証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所で働くのに向いている人とはどのような人?性格やタイプについて検証

興信所はミステリアスで非現実的な場所というイメージがあります。守秘義務も多く、あらゆる人の相談事を聞いたり、悩みを解決するために証拠を見つけたりするという縁の下の力持ちとしてのイメージもあるでしょう。日々が刺激的でドキドキするような仕事内容と思われますが、実際は見えないところで苦労も多い仕事です。興信所で働くのに向いている人とはどうような人なのでしょうか。性格やタイプについて探ってみました。

興信所の仕事にはどのようなものがある?

興信所に勤めている人の仕事内容はいくつかあります。調査員はもちろん、一般の会社と同様に事務員もいます。また、依頼を相談してきた際に話を聞く、相談員やカウンセラーもいるようです。大きな興信所になると、営業活動や企画といった仕事に携わっている人もいます。

興信所によっては、細かな仕事分けをせずに、一人の人がいくつかの仕事を兼務していたり、依頼数が立て込んでいるときは、調査員として活動したりすることもあるようです。

調査員

真っ先に興信所の仕事として思い浮かべるのは調査員です。調査員は依頼があった案件について、ターゲットを尾行したり、張り込みをしたりして調査をします。ペアで活動することも多く、ターゲットを見失わないように常に集中力が求められる仕事です。興信所に寄せられる依頼は、調査員によって証拠集めをしたり、解決へと導かれたりすることになるので、大変責任のある仕事となっています。

事務員

一般的な会社と同じように事務員の仕事をする人もいます。電話対応をしたり、経理や雑用などをしたりして、調査員がスムーズに仕事ができるようにサポートする役目があります。パソコンやお客様対応などができることが必須となっており、依頼者が電話をかけてきたときに真っ先に対応するのが事務員であるため、興信所の第一印象が決まってしまうこともあるでしょう。

相談員・カウンセラー

興信所へは悩みを抱えた人が調査依頼をします。浮気調査や借金に関する調査などさまざまな悩みを抱えており、それらの相談に乗る仕事が相談員やカウンセラーと呼ばれる仕事です。依頼者が感情的になることもあり、上手に話を聞くことで、心を開いてくれるようにもっていかなければなりません。無料相談で訪れて、調査依頼するかどうかは相談員の対応にも掛かっているといえるでしょう。責任のある仕事であり、カウンセラーの資格取得をしている人や、経験のある人が望ましいといえるでしょう。

営業・企画

ある程度の規模の興信所になると、営業活動や企画などを行う広報活動も行われています。興信所の仕事内容は個人からの依頼だけではなく、企業からの依頼もあるからです。また、全国に支店のある興信所はメディアで取り上げられることもあるため、その際の対応などが行われます。

興信所勤務に向いている人のタイプとは?

興信所で働くのに向いている性格やタイプはあるのでしょうか。非常に特殊な仕事であるため、誰でもできる仕事ではありません。興信所の仕事のなかでも、主に調査員に向いているタイプについて紹介しましょう。

真面目なコツコツ型

調査員の仕事は本来地味な仕事です。ターゲットの尾行では正体がばれないようにし、張り込みでは同じ場所に何時間もいなければなりません。雨の日も暑い日も寒い日も行われます。このようなひとつの目標に対して地道な作業が続くため、真面目なコツコツ型の人が向いているといえます。

外見がごく一般的で目立たない

調査員はターゲットにばれないように尾行をしなければなりません。外見や背格好に特徴があるとばれやすく、仕事に支障をきたすでしょう。大勢のなかに紛れ込むことができる、ごく一般的な背格好で顔立ちに特徴がない人の方が向いています。顔はメガネやマスクなどで隠すこともできますが、背がとても高い、体重が重い場合はどうしても目立ってしまうといえるでしょう。

視力がよい

ターゲットに近づき過ぎると尾行や張り込みがばれてしまいます。遠くからでもターゲットが確認できるような視力のよさは重宝するといえるでしょう。メガネやコンタクトで矯正をして遠くがよく見える場合でも構いません。

カメラに詳しい

調査員は証拠を得るためにカメラを扱うことがよくあります。浮気調査では、ホテルに入る瞬間や浮気相手の自宅に入る様子を写真に撮ったりします。当然、カメラの扱いが上手な人の方が向いており、決定的瞬間が撮れなければ意味がありません。写真の技術力と操作方法の詳しさが求められます。

車やバイクの運転が得意

調査員は尾行する際にさまざまな交通手段を用います。ターゲットが車であれば、車で尾行することもありますし、あまり近づきすぎるわけにはいかないので、バイクを使って尾行することもあります。バイクといっても、二輪車に限定しておらず、宅配ピザが使用するようなバイクに乗ることもあります。免許は持っていても運転したことがないのであれば、練習が必要でしょう。

記憶力がある

調査をスムーズに運び、成功するためには小さな点と点をつなぎ線にしていかなければなりません。尾行や張り込みの際に気になったことや人の顔を覚えていることで、疑問点を解決することもできます。さまざまな調査で記憶力のよさは役に立つといえます。

交通機関や地理に詳しい

都会での調査の場合は電車を利用することも多く、自分が利用しない路線はよく分からないでは調査に影響します。また、地理に詳しいことで抜け道や推理を働かせることもできます。経験を重ねていくことで覚えることもありますが、最初から把握している人は戦力になれそうです。

モチベーションが高い

興信所では難易度の高い調査も多数依頼されています。調査が難しいと思われるようなケースもあり、その際にモチベーションの高さは調査の成功につながることもあります。頑張っても何も証拠が得られない日が続いたとしても、それを続けられるのはモチベーションの高さといえるでしょう。

このような人は興信所には向いていない

興信所の仕事に向いている人がいる一方で、向いていない人もいます。向いていない人として挙げられるのは、下記のような人です。

  • 派手な人
  • 集中力がない
  • 精神的に弱い
  • 頭の回転が悪い
  • 方向音痴

このような人は興信所で働くことは向いていないと思われます。

まとめ

興信所で働きたいという人は意外にも多く、かっこいい職業だと思われがちです。実際は、体力も精神力も求められる仕事であり、集中力や記憶力も必要でしょう。決して派手な仕事ではないため、覚悟をして働くことが求められます。調査員に向いていない場合でも、事務員や相談員などの仕事もあるので、興信所に勤務して違う方向から頑張ってみるのもおすすめです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn