証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査の成功とは何を指す?成功率や成功の定義を徹底解説

浮気調査をして欲しいと考えている人の多くは探偵もしくは興信所に依頼することを考えます。現在、かなりの数の探偵や興信所があるため、どこに頼もうか迷ってしまう人が少なくありません。いくつか気になるところをピックアップして一つに絞っていくと思われますが、その際に「浮気調査の成功率〇%!」というような数字を見かけることがあります。成功率が高い方がよさそうと思ってしまいがちですが、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。浮気調査の成功とはいったい何を指すのでしょうか。そして成功率や成功の定義とはどのようなものなのでしょうか。

浮気調査の成功率で探偵や興信所を選んではいけない理由

浮気調査の成功率でよく見かけるのは、90%以上の数字ではないでしょうか。90%以上という数字を見ると、成功しない方が珍しいと思えますし、稀なことだと感じます。しかし、この数字だけを見て探偵や興信所を選ばないようにした方がいいといわれています。どのような理由なのか見ていきましょう。

成功率は明確な定義がない

「浮気調査95%成功!」という数字を見ると多くの人は高い確率に圧倒されてしまいますが、成功という定義を明確にしている探偵や興信所は少ないといえます。それは、この成功率が自己申告であり、どのような条件で成功とみなすのかハッキリさせていないためです。

依頼する側からすれば、成功の定義は浮気の証拠を確実に取得したことだと思うのではないでしょうか。しかし、明確な定義がなければ何を持って成功と位置付けているのか分かりません。もしかすると、依頼された浮気調査を期間内に調査が終了すれば成功とみなしている可能性もあります。

浮気調査を行っても浮気の証拠がない(浮気をしていない)場合もある

浮気調査の成功のからくりを考える場合に考慮したいことがあります。浮気調査を依頼してくる場合、その多くは浮気をしていることは確実であり証拠が欲しいというケースです。一方で、浮気の兆候はないにも関わらず、調査を依頼してくるような人もいます。何か気になることがあれば全て悪い方に考えてしまう人や、他社で浮気の事実が得られなかった場合に他の探偵や興信所を利用するケースなどがこれにあたります。
また、過去に浮気をされた経験がある人にもこのようなケースに陥っていることがあります。この浮気の事実がなかった場合は成功に入れているのか、失敗に入れているのかによってもパーセンテージはどうにも変えられるでしょう。

期間内の浮気調査が無事終了する

浮気の証拠を得ていなかったとしても、依頼者と契約した期間内の調査がすべて終了した場合を浮気調査の成功とみなす探偵や興信所もあります。一般的には、浮気の証拠も挙がっていないため慰謝料の請求も難しいですし、これで無事終了といわれても納得できないと思う人が多数を占めます。

対象者が浮気をしていても、頻繁に会うわけでなない相手がいるような場合は調査期間中に証拠を得るのは難しいといえます。できるだけ依頼者の行動を把握し、調査前に依頼者の情報を提供することが必要です。

証拠にこだわり違法調査をする探偵や興信所も存在する

探偵や興信所が行う浮気調査は探偵業法を守らなければなりません。しかし、一部のところでは違法調査を行っており、それらの調査で得た証拠を調査成功として提供しているところもあるようです。

探偵や興信所の行う浮気調査では、

  • GPSを使った調査
  • 盗聴器を仕掛ける
  • 不法侵入をする
  • 郵便を開封する

このような調査は違法調査です。違法調査とそうでない調査との境目は確かに難しいものがありますが、分かりやすくいえば上記のような調査は行ってはいけません。しかし、違法調査と分かっていながら行っている探偵や興信所も存在します。

違法調査は確かに対象者の行動を知りやすいですし、調査時間の短縮もできるでしょう。しかし、まともなところであれば分かっていて違法調査をすることはありません。

その他の条件も考えて探偵や興信所を選ぶ

浮気調査を依頼する探偵や興信所を選ぶ場合は、成功率やパーセントだけではなく、その他の条件も考えて選ぶようにしましょう。いくつか候補を選び、その上で費用面は明朗会計であるのか、調査を行うと予想されている場所から遠い場所ではないか(出張料金が発生することもあります)、実際に調査を依頼した人の口コミなども入手しましょう。

浮気調査の成功とは何を指すの?

浮気調査の成功には定義がないため、浮気をしていると分かるだけで成功だと思う人もいれば、しっかりとした証拠をもらえないと成功とはいえない、浮気相手の氏名や住所を得ないと裁判を起こせないのでダメなど、さまざまな考え方があります。また、浮気調査をする人がすべて対象者と離婚したいと思っているわけではないため、成功の定義は難しくなっています。

浮気の証拠写真や動画を手に入れる

浮気の証拠写真や動画を手に入れることができれば、対象者と離婚一択の人にとってはスムーズに話を進めることができるでしょう。証拠があるということは、本人が否定したとしてもそれを覆すことができるからです。

浮気の証拠写真があれば、対象者との離婚だけではなく、浮気相手にも慰謝料請求ができます。離婚一択の場合は、浮気相手からも慰謝料をもらえるような証拠が揃っている場合は泣き寝入りをしない方がよさそうです。

浮気相手の氏名や住所を入手する

浮気の成功は浮気相手がいることだけではなく、氏名や住所を入手しなければ成功とは思えないと考える人もいます。これは、対象者よりも浮気相手を訴えたい、慰謝料を請求したいというケースです。

慰謝料を請求する前に出す内容証明郵便も相手の氏名や住所が分からなければ出せません。また、電話番号だけを知っていても時間稼ぎをされているうちに音信不通になることもあります。氏名や住所を得ることは将来的に、浮気相手に対する行動を起こしやすくするためにも必要です。

証拠の写真や動画よりも浮気相手の氏名や住所の取得を優先させる人は、離婚をせずに浮気相手に謝罪と慰謝料請求を求めている場合が多いようです。もちろん、可能であれば証拠も得た方が言い逃れはできないために必要だとは思っています。

まとめ

浮気調査の成功については探偵や興信所が考えている成功と、依頼する側が考えている成功には温度差があるようです。なかには、浮気調査の成功率95%といっていても、調査期間終了まで無事に調査ができれば成功とみなしているところもあります。この他には、成功率を上げたいために、違法な調査を行っているところもあるようです。浮気調査を依頼するときにできることは、浮気調査の成功率だけで探偵や興信所を選ばないようにしてください。いくつか候補を上げ、その中から費用や口コミ、特色などを見比べて決めるようにしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn