証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

新入社員と上司は不倫しやすい?その理由と対策を解説

社内恋愛は、コンプライアンス違反になりかねない危険な行為です。しかし、実際には社内不倫でトラブルに発展するケースが多く、職場において注意すべき事項の一つと言えます。
その中でも特に注意するべきなのが、新入社員が既婚上司に近寄って始まってしまう不倫です。新入社員ということで厳しい対応を取れず、ズルズルと関係を持ってしまい、最悪の結果になってしまうというケースが後を経ちません。
そこで、今回の記事では、新入社員と上司が不倫になってしまう理由と、その対策について解説していきたいと思います。

新入社員と既婚上司が不倫に発展しやすい理由

既存の社員ではなく、なぜ新入社員と上司の不倫が多いのでしょうか。それには以下のような理由が考えられます。

新入社員(女性)は初々しくて可愛い

新入社員は年下の若い子であることが多く、男性社員にとっては「可愛い」存在であることは間違いありません。また、既婚している男性はプライベートで若い女性と関わる機会がないため、新鮮な気持ちになってしまい、ついつい浮かれてしまいます。
また、仕事に対しても不慣れなことが多いため、教えているうちに、その可愛らしさを一層強く感じてしまうのではないでしょうか。

仕事を口実に2人きりの状況を作りやすい

新入社員は仕事を覚えることが最初の仕事なので、上司に直接指導を受けるという状況も少なくありません。そうした状況を利用して、あえて2人きりになり、プライベートでも仲良くなれる状況を作ってしまうということが簡単にできてしまいます。
また、上司からの誘いということで、相手が断りづらいという点も不倫に発展しやすいポイントと言えるでしょう。

デキる年上男性に憧れる女性が多い

近年は、年齢を気にせずデキる年上男性を好きになる女性も多く、10歳以上歳が離れていても気にしないという人も少なくありません。職場の上司は「デキる年上の男性」であり、結婚していることで「大人の落ち着き」があるため、新入女性社員にとって、理想の男性像に写ってしまうということもあるようです。

普段は出来ないスリルのある恋ができる

職場の部下と上司が恋愛関係に落ちるという構図は、プライベートでは発生しにくい状況であり、人によってはスリリングに感じる恋になるでしょう。普段とは違うパターンの恋を楽しみたいと思っている女性や男性上司なら、このシュチュエーションは絶好の機会と感じてしまうのかもしれません。

新入社員と不倫関係になれるイベントが多い

新入社員と既婚上司が不倫関係になってしまう理由には、お互いの状況だけでなく、イベントなども大きく関係しています。

新入社員歓迎会

春は新入社員の歓迎会なども行われやすい季節です。企業や部署によっては、飲み会や歓迎会が複数開かれるところもあります。こうしたイベントではお酒を飲む機会も多いため、いつもより開放的になり、上司の陽気な一面をみることで、新入社員の女性はキュンとしてしまい、不倫関係に発展しやすい状況になります。
また、企業によっては業務の一環として、新入社員が幹事になって、それを上司がサポートするという場合もあります。こういったタイミングで親密になり、不倫関係に発展することもあるようです。

お花見

こちらも新入社員歓迎会と同じように、お酒を飲んで開放的になるため、不倫関係に発展しやすいと言えます。また、桜色は恋愛を連想させるところもあるため、その雰囲気だけでいけない恋が始まってしまう人もいるようです。

ゴールデンウィーク明けは不倫の時期

ゴールデンウィーク明けは不倫が始まりやすい時期と言われており、最も注意すべき期間と言えます。その理由は以下の通りです。

  • 恋人がいる新入社員は入社してすぐに別れる傾向が強い(すれ違い、好きな人ができるなど)
  • 今まで出会ったことのない男性と巡り合ってしまったため
  • 自分自身を変えるため

新入社員は、これまでの学生生活から一転して社会生活に変わるため、その環境の変化からこれまでの恋人とうまくいかなくなることが多いようです。そのタイミングがゴールデンウィークであるということです。
また、そのタイミングで理想の男性となる既婚上司を見つけてしまうと、好きという感情だけで関係を始めてしまうようになります。
中にはこれまでの自分を変えるために、あえて危険な恋を始めようとする人もいるようです。

新入社員と不倫をしないための対策

既婚上司にとって、若くて可愛い年下新入社員は魅力的な存在です。しかし、安易に関係を持ってしまえば、夫婦だけでなく、上司と部下の関係も破綻してしまう可能性があります。
そこで、ここでは、新入社員の女性と不倫しないための対策をご紹介したいと思います。

上司と部下という関係を明確にする

若くて年下の女性が可愛いと感じる男性は多いかと思います。しかし、職場ではそういった感情がきっかけで、仕事に悪影響を与えてしまう可能性もあります。
あくまでも上司と部下という関係性であることを理解し、異性ではなく、人と人の信頼関係を持つように心がけましょう。上司の立場を利用して部下に言い寄る行為は、男性として「カッコ悪い行為」と自分を戒めておくといいかもしれません。

新入社員の誘惑はしっかり断る

男性上司が気をつけていても、女性社員から交際を迫られる状況になることもあるでしょう。そういった場合には、既婚していることを伝え、しっかりと断るように心がけてください。ここで曖昧な返事をしたり、中途半端な対応をとると、逆恨みされてしまい、男性上司を陥れるような行為に発展する可能性もあります。
誘いが頻繁にある場合は、同僚や上司に相談して対応してもらうのも良いかもしれません。

まとめ

今回は新入社員と既婚上司の不倫について、その理由と対策を解説させていただきました。今回の記事をまとめると以下のようなことが言えます。

  • 新入女性社員は年下で可愛く、男性が恋をしやすい
  • 女性社員と不倫に発展しやすいイベントが目白押し
  • 不倫をしないためには「関係性を明確にする」「しっかり断る」ことが大切

年下の部下と既婚男性の恋愛というのは、プライベートではまず起きない刺激のあるイベントです。そのため、誰もがその魅力に取り憑かれてしまい、ついつい悪い方向に進んでしまいがちです。しかし、その先には大きな代償が待っており、ちょっとした火遊びによって全てを失う可能性もあります。
どうして不倫をしてしまいやすいのかを理解し、最悪の事態にならないよう気をつけるようにしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn