証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査で通話履歴は調べられる?証拠として認められるかも解説

パートナーがさっと携帯電話、スマートフォンを隠すとき、やましいことがあるのだと感じますよね。特に考えられるのは浮気かと思われます。携帯電話やスマートフォンの中には秘密が詰まっているのです。その中でも通話履歴を見れば浮気の証拠が掴めるかもしれないと思う人もいるでしょう。ですが、そこまで簡単なことではないのです。こちらの記事では浮気調査と通話記録について解説します。

通話履歴は調べられない

「通話履歴の中に異性の名前があれば、それが浮気相手かもしれない」など、浮気の事実を確かめるためにパートナーの携帯電話を調べたい気持ちはわかります。しかし、実は勝手にパートナーの電話を調べて、通話履歴を手に入れることはできないのです。なぜ調べられないのか、探偵でも調べられないのかなど詳しく解説していきます。

不正アクセス禁止法違反、プライバシーの侵害

通話記録を手に入れるために、自分名義ではない他人のスマートフォンや携帯電話の中身を勝手に確認する行為は、プライバシーの侵害にあたります。これは例えば夫婦の間柄であったとしてもダメなことです。確かにスマートフォンや携帯電話には浮気の証拠となりそうなものが入っている可能性が高いでしょう。しかし個人情報もたっぷり入っているので、勝手に見ることは危険です。また、そのスマートフォンや携帯電話のパスワードを勝手に解除することは、不正アクセス禁止法に引っかかる恐れがあるので、こちらもやめておいた方がいいです。

LINE等のメッセージアプリもダメ

スマートフォンをお使いでしたら、LINEなどメッセージアプリを利用していることも多いかと思います。通常の電話よりもメッセージアプリによる通話、メッセージでやりとりしているという人も多いようです。こちらにも浮気の証拠になりそうなものが残っていそうですが、やはり勝手にチェックしてはいけません。アプリ内の情報を勝手にチェックすることもプライバシーの侵害となるのです。

探偵も調査不可

探偵に頼めば通話記録もメッセージアプリも確認できるのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし探偵であっても勝手にスマートフォンのパスワードを解除し、勝手に情報を手に入れるということはできません。探偵は法律に触れるような調査が禁止されています。また違法な調査で手に入れた証拠は、裁判時などで証拠として認められないこともあるのです。

通話履歴は浮気の証拠にもならない

通話履歴を調べることは難しいということがおわかりいただけたでしょうか。そもそも、通話履歴だけで浮気と判断し、更には慰謝料請求するということも難しいことなのです。どういうことなのか、以下にて説明していきます。

通話履歴は単なる状況証拠でしかない

通話履歴を見たところでわかるのは、通話をした時間、通話した相手の名前、電話番号ぐらいです。これらは状況証拠でしかなく、この段階でパートナーを問い詰めても、浮気を認めない可能性が高いでしょう。例えば異性の名前を発見しても、「ただの同僚」「取引先の人」などと言い逃れができてしまいます。また本名で登録されているとも限らないので、人物の特定ができないこともあるかもしれません。とにかく、通話履歴だけで浮気とするには証拠として弱いということなのです。

浮気の証拠とは

それでは、浮気の証拠として認められるものとは何かというと、以下のようなものがあります。

  • 二人でホテルを出入りしている写真
  • 二人で自宅を出入りしている写真
  • 不貞行為を行っていることがわかる音声、映像
  • クレジットカードの明細、レシート
  • 交通系ICカードの履歴

クレジットカードの明細をじっくり見て、不審な支払いがないか確認します。普段は行かないような店舗の名前などを発見したら、浮気に関係があるかもしれません。その他、レシートがゴミ箱に入っていたら確認しておくのもいいでしょう。交通系ICカードの履歴は、駅の券売機で確認ができます。表示できる件数、印字できる件数には制限があり、1日の利用回数が多すぎると印字できないということもあるので注意してください。写真や音声、映像などについては自分で集めるのが難しい証拠ですので、探偵に任せることがおすすめです。この点については、この後詳しく解説します。

浮気に関する証拠というのは、1つや2つでは不十分です。誰が見ても浮気とわかるような証拠を、なるべくたくさんあった方が有利になります。浮気かもしれないと思ってもすぐパートナーに問い詰めないようにしましょう。万が一浮気の事実がなかった場合、パートナーとは気まずくなってしまう可能性があります。また、証拠が出そろってから話し合いをすることで、こちら側が有利に話を進めることができるのです。

通話履歴以外の浮気の証拠集めは探偵が強い

浮気の証拠の中には自分で集められるものも多いですが、自分で集めるのが難しいものもあります。通話履歴は法的に確認が難しく、証拠として使えることもあまりないので集めないこととして、先述したような写真や音声、映像などは探偵に任せましょう。浮気調査は探偵事務所で一番依頼が多い案件なのです。

探偵は浮気調査で尾行や張り込みなどを使います。自分でやろうとすると、これが難しいのです。素人が尾行しようとすると気付かれてしまったり、途中で見失うなどの失敗してしまうことがあります。その点、探偵はプロなので、そのような初歩的なミスはありません。張り込みにしても、ずっと見張っているとなれば自分の時間を犠牲にすることになり、普段通りの生活ができなくなります。探偵に依頼すれば、その時間は守られますので、自分ができる範囲のことをしていればいいのです。

先述した法律に関しても、探偵は法律に触れない範囲で調査をします。法律に詳しくない人が独自に調査すると危険ですが、探偵は法律の知識もしっかり持っていますので、安心して任せられます。

まとめ

浮気を疑う中、携帯電話やスマートフォンに残る通話記録が気になる気持ちはわかりますが、調べることはできません。勝手に見ることでプライバシーの侵害となります。勝手にパスワードを解除すれば不正アクセス禁止法違反です。そもそも通話記録は大した証拠にはならないので、無理して見ようとしない方がいいです。浮気の証拠としては、写真や音声など他にも使えるものがあります。探偵の力を借り、確かな浮気の証拠を掴みましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn