証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

ラインで怪しいと思ったら興信所に話して調査の参考にしてもらおう

幅広い年齢層で使われている最もポピュラーなコミュニケーションツールとして知られているのがラインです。このラインのやり取りの内容は他人に見られたらマズいものなど、メッセージのやり取りの履歴が残っています。このラインのやり取りのメッセージを確認することができれば、それが証拠となって裁判でも依頼者が有利になることは、今までの判例を見ても役立つことが分かっています。

なぜラインでやり取りするのか?

今の時代は浮気や不倫など他人に知られたくない人とのやり取りをラインですることが多いです。証拠として残るものなのになぜラインでやり取りしてしまうのかを解説していきます。

手軽に使えるから

ラインは今の時代に欠かすことができないコミュニケーションツールです。面倒な設定などをすることなく、相手と容易にやり取りすることができるのでラインが使われる可能性があることを理解しておきましょう。

スマホで完結するから

ラインは手軽で容易に相手とやり取りできます。これは全てスマホで完結します。スマホなら出先でもラインを使って浮気・不倫相手とやり取りすることができます。知られたくない人に隠れてスマホで手軽にやり取りできるツールになります。

バレずにやり取りできる機能が充実している

ラインの機能は一見すると浮気相手とやり取りしているのを隠すことができます。例えば相手の名前を変更することができます。性別が分からないようなニックネームにすることもできます。パッと見で気づかないようにすれば浮気相手とやり取りをしていることがバレない期間が長くなります。

この他にもメッセージのやり取りをしたトーク履歴を消すことができますし、メッセージが来たことを知らせてくれる通知をオフにすることもできます。この他にもブロック機能で相手とのやり取りを完全に遮断することもできます。

このように一見すると浮気相手とのやり取りの証拠をうまく隠すことができる機能が充実していることが分かります。本来であればこれらの機能は怪しいトークの内容を隠すためのものではありません。しかしこの機能をうまく活用して証拠を隠すことができます。

ラインと関係しているかもしれない怪しい行動を抑えておこう

浮気相手とラインでやり取りをしていることをパートナーに見られたくないものです。そのため隠そうとしますがその行動があまりにも普段と違うと、他人にスマホを見られたくないと思いから行動を取ってしまいます。

常にスマホを持ち歩く

自宅の中でも常にスマホを持ち歩いているような行動が見られたら明らかに怪しいです。スマホを他人に見られたくない何かしらの理由がある可能性が高まります。浮気相手とのやり取りに便利なラインのトーク履歴を見られたくないから、常に自宅の中でも自分で持っている可能性もあります。

常にスマホを裏返して置くようになった

自宅のテーブルなどにスマホを置く際に、画面を下にして置いているときは、他人に見られたくない通知などがあるから隠したいという心理が働きます。設定変更しなければ、ラインから通知がきて文章の一部が表示されるからです。

もし常にスマホを裏返して置くようになったら、怪しいと思って行動をチェックしておきましょう。常に意識して行動を監視することで、さらに決定的な証拠を掴むことができてその内容を興信所に証拠として伝えることができます。

証拠として興信所に伝える

ちょっとでもスマホに関する怪しい行動が見られたら、それを細かくメモなどに記載して記録として残しておきましょう。ラインの内容をのぞき見することもできますが、既読になってしまうと他人が見たことがバレてしまいます。

そうなると怪しい行動を止めて証拠隠滅をする可能性もあるからこそ、下手に動いたりせずに怪しい行動があることを興信所に伝えるだけでも、十分事前情報として役立ちます。

無料相談で伝える

スマホをイジっている時間が多くなったり、自宅なのになぜかソワソワして落ち着かない様子が続くなど、ちょっとでも怪しいと思った対象者の情報を細かく興信所の無料相談時に伝えてください。

ラインでやり取りしている可能性が高いです。この情報と併せて行動情報も伝えてください。例えば残業することが多くなったり、休日出勤や一人で外出することが増えてきたなど、些細なことで構わないので伝えることが望ましいです。

情報を元に調査をしてくれる

興信所は依頼者からの事前情報がたくさんあれば調査がしやすいです。少しでも怪しいと思ったら小まめにメモなどを残し、その情報を興信所に伝えて調査をしてもらうことで、できる限り早く決定的な証拠を掴んでくれる可能性が高まります。

怪しいことをしていなければ自宅でスマホに関する怪しい行動を取らなくても良いわけなので、興信所にとって些細な情報でも依頼者から提供してもらえたら役立てることができます。

報告書にまとめてくれる

決定的な証拠を押さえてくれたところで調査が完了します。調査が終わったら分かった証拠を報告書にまとめてくれます。各興信所によって報告書の内容が変わってきます。あまりにも内容が薄い報告書だと裁判で浮気の証拠として認められない可能性があるので注意してください。

自分が調査の依頼をした興信所が十分な内容の調査報告書を出してくれるかどうかを事前に判断しなければいけません。せっかく証拠を掴んでも裁判所が証拠として認めてくれないと、その後の話の進展が止まってしまう可能性があります。

ラインでやり取りしている可能性があることを伝えたうえで調査をしてもらい、確実に証拠を掴んで質の高い裁判所も納得して認めてくれる調査報告書を提出してくれる興信所を選んでください。

まとめ

ラインのやり取りも決定的な証拠になります。だからこそターゲットが怪しい動きを見せたら興信所にその内容を伝えてしっかり証拠として掴んでもらうようにしてください。常にスマホを片時も離さないようなことが続くようであれば、ラインでやり取りをしているか、他人に見られたくない内容だったりする可能性が高いことを十分に理解してください。そうすることで決定的な証拠を掴むことができます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn