証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

二回目の浮気、許せる?浮気を繰り返す人の心理と対処方法について

一回目の浮気発覚時、反省したから許したのにまた浮気されてしまった、これはとてもショックなことだと思います。許せないと感じる人も多いことでしょう。一度発覚したのに繰り返す人というのは、どういう気持ちで浮気をしているのでしょうか。こちらの記事では浮気を繰り返す人の心理をまとめました。浮気をしたパートナー、浮気相手を許せない場合の対処法についても解説しますので、参考になさってください。

二回目の浮気は一回目より傷付く

一回の浮気はとりあえず許したとしても、二回目となると許せない、悲しいなど深く傷付く人が多いです。中にはあっさりと許せる人、辛い気持ちを押し殺して何とか許した人などもいるかもしれません。どちらにせよ、一回目より二回目の方が心により深いダメージを与えているのです。浮気をされてしまった時の気持ちを整理することで、冷静になり今後のことも考えられるようになる可能性があります。辛いとは思いますが、自分の心に向き合ってみてください。

浮気は裏切り

浮気というのはパートナーに対する裏切り行為です。信じていた人に裏切られるということで、傷付かない人はあまりいないのではないでしょうか。それを二回も裏切られたら、様々な思いがわいてくるでしょう。愛情が冷めてしまう、傷付けられた分仕返ししたい、浮気相手と別れさせたいなど、本当に様々です。この裏切りを繰り返されるごとに心境は複雑になっていき、整理が難しくなっていきます。

自分を責めてしまうことも

二回目の浮気をされてしまった人の中には「信じた自分が間違っていた」など自分のことを責めてしまう人がいます。「自分に何か至らない部分があったから浮気されたのかもしれない」と気に病む人もいるでしょう。浮気をする理由は人それぞれあると思いますが、浮気された側が悪いということは少ないのではないでしょうか。どんな理由があるとしても、人を傷付けていい理由などありません。つまり浮気をする側の方が圧倒的に悪いのです。自分を責めて塞ぎ込まないようにしましょう。

浮気を繰り返す人の心理

浮気を一回だけでなく二回など繰り返してしまう人というのは、どういう気持ちで浮気をしてしまうのでしょうか。こちらでは浮気を繰り返してしまう人の心理についてまとめました。

相手の誘惑に乗ってしまう

相手が魅力的な人物で、その場で何となくいい雰囲気になり、誘惑されて我慢できなくなってしまうということがあります。相手の押しが強くて断われない、相手のペースに流されてしまったなど、これは相手に非があるとするパターンです。しかし、自分にはパートナーがすでにいて、裏切ることはできないから、と断ればいいだけのこととも言えます。最悪バレたら相手のせいにしようという魂胆が透けて見える、よろしくない考え方です。

パートナーが許してくれると思っている

一回目の浮気発覚時に、あっさり許した場合に起こりがちなことです。前回も許してもらえたから今回も許してもらえるはず、と思っているのでしょう。また浮気相手とはただの遊びで本気ではないから、話せばわかってもらえると考えている場合もあります。しかしこの考え方はただパートナーに甘えているだけです。パートナーが傷付いていることにも気が付いていないのでしょう。一回目の浮気の際にかなり傷付いているということは伝えて、二度目は許さないと釘を刺しておく方がいいかと思われます。

スリルを楽しんでいる

浮気はいけないことだとわかっていてもしたくなるというのはスリル、背徳感など、非日常的なドキドキ感があります。この感覚を味わうためだけに浮気をするという人もいるのです。しかしこれは、パートナー、場合によっては浮気相手も傷付ける自分勝手なこととも言えます。

相手に気持ちがある

一回目の浮気相手と二回目の浮気相手が同一人物だったという、パートナーにとってはショックなパターンもあるのです。この場合、浮気相手に対して相当気持ちがあるのではないかと推測できます。こうなると、もはや「浮気」ではなく「本気」です。浮気相手への気持ちがどんどん大きくなって、浮気された側が別れを切り出されることも考えられます。浮気された側にとっては辛く悲しく、悔しいことと思いますが、本気になってしまうと関係の再構築は難しいかもしれません。

二回目の浮気が許せなければまず浮気調査

二回も浮気をされて、「関係を再構築する」か、「お別れする」かは、自分の心に従うべきです。自分が後悔しない道を自分で選びましょう。関係を再構築するにしてもお別れするにしても、決断前に浮気調査をすることをおすすめします。浮気調査は探偵による調査です。浮気の証拠を集めることで慰謝料の請求や話し合いなどにおいて有利になります。浮気調査についてまとめていますので参考にしてください。

慰謝料請求には確実な証拠が必要

二回も浮気をされてたくさん傷付けられた分、慰謝料を請求したいという人は多いでしょう。ただし慰謝料請求のためには確実な浮気の証拠が必要です。例えば以下のようなものがあります。

  • 二人がホテルやお互いの自宅を出入りしている写真
  • 明らかに浮気とわかるような音声や撮影データ
  • クレジットカードの明細やレシート
  • 交通系ICカードの履歴

これらをコツコツと自分で集めるのは大変ですし、写真もタイミングが合わなければ撮影不可能です。また浮気調査をしていることを浮気相手やパートナーに知られると、証拠隠滅を図られる可能性があります。確実に証拠を掴むためには、探偵に任せた方が安心です。

二回目の調査の場合、料金は変わる?

一回目の浮気のときも探偵に調査してもらっていて、二回目の浮気で同じ探偵に依頼すると料金が割引してもらえるかも、と思っている人は注意です。このような場合、割引しているという探偵事務所はほぼありません。逆に調査が難航して料金が上がってしまう可能性があるので、依頼する探偵事務所に問い合わせてみてください。

まとめ

一回目の浮気で終わらず二回目の浮気をされたら、より悲しみが深く、怒りや憎しみ、悔しさ、呆れなど様々な思いが入り混じることでしょう。浮気を繰り返す人の心理も理解しがたいことが多いので、無理に理解しなくても良いと思います。冷静になって、探偵に浮気調査をお願いしましょう。浮気調査で証拠が集まれば、慰謝料請求や話し合いをする際、有利になります。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn