証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

人気のSaaS業界へ転職したい!探偵によるリファレンスチェックをおすすめするワケ

現在転職市場で需要が増えているのがSaaS業界です。コロナ渦でビジネスの構造が変化しているなか、SaaSはその時流に乗った形で業績を伸ばしています。そんな業界ですので、需要も供給も増えているのですが、SaaS業界について良く分からないといった声も多くあります。ここではSaaS業界と転職についてご説明しています。
転職先の候補のひとつとして考慮されているかも多いと思います。ぜひこの記事をお読みいただき、SaaS業界への転職の一助としていただけると嬉しいです。

SaaSとは?その業務内容について

SaaSはネット社会では身近なサービスである

SaaSは「Software as a Service」の略です。読み方は「サース」と呼びます。インターネットを介して提供されるソフトウェアやソフトウェアを提供するサービスを総称したものです。通常PC上でソフトウェアを使う場合は、インターネットなどからソフトウェアをダウンロードしPC内にインストールして使うのが一般的でした。SaaSで提供されるソフトウェアはブラウザなどを通じて使用する形を取っています。PC内にインストールすることなく使えるソフトウェアは多く、現在はSaaSと知らずに使っているものも多いのです。

代表的なSaaSとは?

代表的なものとしてはGoogleの「Gmail」やMicrosoftの「Office365」があげられます。実際にお使いになっている方も多いでしょう。メールソフトやビジネス向けソフトをインターネット上で使用しています。またWeb会議ツールとして一般化した「Zoom」もSaaSにあたります。無料で使えるものが多いですがい、一部機能の制限や使用可能容量の上限が設定されており、一定の金額を支払うことでそれを解除することができるようになっています。コロナ渦で一気に加速した「サブスクリプション型」のビジネスとして、需要が伸びているのです。

SaaS業界に求められる人材

転職市場でもSaaS業界の需要は増加している

昨今需要が伸びているSaaS業界ですが、転職市場でもその需要が伸びています。現在業績拡大のためどの企業でも新しい人材を求めており、中途採用においても多くの採用を希望する企業が増えています。また業界規模が拡大していることもあり、転職希望者から見てもSaaS業界は非常に有望だとみられています。非常に注目を浴びている業界と言えます。

SaaS業界で求めているのは「お客様とともに継続したサービスのできる」人

SaaS業界で特に求められるのは「営業」と「エンジニア」です。SaaSの提供するソフトウェアは一度提供したら終わりというものではありません。お客様に継続して使用してもらうことが利益を上げるうえで重要になります。新規格とはもちろん大事ですが、お客様に長くサービスを利用してもらうことを第一に考えられるというのがポイントになります。そのため営業でもエンジニアでも「よりよいサービスを提供する」ということを第一に考えられるという人材が必要なのです。逆に「短期間に利益を上げたい」「顧客それぞれにカスタマイズしたサービスを提供したい」と考える人は向かない業界であるともいえます。

採用時におけるリファレンスチェック

SaaS業界は転職しても離職率が高い

今までご説明したように、転職先としてIT業界の中でもSaaS業界は非常に注目されており、転職希望者も多いです。業務拡大に伴い求人も多いので、転職しやすいといえます。しかしながら、実は転職したものの離職率が高いのもこの業界です。実際転職したものの退職してしまう人が多いです。

人材のミスマッチはこうやって起きる

原因としては「思ったほど稼げる業界ではない」「やりがいを見いだせない」という声が多くあります。SaaSで提供されるソフトウェアは短期的に利益が出づらいので、転職したとたん稼げるというわけではありません。また、長期的なサービス継続を目指していることもあり「やりがい」が分かりづらいという側面もあります。人材のミスマッチが起きやすいのもこの業界の特徴といえるかもしれません。

探偵によるリファレンスチェック

中途採用におけるリファレンスチェック

採用活動において、人材のミスマッチを防ぐために行われるのがリファレンスチェックです。職務経歴書に書かれている前職の会社にコンタクトを取り、上司や同僚から業務内容や職場での様子をヒアリングすることで、履歴書に書かれていない実際の人物像を確認します。応募書類や面接結果などと合わせて判断することで、転職後のミスマッチによる離職を防ごうとするものです。海外の企業では一般的に行われていますが、日本でも外資系を中心に行われるようになりました。

探偵にリファレンスチェックを依頼するメリット

採用するにあたり重要なリファレンスチェックですが、自社で行うには注意が必要です。チェックの際には「本人の承諾」を得なければなりません。本人にチェックすることを知らせることで客観的な材料が得られない場合があります。承諾を得ずに調査を進めた場合は、個人情報保護法に抵触し違法となってしまう可能性があります。

探偵ならより公正な立場でリファレンスチェックが可能

自社でチェックする場合は、手順を間違えると違法行為になるおそれがあることはご説明しました。そこで企業ではリファレンスチェックに特化したサービスを利用することが増えています。違法行為などについて専門的な知識を持つ人たちに任せたほうが安心と考えられているようです。
また、探偵にリファレンスチェックを依頼する企業も増えています。探偵は第三者の視点で調査にはいりますので、非常に客観的な調査ができます。また、自社のスタッフが調査するよりも探偵という聞き込みのプロに任せた方がより前職の上司や同僚からより多くの情報を引き出すことができます。探偵にリファレンスチェックを依頼するメリットは非常に大きいのです。

まとめ

ここまでSaaS業界への転職事情と人材のミスマッチを防ぐためのリファレンスチェックについてご説明してきました。非常に有効なリファレンスチェックですが、企業が依頼するようなリファレンスチェックサービスは個人で依頼するには非常にハードルが高いものです。探偵であれば気軽に依頼することも可能ですし、転職活動の際に自分がどのような評価を職場で受けているのかを知るのは非常に有益といえます。探偵に依頼して自身のリファレンスチェックをし、転職活動に役立ててみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn