証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

転職希望者のリファレンスチェックをする重要性を理解しよう

転職を考えている採用候補者の見極めは新卒以上に難しいものがあります。特に中途採用で募集する人材は即戦力になるかどうかの見極めが重要になります。書類選考をしたり筆記試験や面接で判断しなければいけません。特に転職希望の人材は職歴や資格や免許も重要な見極めポイントです。書類に記載されている内容と本人が喋る内容で判断しなければいけません。これだけ判断が難しい場合にリファレンスチェックを行うのが効果的です。

前職でどのような仕事をしてきたか理解しよう

新卒とは違い社会人としての経験がある転職希望者だからこそ、前職でどのような仕事をしてどのように評価されていたか気になるところです。即戦力になると期待して採用したのに全く使えない人材だと意味がありません。そうならないためにも前職でどのような仕事をしてきたか面接でしっかり確認してください。

面接で確認するべき項目

面接だけで転職希望者がどのような人物か分かりやすいチェック項目として、社会人としての礼儀やマナーが備わっているかを様々な質問をして探ってください。社会人としての礼儀やマナーは一般常識にも繋がっていきます。中途採用で1から社会人としてのマナーや一般常識を細かく指導する時間を短縮するために面接で確認してほしい項目です。

転職希望者はスーツを着て面接に臨むものですが、身だしなみに清潔感があるかも確認してください。特に営業職などお客様と直接関わる仕事だと不潔感が出てたらマイナスポイントです。容姿が良い悪いではなく、清潔感があるかどうかの判断も面接で行うことができます。

転職理由も確認する

なぜ転職をしてまで入社したいと思ったのかを確認することをおすすめします。前職で何か辞めなければいけない理由があると、入社後も同じ問題が発生する可能性もあります。何か問題があって仕事を辞めた場合、本人がトラブルメーカーだった可能性もあります。

なぜ転職を決意したのか、そしてこの会社に入りたいのかを様々な質問をして答えてもらった内容で判断するようにしてください。少しでも返答の内容に怪しいと感じるところがあればリファレンスチェックをして確認をしたほうが良いです。

資格やスキルを見極める

転職希望者を中途で採用する場合、その人が持っている資格やスキルで即戦力になるかどうかが決まります。新卒のように1から育てたり資格を取らせる時間と資金を省いて、会社の組織の一員として活躍してもらうことが求められます。

自分はこんな資格やスキルを持っているとアピールされてその内容を信用し、いざ採用してみたら所有していなかったということも実際にあります。もし少しでも怪しいと感じたらリファレンスチェックの際に保有する資格やスキルが合っているか確認してください。

人物像の本質は分かりづらい

書類選考や面接だけでは人物像の本質が分かりにくい部分もあります。そこはリファレンスチェックをしたときに詳しく確認するべき重要なポイントになります。これから一緒に働くことになる人物だからこそ外見だけでなく中身をしっかりチェックして採用するかどうか判断してください。

性格や考え方

面接だけでは判断しかねる部分が多いのが転職希望者の性格や考え方です。上辺だけで良いことを言っても性格や考え方の本質を見抜くことが難しいです。このような問題を解決するためにリファレンスチェックをします。

採用して仕事をしてもらうときに支障が出ないかどうか判断してください。性格が悪かったり考え方が捻くれているとトラブルの原因にもなります。他の社員にも迷惑をかけてしまう可能性があるので注意しなければいけない確認項目です。

価値観や熱意

仕事への捉え方をどのように思っているのか面接だけでは判断が難しい可能性があります。本当にその人が思っている仕事に対する熱意や共有できる価値観がある人物なのかどうかリファレンスチェックで確認をして判断してください。

価値観が違えば仕事で考え方のズレが生じてしまいます。熱意が無ければまたすぐに離職する可能性もあります。面接だけで価値観が合っている、熱意があると判断しても入社後は別人のように全く使えない人物だったということもあります。そうならないためにもリファレンスチェックで価値観の考え方や熱意がある人物かどうか判断してください。

転職希望者を見極めるのは難しい

即戦力として働いてほしいという思いに合致する人材を採用するのは簡単ではありません。なぜ前職を辞めたのかその理由が入社後に大きく影響してくることもあるからです。確実に求めている人材を採用したいなら、書類や試験や面接などで判断することなく、リファレンスチェックをしてどのような人物像か見極めてください。

理想の人物像

面接の内容とリファレンスチェックの返答結果を踏まえて、仕事に対して熱意があり仲間と一緒に困難を乗り越えられると判断した人材を採用してください。よく嘘をついたり自分を大きく見せようとしたり、他人のことを考えず自分だけ良いように行動してしまうような人材は採用しないほうが望ましいです。

いくら資格やスキルがあったとしてもネガティブ要素が多ければ人間的に問題がある可能性が高いです。この見えない部分をリファレンスチェックすることで本当の人物像が見えてきます。

確実に採用しよう

なぜ転職をしたいのか掘り下げていくことが求められます。前職で何か原因があったから転職するのか、それとも熱意があり自分を成長させたいために転職するのか、色々な事情や考え方があって面接を受けに来ています。

確実に求めている人材を採用するなら、じっくりと焦らずにリファレンスチェックもして、本当の人物像を見極めて候補者を絞り込んでください。

まとめ

転職したいという思いが強いと提出された履歴書や職務経歴書などに事実と異なる情報を記入して自分のことを良く見てもらおうと欺く行為をする人もいます。その内容を信じて採用したら全く即戦力にならないということもあります。このような問題に発展しないためにも嘘偽りのない本当の人物像を知るためにリファレンスチェックをして判断することも重要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn