証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

リファレンスチェックはどんな人にお願いすべき?注意点も解説

外資系企業では、転職者の採用方法の一つにリファレンスチェックを用いる場合があります。リファレンスチェックは、候補者の現職場や前の職場での仕事ぶりなどをチェックする方法です。その際には、職場の関係者にお願いして、リファレンスチェックに応じてもらいます。どんな人にお願いすべきか迷う方も少なくないはず。この記事では、お願いすべき人について、考えてみます。

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、信用調査のようなものです。転職希望者の履歴書の正しさ、現在の職場や前の職場での仕事ぶりなどをチェックします。その際、転職希望者は、仕事関係者に協力をお願いしなければいけません。

信用調査に似ている

リファレンスチェックは、転職希望者に対する信用調査と似ています。転職希望者の履歴書の記載に間違えはないか、現職や前職で、どのような仕事をこなしていたか、周囲から信頼されていたかなどを調査します。

その際は、調査することを本人にきちんと伝え、了承を得ます。

関係者にお願いして証言してもらう

採用を検討する企業は、転職希望者の現職場や前職場の関係者に、その人が在職していたのは確かであるか、仕事ぶりはどうであったか教えてもらいます。または企業が頼んだ第三機関がリファレンスチェックを行う場合もあります。

証言してもらう関係者は、転職希望者が選択することが多いです。

リファレンスチェックの確認事項

リファレンスチェックの一般的な確認事項を挙げてみます。

  • 転職希望者とはどんな関係か?
  • 転職希望者と一緒に働いた期間や仕事の内容
  • 転職希望者の仕事ぶりをどう思うか
  • 転職希望者はどんな仕事に向いていると感じるか
  • 転職希望者が苦手とするのはどんな分野か
  • 転職希望者のコミュニケーション能力をどう思うか
  • 転職希望者が貴社に残した業績はどんなものがあるか
  • 転職希望者に再び仕事をしてもらいたいと思うか

リファレンスチェックをお願いしたいのはどんな立場の人?

リファレンスチェックをお願いするのは、どんな立場の人が良いものでしょうか。よくあるケースは、現職や前職の上司や先輩、同僚です。それぞれについて、詳しく解説します。

上司

現職や前職の上司に頼むのは、望ましい選択です。上司が答えてくれるということは、それだけ信頼が厚いからです。転職希望の企業に良い印象を与えます。

しかし、現職の上司には頼みにくい場合もあります。考えられるのは、転職活動をしていることを知られたくない、上司に転職を反対されているといった理由です。そんなケースの場合は、前職や前々職の上司に頼むのも一つの案です。

先輩社員

現職や前職の先輩社員にお願いするのも良い選択です。先輩が答えてくれるのも、ポイントが高いです。上司とは異なる目で、転職希望者の人柄を見ています。

しかし、先輩の場合も上司同様、頼めない場合もあります。転職活動について話していないので、知られると気まずい、引き止められている最中である場合などが考えられます。または、後輩の将来を決めるようになるリファレンスチェックを受けるのは気が重いと言われるかもしれません。

同僚

同僚にお願いすることも考えられます。同僚の場合は、上司や先輩とは異なる部分を知っているので、採用を考える企業にとって良い参考になります。また、転職希望者としても、上司や先輩よりは頼みやすい存在のはずです。

たいていの同僚は、事情を話せば、引き受けてくれると思われます。今度は、逆の立場になるかもしれないと考えて引き受けてくれる人もいるかもしれません。ただ、仕事が忙しく時間が取れないなどの理由で断られることもあります。その際は、無理強いはできないので、前職や前々職の同僚に頼んでみるのも良い方法です。

リファレンスチェックをお願いする場合の注意点

上司や先輩、同僚などにリファレンスチェックをお願いする場合の注意点です。丁寧にお願いする、終了後すぐにお礼する、お願いした人と打ち合わせをするといったことです。

丁寧にお願いする

リファレンスチェックのお願いは、上司や先輩はもちろん、仲の良い同僚であっても、丁寧にお願いすべきです。親しき仲に礼儀ありという言葉を思い出してみてください。

相手は忙しい業務の間に、転職希望の会社からの質問に答えなければなりません。質問は電話やメールということが多いです。いずれにしても、かなり時間を取られることが考えられます。それを踏まえて丁寧にお願いしましょう。

引き受けてもらったら終了後すぐにお礼する

仮に上司や先輩、同僚が引き受けてくれたら、きちんとお礼すべきです。リファレンスチェック後、時間を置かずにすぐに行いたいものです。

お礼は電話で、直接伝えることをおすすめします。相手に感謝の気持ちが伝わるはずです。ただし、時間が取れないなど、事情がある場合は、メールでもだいじょうぶです。その際は、丁寧にお礼の気持ちを述べるようにしましょう。何か物を渡したいと思うのであれば、菓子折りなど、相手が負担に思わない程度のものを渡すのも感謝の気持ちを伝えるのに良いでしょう。

お願いした人と打ち合わせをする

転職希望者が、第三者にリファレンスチェックをお願いした場合、その人とは、念入りに打ち合わせをした方が良いです。相手の企業に良い部分を言ってほしいというのではなく、ありのままを正しく伝えてもらうためです。

成功談でも、失敗談でも、お互いに思い違いをしていることがあります。それをそのまま、相手の企業に伝えてしまうと、うまく伝わらない可能性があるので、要注意です。そうならないためには、直接会うか、電話で話すといった手段で、打ち合わせをしましょう。

まとめ

転職希望者の現在や過去の仕事ぶりをチェックするために、リファレンスチェックを採用する企業があります。その際、転職希望者は、リファレンスチェックに協力してくれる人をお願いしなければなりません。

たいていは、現職や前職の上司や先輩、同僚にお願いするものです。お願いする際は、どんなに親しい仲の人でも丁寧に頼むことをおすすめします。そして、終了後はすぐにお礼して感謝の気持ちを表しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn