証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

オンラインでリファレンスチェックをするメリットを理解しよう!

リファレンスチェックはオンラインで対応してもらうことができます。余計な時間を削減することができますし、すぐにメールなどで報告を受けることで、時間をかけずに対応してもらうことができます。調査内容は今までのものと大きく変わるようなことはありません。採用候補者の人物像をしっかりと見極めてくれますし、経歴詐称や反社との関りが無いかどうかもしっかりとオンラインのリファレンスチェックで対応してくれます。

オンラインでリファレンスチェックを行う

中途採用は新卒採用とは違った内定者候補選びの難しさがあります。社会経験がある人を採用するということは即戦力になってほしい、最初から経験やスキルを活かしてほしいなど、採用候補者に求める内容も変わってきます。筆記試験や面接だけでは採用候補者の人物像の本質を把握することができない場合もあります。このような問題を解決するために行われるのがリファレンスチェックで、今はオンラインで全てのサービスを完結させることができてとても便利です。

今までは電話などで対応してもらうことが多かった

採用調査などとも言われているリファレンスチェックをする企業はありました。今までは関係者などに電話で問い合わせることが多かったです。電話での対応をしてもらうと相手に時間を取らせてしまうことになり断られることもありました。さらに書類に記入してもらうこともあって、リファレンスチェックを嫌がるケースもありました。

対象者の勤務状況や人物像を知るために電話で確認をしていた作業が、今はオンラインで対応してもらうことができるようになっています。求職者の了解を得てから実施することになりますが、オンラインだと余計な作業が削減することもできて、スムーズにチェックを進めることができるメリットがあります。

オンラインを利用するメリット

リファレンスチェックをオンラインで行うメリットは、調査を依頼される側の都合に合わせていつでもチェック項目に対して対応することができます。電話で調査をするときは双方の都合が良いタイミングで連絡を取り合う必要があります。

しかしオンラインを利用することで、チェック項目がまとめられているデータを送っておくだけで、先方の都合が良いときにリファレンスチェックをしてもらうことができます。これは確実性が高まりますし、時間があるときにじっくりとチェック項目に向き合えるメリットもあります。

オンラインでリファレンスチェックをする目的とは?

中途採用の候補者を選抜する際に利用することが多いオンラインを活用したリファレンスチェックを行う目的は何か理解する必要があります。採用後に失敗だったと嘆くことが無いように目的をしっかり考慮してリファレンスチェックを実施してください。

ミスマッチが起こらないようにするため

オンラインでのリファレンスチェックをする目的として重要なのが、採用後のミスマッチを防ぐことが挙げられます。面接では入社後の活躍に期待できると判断して採用したのに、いざ仕事をさせてみると全く使い物にならないというようなミスマッチが起こることがあります。

そうならないためにも面接の内容が本当なのかどうか、企業が求める必要な人材に合致するかどうか確認するためにオンラインでリファレンスチェックをすることで、ミスマッチを防ぐことができます。

理解できない部分を確認するために実施する

候補者が本当にことを言っているかどうか判断しかねる部分があっても、それを信用して採用してしまったばかりにミスマッチに繋がってしまう可能性があります。そのような問題を解決するために、リファレンスチェックをして確認することもできます。

面接時に話していたことが本当であれば信用度が増します。しかし明らかに本人が話している内容とチェックした内容が違うと判断した場合には、その内容が候補者にとって都合の悪いことで何か隠したいという思いもあって本当のことを話さなかった可能性があります。

オンラインのリファレンスチェックはいつ実施するのか?

全てのWEB上で完結させることができるオンラインのリファレンスチェックは、最終面接が終わって採用する人物の最後の選考が決定される直前に実施するのが望ましいです。候補者の絞り込みが終わっていないうちにリファレンスチェックをすると不発に終わってしまう可能性もあります。

内定決定後に実施されることもある

リファレンスチェックをどのように捉えるかによって実施するタイミングが異なります。企業によっては内定が決定した後に、改めて人物像を確認するためにオンラインでリファレンスチェックを実施することもあります。

これは採用後にどのような業務に就かせることで即戦力として働いてくれるか見極めるために調査をするケースです。特に中途採用はすぐ力になってほしいと思っている企業が圧倒的に多いです。採用するかどうか判断するためのチェックではなく、候補者の性格や保持する資格、今までの経験を踏まえたスキルや経験なども十分に考慮して配属先を決めたいときに有効的です。

いろいろな活用方法があることを理解しよう

とても便利なオンラインを活用したリファレンスチェックは、採用候補者として適しているか判断するためだけに行うものではなく、採用後に本当の適性や性格や人物像を活かして仕事をしてもらうための判断材料として活用することもできます。

今までの面倒な手続きが多かったアナログの方法と比べて導入しやすくなった強みもあります。オンラインを利用するので先方にも理解してもらえる可能性が高まります。これらのメリットを活かしてリファレンスチェックができるので、いろいろな活用方法があることを理解して導入することをおすすめします。

まとめ

採用候補者の最後の見極めとして重要なリファレンスチェックは煩雑な手続きも多かったです。しかし今の時代はオンラインで申し込みをして報告までしてもらえるので、全ての内容をインターネットで受けることができるメリットがあります。従来のリファレンスチェックと遜色ない内容で対応してもらうことができるので、これからはオンラインサービスを活用して採用候補者の見極めを行うことをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn