証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

ストーカー被害を拡大しないために探偵に依頼をして証拠を掴もう

今女性が執拗に男性につきまとわれて危険行為の被害になってしまうストーカー被害が話題になることが増えています。注意をしてもつきまとうのがストーカーの恐ろしいところです。状況が酷くならないうちに対策を講じるために、探偵に依頼をしてきた人物を守るためにも、対象者の決定的な証拠を入手して報告書を元に警察と協力し合って自分の身の安全を守ることが望ましいです。

ストーカーの調査もしてくれる

好きな気持ちが強くなることで執拗につきまとったり拘束する行為に発展したり、異常な執着心で追いかけてしまいます。支配欲が強くなると加害者も自分の理性でコントロールできなくなり歯止めが効かなくなります。そうなると殺人事件に発展するなど、あらゆる行為がエスカレートしてしまう危険性があります。そうなる前に探偵に依頼をしてストーカーをしていることを証拠として掴み、早い段階で警察に被害届を出すことが求められます。

決定的な証拠を掴む

ストーカーの被害に悩まされている依頼者の相談内容に応じるために、どのような被害を受けているかしっかりと聞いたうえで調査計画を立ててくれます。ストーカー調査も対象者の行動を知るために張り込みや尾行などをして調査を実施します。

探偵は調査をしてストーカー被害を受けていることを確実なものにするための証拠を掴むことが求められます。どのタイミングで迷惑行為をしてくるか依頼者の相談内容を踏まえて調査を行っていきます。

どのような調査をしてくれるのか

ストーカー行為の有無を確認するために、探偵は尾行や張り込みをして依頼者に近づく様子や嫌がらせをするタイミングを記録に残してくれます。時には特殊な機材などを用いて調査をすることもあります。

普段どのような嫌がらせをしているかによって調査方法が異なります。盗聴器が仕掛けられている可能性があれば機器を探す対応もしてくれます。依頼者に被害を及ぼす可能性があればすぐに対応しなければいけません。

迅速に調査をして報告をまとめてくれる探偵に依頼をすることをおすすめします。また身の安全を確保することが求められるので、その対策の方法や警察に被害届を出すときなどのアドバイスをしてくれるストーカーの調査に長けている探偵に依頼をすることをおすすめします。

報告書を提出してくれる

探偵でストーカー調査をして決定的な証拠を掴んだらまとめて報告書を出してくれます。その内容を踏まえて警察に相談しなければいけません。ストーカーは時間が経過するにつれてエスカレートする傾向があります。

そうなる前に対策を講じる必要があるので、探偵がまとめてくれた調査報告書を基にして警察に相談し対応してもらうことが望ましいです。

ストーカー規制について

2000年に制定したストーカー規制法では、つきまとい等でストーカー行為とみなされると処罰の対象になります。その行為をしているかどうか探偵が調査をしてくれます。

どんな行為をしたらストーカーに該当するのか

探偵が調査をするポイントにもなりますが、ストーカーがどのような行為をしたら処罰されてしまうか、依頼者が事前に理解をしておいて損はありません。基本的につきまといの行為をしたらストーカー規制法に該当します。

つきまといだけでなく、待ち伏せしたり家まで押しかけたりするのもストーカー行為に該当します。この他にも被害者をずっと監視し続けたり、監視をして知った内容をメールや電話などで告げる行為もストーカーになります。

ストーカーだけでなく乱暴な行為や言動があってもストーカーに該当します。日頃から直接でも間接でも乱暴な扱いを受けて嫌な思いをしたら、その内容をしっかり探偵に報告することをおすすめします。

嫌な思いや恥ずかしい思いをさせる

被害者に対して嫌なことや恥ずかしい思いをさせるのも加害者がよくやる手口です。例えば被害者の名誉を傷つける行為をしたり、性的な羞恥心を害するような写真などを送りつけたりするのもストーカーの手口になります。

普段どのような嫌がらせを受けているか記録しておこう

ちょっとでも嫌な思いをしたら細かくノートなどに書いて記録しておきましょう。その内容が探偵が調査をしやすくします。何も手がかりが無い状態でストーカーの調査をしようとするとうまくいかないこともあります。

事前の情報が多ければ多いほど探偵も調査がしやすくなります。あまりにもひどいことをされてたら記録を残す前に探偵や警察に連絡をしたほうが良いです。しかし細かな情報を記録しておくことが役立つことを理解して置いて損はありません。

ストーカー規制法に照らし合わせて調査をしてくれる

探偵はストーカー行為が本当にあるのか証拠を掴むために調査をしてくれます。警察も多くの証拠を提示してくれたらストーカーされていると判断して対応してくれます。捜査が有利に働くためにしっかり調査をしてくれる探偵を選んだほうが良いです。探偵がまとめてくれた報告書を元にして警察に被害を受けていることを申し出ます。

犯人が逮捕されるまでの流れを理解する

ストーカーをしている決定的な証拠をまとめてもらったら警察に被害の申し出をします。警察は最初に警告を出します。被害者と近づかないようにと禁止命令を出してもらうことができます。それで加害者の気持ちが落ち着けば良いのですが、禁止命令を無視してさらに近づこうとする者もいます。

何度も禁止命令を出しているのに同じような行為を繰り返すようであれば逮捕される可能性が高くなります。すぐに警察に動いてもらうために探偵に調査をしてもらい報告書をまとめてもらったものを警察に提出できれば、思っている以上に加害者に対して対応してくれます。

まとめ

すぐに警察に相談するのも重要ですが、段階を踏んで探偵に確実な証拠を掴んでもらい、その報告書をまとめもらったものを警察に提出すると、理解が深まって的確に動いてくれる可能性が高まります。最後は警察に頼るしか方法がありません。しかしあらゆる対処をして準備をすれば被害を最小限に抑えることができます。その効果を実感するためにストーカー調査をしてくれる探偵を選んで依頼をしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn