証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気なんてやっていない!身に覚えのない浮気の証拠をどうしたらいいか解説します

突然パートナーから不倫を疑われたらどうしますか?自分は全く身に覚えがないのに…と途方にくれてしまいますよね。また、離婚を切り出された際に見に覚えのない浮気を理由として挙げられたら、やはりどうしていいか分からなくなってしまいます。
「しっかりと身の潔白を証明したいけど、どうすればいいのか分からない…」という時に興信所がお役に立てるかもしれません。この記事をお読みいただき、このような悩みの解決の一助となれば幸いです。

自分はやっていない!浮気が捏造される理由とは

パートナーから急に離婚を切り出され、理由として「身に覚えのない浮気」を挙げられたらびっくりしてどうしたらいいか分からなくなってしまいます。それではどうして「身に覚えのない浮気」を理由として挙げるのか、ご説明します。

パートナー自身が浮気をしており、慰謝料を払いたくない

パートナーから離婚を求められ、なおかつ自分の身に覚えのない浮気を理由とされた場合は、「パートナー自身が浮気をしている」ということが考えられます。離婚で慰謝料の話し合いになった場合、浮気をした側が慰謝料を払うことになるため、「慰謝料を払いたくない」という気持ちからパートナーの浮気をでっちあげる人もいます。

浮気の証拠は捏造できるのか?

浮気の証拠として挙げられるのが、写真やメールやメッセージアプリでのやり取りです。果たしてこういったものは捏造できるのでしょうか?また、明らかに捏造されたことを証明することはできるのでしょうか?ご説明します

浮気の証拠にも強弱はある

写真やメールのやり取りがあったからと言って即「浮気」と言い切れないものはあります。浮気の証拠でも強いものと弱いものがあるのです。

証拠として強いもの

  • ラブホテルへ入っていく写真
  • 性的関係がきちんとわかる文面のメール
  • ラブホテルのサービス券

などは、性的関係が明らかであるので証拠としては強くなります。

証拠として弱いもの

  • 2人で食事をしている写真
  • 性的関係を想起させない内容のメール

いくら配偶者以外との交流があったとはいえ、性的関係が想定できなければ証拠としては弱くなります。浮気の証拠として確実なのは「性的関係があったか否か」がポイントです。
また、単独としては証拠として弱くても組み合わせることで強まることがあります。

  • 旅行手配などのパソコン履歴+写真+SNS投稿
  • 食事の写真+領収書+ラブホテルのサービス券

ひとつだけにこだわらず、様々な方向から証拠確保は必要ですね。

ドライブレコーダーの映像や音声も証拠として有効

最近一般家庭の車でもドライブレコーダーを搭載することが増えてきました。浮気の際に車を使っていた場合は、ドライブレコーダーの映像や音声も証拠として採用されるようになってきました。車内は密室状態ということもあり、かなりきわどい会話も交わされやすいもの。証拠としては非常に有効です。

証拠の捏造は証拠にならないどころか、本人の信用を失わせる

証拠の捏造は、それが発覚した場合は証拠として認められません。また、その行為によって本人の信用が失われます。それによって離婚の交渉が大幅に不利な条件で進められることになります。また、悪質な場合は犯罪とみなされ訴えられる可能性もあります。

証拠が捏造されたものだと証明するには

自身に身に覚えのない浮気であれば、それをまず証明する必要があります。まずは出されたそれぞれの証拠を確認しましょう。そこから身の潔白を証明していきます

知人であれば、直接身の潔白を証明してもらいやすい

写真ややり取りしている本人と連絡が取れるようであればそれを証明してもらうことが可能です。また既婚者ならば、配偶者にも同席してもらうことでより身の潔白が証明しやすくなるでしょう。ただし、この方法は相手が特定できている場合にのみ有効ですし、相手の協力が不可欠になります。この方法だけにこだわらず証明することが必要です。

画像解析などはプロに依頼して解析してもらう

画像であれば興信所などに相談してみましょう。画像解析などでさらに詳細に調べることで合成写真か否かを鑑定することも可能かもしれません。SNSやメッセージアプリでのアカウントも明らかに自分のものでないとしたら、その相手を突き止めることもできるでしょう。いずれにしても、証拠の強弱については弁護士に相談し、それぞれの証拠が浮気の証拠としてどのくらい認められるか確認してから行動してもいいと思います。

身の潔白を証明したい!興信所を利用するメリット

まず興信所は調査のプロです。プロの目で提出された証拠を精査し、捏造かどうかを鑑定してもらうことができます。また、同時にパートナーの調査を依頼することでこちらが交渉を有利に進められる材料を見つけてもらえる可能性があります。興信所を「ちょっと怖いところ」「敷居が高い」と思われるかもしれませんが、思い切って相談してみましょう。先述のとおり興信所は調査のプロです。パートナーの思惑など見破られるだけの証拠を集めてくれるはずです。自分の立場をはっきりさせるために有効な手段です。

まとめ

ここまで、浮気の捏造についてご説明してきました。浮気の証拠を捏造する事は、それが発覚した場合には信用が失われますので、交渉が非常に不利になります。自分の保身をはかろうとして逆に立場を悪くしてしまうのです。アカウントを偽造してなりすまし、浮気の証拠とした場合などは、内容によっては名誉棄損などの罪に問われることもあり損害賠償を請求されることもあります。
逆に、証拠を捏造されてしまった場合は泣き寝入りすることなく身の潔白を証明しましょう。提出された証拠をもとに弁護士に相談して証拠の強弱を判断してもらうのはもちろん、興信所などの専門家に捏造を証明してもらうのも有効です。
いわれのない証拠を突き付けられたとしても泣き寝入りする必要はありません。弁護士や興信所などあなたを助けになる方々がいます。「やっていない」という自分の立場を守るためにも、交渉を有利に運ぶためにも、ぜひ弁護士や興信所に相談してみてください。突破口は開けるはずです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn