証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査には何人必要?探偵調査員の適正人数とは

探偵調査にとって、調査員の人数は「調査失敗」の原因になってしまうこともあるため、調査に対して適切な人数で調査を行うことは重要なポイントとなっています。しかし、調査員の数は探偵によって異なる場合があるため、人によっては「調査費用の嵩ましでは?」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
そこで、今回の記事では、浮気調査における探偵調査員の適正人数と、調査員が増減した時のメリット、デメリットなどについても解説していきたいと思います。

浮気調査は2〜3人で行われることが基本

浮気調査では、基本的に2〜3名ほどの調査員で調査を行うことが多く、調査環境や車両の追加などによって調査員の増員、減員を行います。

徒歩(公共機関)尾行による浮気調査の場合

調査対象者が徒歩、電車、バスといった公共機関による移動しかしないという場合であれば、調査は2名程度で行うことが可能です。ただし、大きな駅などで複数の出入り口があるような場所を利用している場合は、出入り口に応じた人数の調査員が必要になり、場合によっては大規模な増員が行われることもあります。
また、あらかじめ対象者の行動が決まっている、浮気相手を既に把握しているという場合には、一人で調査を行うところもあるようです。

バイク、車などの車両による浮気調査の場合

対象者がタクシーや車、バイクなどを利用して移動している場合は、車両に調査員2名、バイク一台に調査員一名の計3名で調査を行うことになります。車だけの調査では細い道や、見通しの悪い道路で対象者を見失ってしまう危険性もあるため、小回りのきくバイク調査員と連携して浮気調査を行うことになります。
車両側に2名配置される理由は、車両が停車できない場所や、歩行者専用道路などを利用された場合に、一人が徒歩による追跡を行い、もう一人は車両で待つ、または別の場所で待ち合わせするなどの連携を図るためです。
車両に調査員が一人の場合、車を停車して追跡すると駐車違反となったり、停車位置を探している間に対象者を見失ってしまうなどのリスクがあるため、車両側には二人以上の調査員が配置されています。

依頼人の希望や、調査状況によって調査人数は変わる

依頼人の中には、リスクよりも調査費用が安くなる方を選択したいという方もいらっしゃいます。そういった場合には調査員を意図的に減員して調査を行うというところもあるようです。
また、前述した通り、大きな駅や出口の多いショッピングモールなどで調査を行う場合には、通常よりも多い数の調査員で調査を行う場合もあります。

調査員が増減した場合のメリットとデメリット

調査状況や依頼人からの要望などによって、調査員を増減する場合があります。こうした場合にはどんなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

調査員が増減した場合のメリット

調査員が増えた場合

調査員が増えることで、単純に対象者を追跡できる人が増えるため、途中で対象者を見失ってしまったり、証拠写真を撮り逃すといった失敗が起きにくくなります。また、少人数では対応できない調査なども可能になるため、調査期間が短縮されたり、通常よりも有力な証拠が見つかる可能性も高まります。

調査員が減った場合

調査員を減らすことで調査費用を抑えることができます。通常の調査において、調査員を減らすということはほとんどありませんが、依頼者の要望や、調査員が少ないほうがスムーズに進むケースにおいては、調査員を減らすということもあるかもしれません。

調査員が増減した場合のデメリット

調査員が増えた場合

調査員が増えると調査費用が増大してしまうというデメリットがあります。調査員が一人増えることに人件費が嵩んでしまうため、調査費を抑えたいという場合は大きな出費になる可能性があります。
しかし、調査が確実になるというメリットがあるため、致し方ないという部分があるのが正直なところです。

調査員が減った場合

調査員が減ってしまうと、調査困難になってしまう可能性が高く、調査失敗になるリスクが増えてしまうという危険性があります。また、人数が少ないことで、調査にかかる時間が増えてしまい、結果的に調査結果が出るまでに余計な出費が発生するということも考えられます。
万が一人数を減らすという状況になった場合は、どのようなリスクがあるのかを探偵事務所と話し合っておくようにしましょう。

調査員の人数が適正であるかを見極めるためには

現在、日本には数多くの探偵業者が存在しており、適正な価格で正確な調査結果を出してくる優良な探偵業者もいれば、費用を水増しして騙し取るような悪徳探偵業者も存在します。そこで、ここでは、探偵業者が適正な人数で調査を行なっているか確認する方法を解説していきたいと思います。

浮気調査は2〜3人が基本、それ以外の場合は状況を確認する

前述した通り、浮気調査では2〜3人の調査員で行われることが基本です。依頼する段階でこの人数を大幅に超えるような場合や、調査員1人で行うといった場合には、どのような調査をするのか、細かく探偵業者に確認するようにしましょう。
例えば、特に理由もなく5人以上で常時調査を行うという場合は、調査員の水増しによる悪徳請求の可能性も考えられます。
また、調査員が1人のような極端に少ない場合でも、裁判で利用できないような適当な調査結果や、嘘の報告でお金を騙し取られる可能性もあります。上記の理由から、調査員の人数に疑問を感じたら、しっかりと説明を受け、納得できないようであれば別の探偵業者に依頼するようにしてください。

格安で調査を請け負う探偵業者に注意

調査費用が極端に安いのに、調査員は適正人数で行うことを謳っている探偵は悪徳業者の可能性があります。記録上は数名での調査と偽り、実際は1人で行っているということも考えられるからです。
調査費用は、調査員が増えればその分増加していきます。悪徳業者に騙されないためにも、しっかりとした調査を行うにはそれなりの費用がかかる、ということを依頼者側も理解しておくことが大切です。

まとめ

今回は浮気調査における調査員の適正人数について解説させていただきました。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 浮気調査は2〜3人で行われることが基本
  • 調査員が増減する場合は、その理由と状況を確認しておく
  • 調査員が極端に多い場合、少ない場合は悪徳業者の可能性あり

探偵調査において、調査員の人数は調査の成功や失敗に直結しているため、むやみに増減することはできません。確実な証拠が欲しいという場合は、価格に騙されず、堅実な調査を行ってくれる探偵業者を選択するようにしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn