証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の服装とは!どんな服装をしているの?特徴やポイントを解説

探偵の服装と言えば、どんな服装が思い浮かびますか。例えば、映画やドラマでおなじみの名探偵シャーロック・ホームズが着ているハンティング帽子にコート姿などが挙げられます。実際のところ、探偵はどんな服装をしているのでしょうか。事件や問題について調査をするときの服装について、いつもどうしているのかが気になるところです。こちらでは探偵の服装について、どんな服装をしているのかその特徴やポイントについてご紹介します。調査を依頼するときの参考にしてみてください。

探偵の服装とは

探偵の服装は、ダークなスーツやトレンチコートなど、ファッショナブルなイメージを持つ人もいるかもしれません。探偵だから何かに変装して調査をしていることも考えられます。本物の探偵ならではのバリエーションに飛んだ服装は、想像するだけでも楽しくなります。探偵の服装について、よく考えたことがないという方もいるかもしれません。こちらでは、探偵がいつもどのような服装をしているのか、探偵に依頼するということを意識しながら、探偵の服装について考えてみましょう。

探偵の服装は自由

探偵業界には決まった制服というものはありません。探偵の服装は自由です。どんな服装で調査するのか気になりますが、実際はシーンや状況にあわせて探偵として服装に気をつけており、使い分けています。リトルグレイマンという言葉がありますが、これはスパイを表す隠語です。小さい灰色の男という意味で、人の印象に残りにくい姿を表現していますが、それこそが理想の探偵像であると言われています。

探偵の普段の服装は

普段の服装ですが、依頼者と会うときには基本的にスーツ姿がほとんどです。お客様へのマナーとして失礼のないような服装で対応しています。依頼者が安心して仕事を任せられるような服装でなければ、仕事も取れないでしょう。服装が自由とはいえ、初対面の際にカジュアル過ぎる服装の場合は、相手に不信感を抱かせます。普段の服装は、依頼者に好印象を与えるきちんとした身だしなみで対応しています。

探偵の調査中の服装とは?

探偵が実際に調査をするときの服装は、普段よりも自然な服装になるのがポイント。おしゃれな洋服やコーディネートを気にするよりも、目立つことなく周囲に溶け込む必要があります。探偵は、調査場所によってその日の服装を変えています。例えば、前日はオフィス街であっても翌日は住宅街など、とにかく調査場所は変化。あえて作業着や制服を着る場面もあるなど、探偵はそのたびに服装に注意をはらいます。

住宅街での調査

住宅街では、朝・夜であれば出社や帰宅をするサラリーマンを装って、スーツ姿で歩いていても不思議はありません。しかし、日中にスーツ姿でウロウロすればかえって目立ってしまうため、近所にいる住人のような服装にチェンジし、調査を行うことがあります。あえてサンダルやジャージ姿で歩くことで、その場になじむ服装で工夫をしています。

オフィス街での調査

オフィス街での調査は、スーツ姿が多いようです。できれば無地のダークスーツを着用し、縦縞などの柄物は避けます。ネクタイでオシャレ感を調節しながら、街で働いているかのように溶け込みます。スポーティすぎず、フォーマルすぎずのさじ加減も大切です。最近は私服で仕事をする会社もあるため、そのような場所では、私服で尾行することも。会社帰りの尾行にはスーツを着用することが多いでしょう。

繁華街やデートの場所での調査

探偵の服装で難しいとされるのが繁華街の調査時の場合です。地味な服装はかえって目立ちますし、おしゃれでは印象に残ってしまうため、服装はほどほどでおしゃれではないというレベルで考えます。また、遊園地や公園などのデート場所では、私服に近い服装で尾行を行うことも。家族連れが集う場所ではスーツではなく父兄のような服装や、カップルと一緒にいても違和感のない服装を選びます。

業務中の服装のポイント

調査中の服装のポイントは以下のとおりです。

  • 夜間では暗色系の服装で
  • モノトーンのファッションや個性的なコーディネートは避ける
  • スニーカーを履くなど靴にこだわる

探偵が調査を行うときの服装ですが、夜間に行う場合は、目立たない暗色系を選ぶことが優先です。白よりも黒、ベージュよりもグレーを選びます。一方、日中では単色やモノトーンのファッションは、周囲から浮いてしまうため避けることが多いようです。おしゃれに見えるとかえって印象に残りやすいため、なるべく注目されない服装を心がけています。

また、尾行がばれないように、足音に気配りも。靴底が裏ゴムなど足音のしにくい靴を履いています。特別な服装でなければスニーカーを履くことが多く、もちろんシンプルなデザインで動きやすいものを選ぶことが多いでしょう。

調査中バレないためのアイテムは以下のとおりです。

  • メガネ・サングラス
  • ヘッドフォン
  • 着脱しやすい上着

探偵の仕事でもある張り込みや尾行などは、調査が長時間になるため、同じ服装では怪しまれることもあります。その場合には、小物などのアイテムを身に着けることで印象をガラリと変えることができます。メガネやサングラスは、顔の印象を変えることが可能です。ヘッドフォンは、カジュアルな服装にぴったりのアイテム。首にかけるだけで服装の雰囲気が変わるので取り入れやすいでしょう。着脱しやすい上着は、服装で印象を変えるときに重宝します。

まとめ

こちらの記事では、探偵の服装について解説しました。探偵の服装は、その場所に適したものであること、周囲に溶け込むように目立たないようにすることが大切です。制服や正式なものはなく、実は自由であるということもわかりました。探偵は、特徴が無いのが探偵の特徴で、身だしなみは人一倍気をつけなければならない職業です。

そのため、依頼する前に、探偵の服装について把握しておくのも大切です。どんな問題でも探偵に頼ればいいというわけではありませんが、事件性の有無に関係なしっかりと調査ができる探偵でしかできないこともあります。身だしなみをしっかり整えている探偵にぜひ一度ご相談ください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn