証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

美容室が興信所に競合他社調査を依頼するのはなぜ?調査で得られる情報とは

競合他社の存在に悩んでいる美容室の中には、競合他社について知りたいこともあるのではないでしょうか。競合他社の情報を調査したいのであれば、興信所に競合他社調査を依頼するのがおすすめです。訓練された調査員がさまざまな視点で調査を行なうので、競合他社との優位性などを把握できます。ここでは、美容室が競合他社調査を依頼する理由、調査で得られる情報について解説します。競合他社に悩んでいる美容室は、ぜひ参考にしてください。

競合他社調査を依頼する理由

美容室が興信所に競合他社調査を依頼するのは、他社の提供するサービスの強みや弱みを把握して、自社との比較を行なうためです。調査で得られた情報を精査して自社のサービスと照合することで、今後の改善点や課題を明るみにすることができます。競合他社に関する情報が判明する調査において依頼する理由は主に2つあります。

  • 売上の改善を図る
  • 競合優位性の明確化

それぞれ説明しますね。

売上の改善を図る

自社の売上が伸び悩んでいる場合、競合他社の情報を調査することで売上の改善を図れます。売上が低迷しているのは競合他社の存在による影響があり、既存顧客が流出している可能性を考慮しなければなりません。競合他社の提供しているサービスが判明すれば、自社に欠けている部分を把握できます。自社に欠けている部分を競合他社と同水準まで引き延ばすことで、売上の改善を図ることが可能です。美容室の売上の改善を図るためには、調査で得られた情報を基にして他社との差別化を図るようにしましょう。

競合優位性の明確化

美容室が競合他社調査を依頼するのは、新規出店時に競合優位性を明確にしたいからだといえます。新規出店時に競合他社よりも優位性が無ければ、同じエリアで出店しても生き残ることは難しく勝機は少ないといえるでしょう。美容室が新規出店で生き残るためには、競合他社に対して優位性を明確にしなければなりません。優位性を明確にするにはインターネットや雑誌による表面的な情報だけではなく、実際のサービスや美容師の技術などの内面的な情報も必要です。これらの情報を入手するには、興信所に競合他社調査を依頼するのが得策だといえます。

競合他社調査を依頼するメリット

ここでは、競合他社調査を依頼する3つのメリットについて説明します。

  • 精度の高い情報が得られる
  • トラブルになりにくい
  • 戦略の立て直しが図れる

それぞれ説明しますね。

精度の高い情報が得られる

興信所の調査員は調査に関する訓練を受けていることがほとんどであり、客観的な視点での調査を期待できます。美容師の技術やサービスに主観による好みが発生することで、精度の高い情報が得られません。競合他社調査は訓練された調査員が競合他社によるサービスや技術を客観的に評価するので、精度の高い情報が得られます。

トラブルになりにくい

情報を探るために競合の美容室に伺うことで、変に勘繰られてしまいトラブルになることもあります。興信所の調査員であれば、一般の客として訪問して競合他社のサービスや技術を調査できます。同じ立地で美容室を営む上でトラブルにならないようにするためには、バレないように情報を探ることが重要です。競合他社調査であれば、トラブルを引き起こす可能性が低く、安心して競合他社の情報を入手できます。

戦略の立て直しが図れる

競合他社の客観的評価によって得られた情報を基にして、自社のサービスや商品の見直しを図ることができるので、自社の戦略の立て直しが図れます。興信所は今までの調査で培ってきたノウハウがあり、それらを活かすことで今後の営業戦略や従業員教育などの改善につながります。売上低迷の要因が不明な場合、戦略の立て直しによって売上回復につながることもあるでしょう。

競合他社調査で得られる情報

競合他社調査を依頼するメリットを理解したところで、実際に得られる情報について知りたいですよね。実際に得られる情報が判明していれば、手間や費用をかけてまで依頼する意義があるでしょう。美容室が競合他社調査によって得られる情報は3つです。

  • 来店する顧客層
  • 売上予測
  • 競合他社の詳細情報

それぞれ説明しますね。

来店する顧客層

競合他社の美容室に訪問することで、来店している顧客層を確認できます。実際にサービスを受けることになるので、競合他社のスタッフの年齢層や性別も判明します。スタッフによって来店する顧客層が変わることがあるため、来店する全体的な客層を把握することが可能です。同じ立地で美容室を営む上で、競合他社の顧客層を把握しておくことは重要です。新規出店で生き残り戦略を立てるためには、競合他社と被らない顧客層にするのも有効な手段です。

売上予測

実際に競合他社の美容室に訪問することで、店舗の広さや従業員数、設定価格などからおおよその売上を予測できます。店舗の広さや従業員によって収支は変動するので、競合他社の利益を予測することが可能です。競合他社の売上からさまざまな情報を推測することで、提供するサービスや価格を設定して競合優位性を出すことができます。訓練された興信所の調査員は独自のノウハウによって、競合他社の売上予測を立てられます。

競合他社の詳細情報

提供サービスや設定価格、定休日などの詳細情報を把握できるので、競合他社の美容室と差別化を図れます。提供していないサービスを提供し、定休日に営業することで競合他社が取りこぼしているお客さんを引き入れることが可能です。競合他社とは異なる部分を打ち出すことで優位性になり、顧客獲得につながることもあります。インターネットや雑誌では紹介しきれていないサービスなどもあるので、競合他社調査を依頼することで判明するサービスもあります。

まとめ

美容室が興信所に競合他社調査を依頼するのは売上の改善を図り、他社との競合優位性を明確にしたいからです。競合他社の情報が判明していれば、優位性を見出すことができ、自社の売上にも活かすことができます。興信所は訓練された調査員によって競合他社の情報を調べるので、精度が高い競合他社の情報を入手可能です。競合他社調査であればトラブルになりにくく、入手した情報によって自社の営業戦略を立て直すこともできます。調査によって競合他社の顧客層や売上予測も判明するので、自社の新規出店時には有益な情報になり得るでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn