証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

なぜ企業が所属する社員の素行調査を実施するのか理解を深めよう

どのような社員なのかを見極めるために企業が素行調査を実施することがあります。社員が勤務態度に問題があったり、普段の行動や言動がおかしい場合など、様々な理由で社員の素行調査を実施することがあります。今の時代は反社会勢力との関係を根絶させるために、社員が暴力団などと関りがあると会社にも悪影響を及ぼす可能性が高まります。そうならないためにも社員の素行調査を行います。

なぜ社員の素行調査をするのか?

信頼して働いてもらっている社員の素行調査をする理由として、社員を雇っている会社側は適切な労働環境を守る義務があることを十分に理解しなければいけません。全ての従業員が安心して働ける環境を作るためにも、一人でも問題行動を起こすような人物がいたら会社全体に迷惑を被ってしまう可能性があります。

そのような状況になる前に未然に防ぐためにも、問題とされる行動を取るようなスタッフの素行調査をして、本当に従業員として雇用し続けて問題無いかどうか理解するために、社員の素行調査をして会社側が今後どのように対処すれば良いかを判断します。

早い段階で素行調査を実施する

会社の損失は未然に防ぐことが一番重要です。会社の売り上げに直結するのが社員のやる気や行動です。もしやる気が見られなかったり、明らかな問題行動があって、上司が注意しても改善されないような場合は、様々な対策を講じなければいけません。

社員の問題行動を改善させるためにも、なぜ社員が問題があるのか、明らかに様子がおかしいのかを知るために素行調査を実施するのは間違ったことではありません。調査を行うタイミングを間違ってしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。そうならないためにも、危機管理の一環として素行調査を早い段階で取り入れることが求められます。

社員の素行調査は違法なのか?

すぐに調査を実施できない理由として、社員の素行調査をすることが違法なのではないか?と思っている人がいます。厳密にいうとちゃんと正しい方法で調査をしてくれる探偵や興信所に依頼をすれば問題はありません。

注意点として過度な調査をする専門業者もあるので、選択する際に注意しなければいけません。実際に違法行為の実例として、対象者の家に盗聴器をしかけたり個人情報を傍受などすることが違法行為となります。違法行為をしない範囲で社員の素行調査を実施してくれる探偵や興信所のサービスを選択してください。

どのような内容を調査したいのか絞り込む

対象者のどのような問題を解決するために素行調査をするのかしっかり考えて専門業者に依頼をしてください。希望する調査がブレてしまうと納得できる内容の報告書をもらえない可能性もあります。

素行調査をするにしても、なぜ問題行動を起こすのか、今までと違う様子が見受けられるのか、変な噂が広まってしまったのかなど、色々な原因によって調査をしてもらう内容も異なります。

素行調査の報告をしっかりまとめてもらうためにも、なぜ社員の調査をするのか、そしてどのようなことを知りたいかを十分に考慮して、その内容を伝えて納得した上で契約をしてから素行調査をしてもらってください。

社員の問題行動とはどのようなものなのか

これから社員の素行調査をしようか考えている経営者や組織の担当者は、未然にリスクを回避することができる可能性がある可能性があることも十分に考慮してください。実際に社員の問題点として以下のような点で悩んでいる企業が多いです。

ハラスメントの疑い

今の時代は様々なハラスメントが取り沙汰されることが多いです。パワハラやセクハラなどをする人物がいると他の従業員にも迷惑をかけてしまいます。ハラスメントに関する素行調査は、決定的な証拠を掴むために実施されることが多いです。

会社の風紀を乱す行動

職場の雰囲気を悪くするような問題行動を取っている社員の素行調査を実施することもあります。よくあるのが社内不倫をしている人物が本当に不貞行為をしているかどうか、その証拠を掴むために素行調査を実施することがあります。

反社会勢力との関り

社員が暴力団などの反社会勢力との関りがあれば会社にも悪影響を及ぼす可能性があります。社内でそのような噂が広まってしまうと従業員の士気の低下にも繋がります。そうなる前に対象となる社員が本当に反社会勢力と関わっているかどうかを知るために素行調査を実施します。

以前働いていた社員の問題行動

以前会社に属していた人物が退職後に現職の社員を引き抜いたり、ライバルとなる競合他社に転職したりすると、何かしらのデメリットになる可能性が高いです。事態が深刻になると産業スパイとして自社の大切な情報が外部に漏洩する可能性もあります。

元社員が大きく関わっていることが多いからこそ、未然に防ぐためにも元社員の動きが怪しいという情報をキャッチしたら、被害を受ける前に素行調査をして判断してください。

素行調査の専門業者に依頼をしよう

対象となる社員の行動を確実に把握できるプロの専門業者に依頼をしてください。どのような理由で調査を依頼したのかを明確にして、その内容で確実に証拠を掴んでくれるプロの業者に依頼をしてください。

探偵でも興信所でも社員の素行調査を依頼して、納得できる報告をしてくれる業者を選択してください。調査が下手だと追加料金を請求されます。可能な限り予算の範囲内で調査をしてくれる専門業者を選んでください。

問題が大きくなってしまうと状況を改善するのが困難になるだけでなく、会社の利益にも大きく関わってくる可能性もあります。早い段階で問題の芽を摘むことが重要だからこそ、確実に素行調査を実施し、納得できる報告書をまとめてくれる専門業者に依頼をしてください。

まとめ

もし問題行動が確認されたらトラブルが他の従業員に飛び火して大きな損害を被る可能性もあります。そうなる前に早い段階で素行調査をして、本当に問題が無いかどうか調査会社の報告書を見て雇っている会社が判断しなければいけません。大丈夫だろうと思い後回しにしてしまうと取り返しのつかないことになります。問題行動があると判断したら、早期解決に向けて社員の素行調査を実施してください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn