることも。そんな時には事前に書き出すなどして整理することで落ち着いて相談ができます。あいまいな情報は伝えないことがポイントです。わからないことはわからないと正直に伝えましょう。

  • 調査対象者の情報1(氏名・生年月日・身長・体格・勤務先・車種とナンバー・学歴・職歴など)
  • 調査対象者の情報2(行動パターン・移動手段・行きつけの店・友人関係・性格など)
  • 依頼者の情報(氏名・生年月日・行動パターン・勤務先・車種とナンバー・調査対象者と共通の友人など)
  • 依頼内容に関すること(依頼のきっかけ・証拠取得後の行動・予算・調査期間・行動を起こしそうな調査対象者の日時など)

浮気調査に関する証拠としてそろえておくものは以下のとおりです。

  • 電話帳や通話記録
  • メールや通信アプリのメッセージ履歴
  • 画像・日記・メモ
  • レシート(デート用)や領収書・見知らぬ店のポイントカード
  • 相手の名前や住所、写真
  • 見慣れないプレゼント

所在調査・人探しに関する情報としてそろえておくもの

  • 家を出た時の服装
  • 所持金や持ち物

近所のトラブル・ストーカー被害・嫌がらせなどに関する情報としてそろえておくもの

  • 残っている証拠(手紙・プレゼントなど)
  • 写真(怪しい人物)

探偵の無料相談で伝えること

面接段階で必ず伝えることは「調査結果を得たあとにどうするのか」と「予算」についてです。依頼の内容によって料金が変わります。相談時に見積りをお願いしてもいいでしょう。見積りをもらったあとは、追加料金の発生の有無を確認します。よくあるトラブルとしては、調査員の人数を増加したことによる追加請求された。勝手に調査を延長させられた。交通費や備品代を別費用で請求させられたなどがあります。無料相談時に追加料金のことをうやむやにする探偵は依頼すること自体やめましょう。

また、取り下げた時のキャンセル料発生の有無も確認しておきましょう。依頼者からのキャンセルにはキャンセル料が必要であるようです。支払うキャンセル料は、全額払う場合と何割かを支払う場合があります。開始する前のキャンセル・途中でのキャンセル・調査後のキャンセルでも金額が違うので注意しましょう。

電話での無料相談の前に準備すること

依頼主が探偵事務所に連絡をする手段で多いのは電話です。多くの探偵事務所が電話での無料相談を受け付けています。いきなり面談するよりも安心感があると思う人もいるでしょう。しかし、その際に無料相談とはいえ、あいまいな内容を伝えたのでは、その程度にしか回答は得られません。スムーズに調査や相談を進めるためには、無料相談の際にどのくらいの情報が伝えられるかということが重要になります。

現在の状況を書き出す

電話の相手も、依頼や内容に応じて相談にのってくれます。しかし、話しているうちに訪ねようと思っていたことを忘れてしまい、重要事項を伝えられなかったり、言いたいことがうまく言えなかったりするという可能性があります。事前に状況を書き出してみましょう。時系列で書き出せばより状況が整理しやすくなり、相手にも伝え易くなります。

捜査を依頼する目的を考える

調査を依頼する目的について明確にしておきましょう。同じ浮気調査でも、離婚・浮気相手への慰謝料請求・夫婦関係の修復・慰謝料請求など目的が人によって違います。その目的によって捜査方法に違いがあるため、しっかりと目的を伝えないと正確な見積もりをいただけなくなります。できる限り具体的なイメージを持ちましょう。

迷っているときには、自分と向き合う

探偵に依頼するのか迷って相談をする場合は、無料相談の電話を掛ける前にもう一度自分の心に向き合いましょう。依頼を迷う理由は何なのかということです。配偶者を疑うことが辛い、信頼できる探偵なのか不安、高額な料金を請求されるのでないか、住所や氏名を伝えて脅されたり利用されたりしないかなど。依頼するのは、自分です。全ての話を聞いてもう一度整理しても遅くはありません。

まとめ

こちらの記事では、探偵の無料相談について解説しました。探偵に依頼して調査を進めることですっきりすることもあります。また、無料相談は、依頼料金や調査方法について依頼者が確認するためにあるわけなので、まずは話を聞いてみない限りは信用できる探偵事務所かどうかもわかりません。どうしても迷いがある場合は、無料相談の場でその旨を伝えてみましょう。電話の無料相談でも、調査依頼ではないため住所や氏名を尋ねることもないでしょう。依頼主の決断をせかしたり、無理強いしたりすることをしない探偵を選びましょう。

そのため、依頼する前に、探偵の無料相談について把握しておくことは大切です。どんな問題でもいきなり探偵に相談すればいいというわけではありません。よりよい解決方法を見つけられる探偵をみつけましょう。そのためにもぜひ一度ご相談してみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn