証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵事務所の個人事務所と大手の違いは?|探偵事務所の上手な選び方紹介!

探偵事務所には大きく分けて「個人事務所」と「大手探偵事務所」の2つがあります。
単純にどちらがいいというものではありませんが、それぞれに得手不得手があるでしょう。
例えばこの先、調査を依頼するか迷った時に、この違いを知っていることでどこに依頼するか決めやすくなるのでなないでしょうか。

この記事では、個人探偵事務所と大手事務所それぞれのメリットデメリットについて解説していきます。
合わせて探偵事務所を選ぶときのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

個人探偵事務所とは?

探偵事務所は個人で開業するのが比較的簡単なので、全国の探偵社の8割は個人で開業しているといわれています。
個人探偵事務所のメリット・デメリットは何があるのでしょうか。

ここからは、個人探偵事務所のメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

個人探偵事務所のメリット

個人探偵事務所のメリットは以下のものがあげられます。

  • 大手に比べ調査料が安い
  • 得意分野に特化して調査している
  • 大手では相談に乗ってもらえない内容もOKかも

個人探偵事務所は、規模の拡大を目指さず得意分野を中心に堅実な仕事をしているところも多くあります。
調査料金は大手に比べると安いところが多い傾向にあります。
また大手では受けられないような特殊な調査依頼を引き受けるのも、個人探偵事務所の強みと言えるでしょう。
担当者が直接調査することもあるので、リアルタイムで調査結果を教えてくれるなど融通が利くこともメリットの一つです。

個人探偵事務所のデメリット

個人探偵事務所のデメリットは以下のものがあげられます。

  • 事務所によって調査能力に差がある
  • アフターサービスやサポート不足の場合もある
  • 知名度が低いので少し不安

個人探偵事務所の多くは依頼が少ないので、普段は別の仕事をしていて依頼があった時に探偵業をする営業実態なことがほとんど。
開業するハードルが低いため、探偵のスキルはかなりの差があります。
調査料金に関して言えば大手からすれば比較的安い事務所が多い傾向にあるが、必ずしも安いとは言えません。
探偵事務所の調査料金の相場はあるものの、独自の料金設定をしている事務所や高い金額を要求する事務所が無いとは言い切れないでしょう。

大手探偵事務所とは?

大手探偵事務所とは文字通り、規模の大きな探偵事務所のことです。
規模の大きさに具体的な基準はありませんが、資金力があり広告費をかけ大々的に宣伝をしているところも多くあります。
ネットで「浮気調査」「探偵」「人探し」などで検索して上位に表示される事務所はほとんどが大手探偵事務所だと考えていいでしょう。

大手探偵事務所のメリット

大手探偵事務所のメリットは次のようなものがあげられます。

  • スタッフが豊富にいる
  • スタッフのレベルが高い
  • 設備や機材の質・量とも安定している

大手の事務所であれば実際に探偵業務を行う調査員以外にも、カウンセリングをする相談員またはカウンセラーも複数人いることが多いです。
そのため、急な案件にも対応しやすく、依頼者の希望があれば尾行や張り込みの人数を増やせます。

また、徹底した従業員教育と十分な経験を積んでおり、調査員を含めたスタッフも質の高い仕事をする人が多いです。

撮影機材などの設備の数も十分に揃えられていて、一年を通して質の高い調査能力を発揮してくれるでしょう。

たとえ繁忙期でも、必要なスタッフの用意ができているため、丁寧な調査ができるのが大手ならではの強みと言えます。

大手探偵事務所のデメリット

大手探偵事務所のデメリットは、調査料金が高いところもあるということです。
スタッフを充実させるために人件費を多くかけたり、広告費を多く使ったりと支出が大きい分、調査料金に含まれています。

ですが、全ての大手探偵事務所の料金が高いわけではありません。
調査料金を抑えている会社もあるので、実際に相談や依頼をする際はネットで確認しましょう。

探偵事務所を選ぶ7つのポイント

ここまで読んでわかっていただけたかと思うが、探偵事務所の良し悪しは大手だからとか個人だから大丈夫とか一概に決められません。
ですが、調査を依頼するならしっかりと仕事をしてくれる事務所に依頼したいはずです。
というわけでここからは、自分に合った探偵事務所を探すための7つのポイントについて紹介していきます。
探偵事務所を選ぶときの参考にしてください。

ポイント1:生活圏内に事務所や支店があるか

初めて相談に行くときなら、自宅や勤務先の近くに事務所があるかは気になるはずです。
探偵事務所の場所が生活圏外だと、もし小さい子どもがいると足を運びにくいものです。
訪問しなくても調査依頼はできるのですが、初回だけは相談員や調査員と直接顔を合わせて話をすることをおすすめします。
これは直接会って詳しい状況を伝えた方が効率的な調査計画を立てやすく、正確な調査料金の見積もりを出しやすいからです。
ですから「生活圏内に事務所や支店があるか」は、事務所選びのポイントになります。

ポイント2:創業何年か?

大手探偵事務所の中には創業何十年という老舗といえるような事務所もあります。
長く営業しているから良いわけではありませんが、営業してきた年数分の経験やノウハウは持っているでしょう。
個人探偵事務所の場合、売り上げが伸びてスタッフを増やし法人化することも。
なので歴史が浅い事務所が良くないというわけではありませんが、創業何年かも探偵事務所を選ぶポイントの一つになるでしょう。

ポイント3:スタッフの人数・事務所の規模

スタッフの人数=信頼度というわけではないが、人数が多い探偵事務所はそれなりに調査件数をこなしているという目安になります。
従業員数が多いところは、人材教育にも力を入れている事務所が多いです。
ただし、個人事務所の場合は少数精鋭をアピールしている場合もあるので、人数自体が事務所選びの決め手にはならないかもしれません。
浮気調査の繁忙期には人数が少ないと十分な調査ができず証拠が揃わないことも実際にあるので、この場合はスタッフの人数や事務所の規模も検討要素になるでしょう。
個人事務所が悪いとはいいませんが、大手探偵事務所の方が質の高い調査が期待できそうです。
ですから、スタッフの人数・事務所の規模は探偵事務所を選ぶポイントの一つと言えます。

ポイント4:設備や機材は充実しているか?

都市部は例外だが、郊外の尾行は車両を使うのが一般的です。一つの事務所で調査案件が重なることは少ないので、十分な設備を確保していれば尾行のクオリティは上がります。
例えば浮気調査において重要なのは、不貞の証拠と裁判で認められるラブホテルへの出入りをしている写真でしょう。
その際には、夜間でも鮮明に映像や画像が撮れる高性能カメラなどを持っていることも大切です。
ですから設備や機材が充実しているかは、探偵事務所を選ぶときのポイントになるでしょう。

ポイント5:調査成功率や顧客満足度は良いか?

調査成功率や顧客満足度も、探偵事務所を選ぶときの重要項目と言えるでしょう。
調査成功率や顧客満足度の両方が95%を超えている事務所もあり、利用した人のほぼ全員が満足していると言える数字です。
また解決実績の件数を参考に事務所を決めることもいいでしょう。大手の事務所であれば解決件数が数万件に達している事務所もあります。
だから調査成功率や顧客満足度は、探偵事務所選びのポイントになります。

ポイント6:調査料金は高いか?安いか?

調査料金は探偵事務所によってさまざまです。個人事務所の方が安い傾向にあると説明していますが、その金額についても、依頼者によって高い安いの感じ方に個人差があるでしょう。
とはいえ、安い料金でしっかり調査してくれる事務所を選ぶのが自然です。
業界最安値とうたって宣伝している探偵事務所もあるので、インターネットで検索してみるのもいいでしょう。
だから調査料金が高いか安いかは、探偵事務所を選ぶポイントの一つと言えるでしょう。

ポイント7:完全成功報酬や調査料後払いプランはあるか?

調査料金と同じく気になるのが、もし調査が不十分だったときの料金や、支払いを後払いにできるかといったことです。
ですが、これらの不安に対応している探偵事務所も存在します。
『相談料0円、調査費用1時間6,000円/一人。調査料後払い制』
『不貞の証拠が撮れなければ0円、完全成功報酬プラン』
などを用意している事務所があります。
このように依頼者の不安な気持ちに寄り添ってくれる事務所は好感が持てるでしょう。
ですから、完全成功報酬や調査料後払いプランがあるかは、探偵事務所を選ぶときのポイントになると言えます。

まとめ

ここまで読んでわかっていただけたと思いますが、一概に個人事務所がいい、大手探偵事務所が良いということはありません。
結局は、自分に合った事務所をインターネットで検索したり、口コミなどを参考にして探すしかないと言えます。
もし決められないというのであれば、無料相談してくれる事務所もあるので何社かピックアップして相談してみるのもいいでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn