証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫調査はお金がかかるもの!相手に費用を請求できるのか、解説します

パートナーの不倫を疑い、証拠を集めるために探偵を雇ったり交渉を進めるために弁護士を雇ったりと、不倫に関する出費は意外と多いものです。自分が悪いわけではないのにお金がかかるなんてなんだかモヤモヤする…」と思う方は多いと思います。ここでは、不倫調査の費用を相手に請求できるのかご説明します。
配偶者の不貞を知ることは耐え難い苦痛です。離婚を選ぶか否かは夫婦間の問題ですが、不貞行為についての証拠集めなどには内容にもよりますが多額の費用がかかります。また不倫相手との交渉においても、弁護士を雇ったりすれば費用がかかります。そういった費用を非がある相手に請求したいと希望するのは至極当然だと思います。この記事を読んでいただき、パートナーとの関係や不倫相手への交渉を考える助けにしていただければと思います。

「不倫してるかも…」証拠を集めるのも費用がかかる

パートナーに不倫の疑いがあったとしても、すぐに問いただしたところで本人が不倫を認めることはしません。結局はうやむやにされてしまいます。そうならないためには、あなたが相手を納得させるだけの証拠を集める必要があります。自分だけで証拠を集めることが困難であれば、探偵など第三者の力を借りて調査を依頼することとなります。当然そこには費用が発生します。

探偵に調査を依頼すれば、費用は数十万~数百万にのぼることも

探偵は調査のプロです。専門的なスキルを駆使して調査対象の行動を追跡し、情報を集めます。当然そこには費用が発生しますし、金額は安いものではありません。依頼内容や調査範囲などにもよりますが、数十万~数百万円ほどと言われます。もちろんご自身で証拠集めをするのであれば費用はかかりませんが、不十分な証拠しか出てこないのであればプロに依頼をしたほうが確実な証拠をつかむことができます。

「不倫の事実が発覚」したあとも費用はかかる

不倫の事実がゆるぎないものであれば、その後の行動を考えなければなりません。パートナーとの関係を継続するか解消するか、そのどちらであったとしてもパートナー及び不倫相手からなにか賠償請求をするのであれば、弁護士に依頼し交渉を進めるのが確実です。場合によっては調停や裁判などで決着をつけることもあります。当然弁護士へ依頼するにも、調停や裁判でも費用は発生します。自分に非があるわけではないのに、これでは理不尽に感じても仕方ありませんね。

不倫の調査費用はすべて相手に請求できる?実際は…

パートナーや不倫相手が悪いのに、自分が高額な費用を出さなければいけないのは依頼者自身にとっては納得できないことです。それでは調査にかかった費用をすべて相手に請求できるのかといえば、実際は難しいようです。

パートナーに調査費用を請求した場合:請求できるのは比較的少額

パートナーの不倫で苦痛を受けた損害賠償として支払うのが「慰謝料」ですが、ここに調査費用を上乗せできるのかといえば、「全額はできない」というのが現状です。探偵に調査を依頼した場合の費用は数十万~数百万円です。ところが、それをすべて相手に請求したとしても、認められるのが10万円ほどになります。実際にかかった金額よりもはるかに少ないですよね。これは証拠集めは「自分でもできるから」というのが理由のようです。よって弁護士を雇った場合でも賠償として認められるのは10万円くらいになります。かなりモヤモヤしてくるでしょうが、ご理解ください。

不倫相手に調査費用を請求した場合:すべて払わせることも可能

それでは、不倫相手に調査費用を請求した場合支払ってもらうことは可能なのでしょうか?答えは「支払わせることは可能」です。ただし、この場合は少し意味合いが違っていて「解決金」に近い考え方になります。
解決金というのは、片方が交渉に同意しなかった場合に同意を促すために支払われるお金のことです。浮気相手との交渉面においては、相手が早く和解を取り付けたい際に調査費用を支払うことがあります。この場合は、浮気相手側にどうしても和解を急ぎたい理由がある等のことが考えられます。とはいえ裁判などになれば対パートナーとの場合同様少額の賠償にとどまります。調査費用を全額あるいは相当額支払わせたい場合は「裁判ではなく交渉時」「相手に早く和解をすすめたい意思がある」という状況が必要ということになります。

調査を依頼する場合は、予算をはっきり伝えることも重要である

不倫の証拠を確実につかむために探偵を利用するのは非常に有効ですが、費用がかかります。そしてその費用は高額になることもあります。不倫した側に払ってほしいと思うのは当然だと思います。

自分が支払える額の範囲で調査を依頼する

調査には多額のお金がかかります。当然支払いできる金額は変わりますから、「自分はこのくらいまでなら支払える」という金額を決めておくことが必要です。相談の際に探偵にその旨を説明しておけば、調査範囲や報告書作成費用も含めて探偵から費用の概算を説明してもらえます。大切なお金を遣うのですから、限りある予算で最大の効果が得られるようにしたいものです。

まとめ

ここまで、不倫調査の費用を相手に請求できるかについてご説明してきました。自分に非がないのに多額の費用を支払い調査をすることは納得できない部分もあります。しかしその費用を相手に全額負担してもらうのはかなり難しいことがおわかりいただけたかと思います。残念ですが支払わせたとしてもごく一部となります。不倫したことへの責任をしっかり取らせ慰謝料などを確実に支払わせるための費用と割り切るしかなさそうです。
限りある予算を有効活用して最大の効果を上げるには、探偵に相談する段階から予算についてははっきりと伝えておくことです。払える金額が明確であれば、探偵はその予算に合わせて調査方法などを決めてくれます。信頼関係を築き確実な証拠をつかむためにはとても大切なことです。探偵に調査を依頼するメリット・デメリットをしっかり把握したうえでご自身に有利な調査結果が出ますことをお祈りいたします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn