証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵を雇うとなった場合、どのくらいの費用がかかる?メリットデメリットも紹介

何か調査してほしい時、「探偵を雇ってみたい」と思うこともあるでしょう。しかしいざ探偵を雇うとなると、どのくらいの費用がかかるか不安だと思いませんか?ここでは探偵を雇う場合の費用の目安とメリットデメリットについてくわしく見ていきます。

探偵を雇う場合の値段

探偵を雇う場合の値段ですが、調査内容などによって変わってきます。また探偵を雇いたいけれども手持ちがないという人もいるでしょう。その場合探偵に依頼できるかどうかについてもここで見ていきます。

料金の決め方

料金の設定方法ですが、いくつかの要素によって決められます。まずは調査期間です。調査期間が長くなればなるほど、お金もかかります。また料金の中には人件費も含まれます。ですから調査するスタッフの人数も料金を決める要素の一つです。たくさんの人数で調査するとなると、それだけ料金もかかります。

また移動範囲も料金の中に考慮されます。例えばターゲットが出張などで長距離移動する場合、調査員もついていかなければなりません。すると交通費や宿泊費も料金の中に反映されます。

1日雇った場合の料金

もし1日だけ探偵を雇って調査をお願いした場合、だいたい12~15万円といったところが相場です。中には「数時間だけターゲットの追跡調査をしてほしい」という要望を持っている人もいるでしょう。この場合、探偵事務所では最低依頼時間を決めているものです。ですからその時間分の報酬は請求されると思ってください。ですから数時間だけの依頼であっても、10万円程度はかかると考えておきましょう。

探偵は1日からでも調査をお願いすることは可能です。しかし一般的な傾向として、短期間だと料金が割高というところも結構多いです。ある程度長期のリサーチ機関でお願いした方が、結局は安く費用を抑えられるでしょう。また長期の調査の方が、より細かくターゲットの情報を収集できるので成果も上がりやすいです。

探偵のパック料金について

探偵事務所の中には数日間の調査に対応したパックプランを用意しているところも多いです。この場合、3日間のパッケージとしているものが多いです。3日案調査をお願いした場合、だいたい費用は30~50万円といったところが相場です。結構幅があるのはどの程度の人員を投入するか、1日あたりの調査時間、調査の難易度によって変わってくるからです。依頼内容によって変わってきますので、正式契約を交わす前に、十分説明を受けて見積書の内容を確認しましょう。

中にはもっと長期にわたって調査をお願いすることになるかもしれません。例えば浮気調査は探偵に依頼する案件としては多いです。浮気調査の場合、例えばターゲットの事前情報が少なかったり、相手がなかなかしっぽを掴ませない場合には手こずる可能性が出てきます。この場合、1週間以上調査を継続する形になるかもしれません。すると事務所によってピンキリですが、50~100万円程度かかる可能性もあり得ます。

手元にお金がない場合

今すぐにでも探偵に調査をお願いしたいけれども十分な手持ち資金がないという人もいるでしょう。この場合、初期費用の掛からない探偵事務所に調査をお願いするのも一考です。探偵事務所の中には成功報酬制をとっているところもあります。その中には着手金ゼロ円で調査をお願いできるところもあり、この場合初期費用は掛かりません。またもし依頼した内容に関する情報が何も取れなければ、成功報酬もゼロ円になるかもしれません。

しかし成功報酬制の場合、なにをもって「成功」かの解釈が探偵事務所とクライアントの間でずれがあるかもしれないので注意が必要です。例えば浮気調査の場合、一般的には浮気の証拠を掴めて初めて成功と言えるような気がするでしょう。しかしそもそもターゲットが浮気していない場合、証拠の掴みようがありません。このように成功、すなわち報酬の発生するのはどんな条件か、依頼する前に説明を受けましょう。

また調査完了後の後払いに対応しているところもあります。例えば浮気調査をして、相手の浮気が判明すれば、パートナーとその相手に慰謝料請求が可能です。慰謝料が支払われたら、そのお金で調査費用を支払えるでしょう。探偵事務所によってはローンが組めたり、カードが使えたりする場合もあります。いまする費用を現金一括で支払えなければ、このような方法を検討してみるといいです。

探偵を雇うメリットデメリット

探偵を雇う場合、メリットとデメリット両面があります。両方を理解したうえで、自分にとってメリットの方が大きいか判断しましょう。

探偵を雇うメリット

探偵を雇った場合、自分が求めている情報を得られる可能性の高いのがメリットです。調査のプロにお願いすることで、自分ではなかなか得られないような情報や証拠を入手できるかもしれません。特に浮気調査の場合、探偵の作成した報告書は離婚裁判などの際の証拠として採用される可能性が高いです。慰謝料請求をするときの証拠になりえます。また尾行調査も専門家がすれば、ターゲットにバレることなくリサーチを遂行できる可能性が高いです。

探偵を雇うデメリット

先ほども紹介したように、探偵を雇った場合、それなりの費用のかかる点はデメリットといえます。少なくても10万円程度かかりますし、より長期の調査をお願いするとなると100万円以上かかる場合も想定できます。調査内容によって価格はケースバイケースなので、十分探偵と打ち合わせをして、見積書を作成してもらいましょう。

また探偵として活動するにあたって、届出は必要でも必須資格などはありません。ですから探偵といってもピンキリです。レベルの低い、経験の少ない探偵を雇っても思うような成果が期待できないので事務所選びは慎重に行いましょう。

まとめ

探偵を雇う場合、どの程度の費用がかかるか心配という人もいるでしょう。調査費用は期間や調査人数、活動時間や範囲によってまちまちです。オーダーメイドで料金設定する形になりますから、見積書を作成してもらって、その内容について十分な説明を受けてください。その説明に納得したら、そこで初めて契約すれば、後悔なく探偵を雇えるでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn