証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

勤務態度が良好かバックグラウンドチェックで調べて判断しよう

面接だけでは採用候補者の本当の姿を見抜くことができないかもしれません。採用してから使えない人材と分かってもそれは採用した側の責任があります。そうならないために筆記試験や面接だけでなく、バックグラウンドチェックをすることで本当に相応しい人材かどうかを判断することができます。今の時代はあらゆる方法で人材を採用して良いのか判断できますが、その1つとしてバックグラウンドチェックが注目されています。

バックグラウンドチェックで勤務態度を判断する

中途採用で人材を募集する際に利用している企業が多いバックグラウンドチェックは、採用候補者の今までの仕事に向き合う姿勢などを確認することができる背景調査の総称です。正しい方法でバックグラウンドチェックをすることは法律の観点から見ても許されています。嘘をついていないか、経歴を詐称していないかなど、筆記試験や面接では分からない採用候補者の人物像を知ることができます。

このチェック方法はアメリカでは当たり前のことで、多くの企業が採用候補者を見極めるためにバックグラウンドチェックをしていると言われています。昔と異なり今の時代は様々な情報を簡単に入手できるので、表面だけ良い人材だとアピールして試験や面接に臨む人がいます。

それを見抜いて採用する人材を決めるのが募集している企業の腕の見せ所です。もし採用候補者の本当の姿を見抜けないと後から大変な思いをしますし、既存の社員にも迷惑をかけてしまいます。一度採用すると簡単には解雇できないのが日本の企業の難しいところです。そのような問題を解決するためにバックグラウンドチェックで勤務態度を判断することが求められます。

勤務態度を見極めるのは難しい

採用候補者の面接をする際に、前職の勤務態度を見極めるのはとても難しいです。どのような勤務態度だったか質問をしても本人がネガティブな発言をするはずがありません。採用されたいという思いで全て良いように発言をするので、面接官や採用担当者も惑わされて正しい判断ができないことがあります。

このような問題を解決するためにバックグラウンドチェックで勤務態度を判断することが重要です。本人からではなく第三者から意見を聞くことで正しい判断ができます。前職で一緒に働いていた上司や同僚から本当の意見を聞くことで、採用候補者の本当の姿を知ることができます。

いくら面接時の筆記試験の点数が良くて面接時もしっかりと受け答えをして採用基準を満たしていたとしても、採用後に勤務態度が悪かったら全く意味がありません。勤務態度は前職から繰り返される可能性もあるからこそ、面接だけで勤務態度を見極めるのは難しいのでバックグラウンドチェックをしたほうが本当の採用候補者の人間性を見極めることができます。

採用候補者に何を求めるのか?

勤務態度が悪いことでどのような影響が出るのか採用する企業側でしっかり把握してください。中途採用だと何かしらの原因があって退職したかが気になるポイントです。退職した理由が勤務態度が大きく影響している可能性もあります。

採用してからその人材に何を求めるのか十分に理解して、早い段階で勤務態度が良い人材なのかどうかを判断するようにしてください。採用候補者に勤務態度の良し悪しを本気で求めるなら有料でもバックグラウンドチェックをする価値があります。

勤務態度の重要性

採用候補者がどのような勤務態度で仕事に臨んでいたのか知ることで人物像を判断することができます。履歴書に立派なことを記載しても面接時の内容で良いことを言っていたとしても、実際に働いてみて思っていた人物と異なることがあります。

書類に記載されている内容が本当かどうか判断するためにバックグラウンドチェックをして前職の勤務態度がどうだったかを確認してください。勤務態度をチェックするために電話や書面などで確認してください。

勤務態度がどうだったかを確認するのも重要ですが、バックグラウンドチェックをして履歴書に記載されている内容に偽りがないかどうかも判断してください。もし内容が異なっていれば経歴詐称にもなります。この重要なポイントを知ることができます。

バックグラウンドチェックのやり方

採用候補者の勤務態度を確認するためにバックグラウンドチェックをするときは、最初に本人から同意を得る必要があります。本人の許可を得てから自社で行うか専門の業者に依頼をする必要があります。そうならないためにも本人にチェックをすることを必ず伝えて目的を伝えてください。そして本人の同意を得てからバックグラウンドチェックを行ってください。

自社で直接チェックすることもできますが、調査会社に依頼をしたほうが確実に詳細な情報をレポートに作成してくれます。バックグラウンドチェックを専門にやってくれる調査会社に依頼をして、前職で勤務態度がどうだったかを判断してください。

もし勤務態度が悪かったら

バックグラウンドチェックを実施して勤務態度が悪かったら採用を見送ることができます。その判断が早いか遅いかはどのタイミングでチェックをするかによって変わってきます。面接時の早い段階でバックグラウンドチェックをして勤務態度が悪いことが判明したら違う人を採用するかどうか判断できます。

採用しようとして最終面接まできたタイミングでバックグラウンドチェックを実施して勤務態度が悪いと判断した場合、既に採用候補者が絞られているので、代わりの人物がいない可能性もあります。そのようなリスクもあることを十分に理解をしてバックグラウンドチェックのチェックをしてその結果で判断してください。

まとめ

このように採用する人材の本当の姿を見抜くためにバックグラウンドチェックが求められます。本当に採用したい人物がどのような勤務態度で仕事に向き合ってくれるかは採用して働いてもらわないと分からない部分でもあります。そこを採用する段階で判断するためにバックグラウンドチェックを通じて前職でどのような勤務態度だったのかを確認することで、ある程度の人物像を判断することができます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn