証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査の費用を相手に請求したい!どうすればできますか?

パートナーの浮気が発覚した場合、探偵社で浮気調査をしてもらった費用について自分で払いたくない、浮気相手に請求したいという人もいるでしょう。浮気調査の費用が高ければ高いほど、そのような気持ちになるのも無理はありません。実際に、浮気相手に調査費用を請求することはできるのでしょうか?その他、気になる点についてまとめてみました。

浮気調査の費用について 

浮気調査の費用は調査内容によって違います。一番費用の掛からない方法は1時間あたりに換算して調査してもらう方法です。決まった曜日の決まった時間だけ、ピンポイントで狙う方法となります。調査費用に高額なお金を使いたくないと思いながらも、証拠を得られないのであれば意味がないと考えると、どうしても必要以上に費用をかけてしまうことが多いでしょう。

費用の平均

浮気調査に関しては、掛かる時間も違えば、日数も違うので一概にはいえません。安い場合は10万円程度となり、高額な場合は100万円程度となるでしょう。なかには、複数の探偵社に依頼をするような人もいます。同じ調査を違う探偵社にさせるという方法です。この場合は費用も2倍、3倍となるでしょう。

費用の支払い方法

浮気調査の費用の支払い方法はいくつかあります。依頼した探偵社によっていくつかの支払い方法を設けているところもありますが、ひとつに限定しているところもあるようです。

基本的には、前払い、後払い、分割払いなどがあります。また、追加料金が必要な場合もあれば、すべて込みという場合もあるようです。支払いも現金払いのところから、カード払いが利用できるところもあります。

調査にもあらゆるプランがあるので、無駄なく証拠が集められるようなプランを選びましょう。パートナーの行動がある程度把握できているのであれば、確実に浮気相手と会う日だけを狙った調査も依頼できます。

浮気相手に請求したいのであれば明細書は取っておこう

浮気相手に調査費用を請求したい、もしかしたら請求するかもしれないというときは、支払い明細書は取っておくようにしましょう。浮気調査に関する書類はすべて保管しておくことが必要です。

調査費用を請求する場合は、本人同士の話し合いでは話が付かないことも多く、裁判になることもあります。裁判になった場合は、証拠の提出が必要になるので、払った金額が分かるものが必要です。

浮気調査の費用を浮気相手に請求できますか?

浮気調査の費用を自分で出した場合、仮に慰謝料をもらったとしてもプラスどころかマイナスになることもあります。被害者なのに金銭的な負担があることを納得いかないという場合は多いはずです。結局のところは浮気相手に費用請求はできるのでしょうか。

浮気相手に請求可能

浮気調査の請求そのものはできます。ただし、それが認められるかどうかは別の話となるでしょう。浮気について、置かれている状況が違えば、掛かった費用も違います。100人いれば、100とおりだと思われます。

浮気相手に慰謝料を請求できることは多くの人が知っていることと思いますが、調査費用の請求はこれとは別にできるものです。慰謝料をもらったとしても、それとは別にできます。

浮気の慰謝料が100万円であり、支払いを受けたとしても、これとは別に調査費用でかかった分も請求できるということです。

認められるかどうかはケースバイケース

浮気相手に調査費用の請求ができるといいましたが、それが認められるかどうかはそれぞれの案件で違うようです。一般的に高確率で認められるケースというのは、自分で浮気調査ができない、パートナーの行動が分からないといったケースであり、単身赴任がこれにあたります。

単身赴任時に浮気をすることは多く、その結果、離婚をする夫婦もかなりの数にのぼります。浮気相手に調査費用が請求できることを知らずにそのままとなっている人もかなりの数にのぼるのではないでしょうか。

請求が認められる場合とは

浮気相手へ調査費用が認められる場合にはいくつかの条件に該当していなければなりません。浮気調査をしなければ立証できなかったことや、自分で浮気調査ができないような状況である場合となります。しかし、該当するからといって100%認められるわけではないので、注意が必要です。

単身赴任中

パートナーが単身赴任中の場合、浮気調査を依頼しないと証拠を見つけることはできないでしょう。一緒に住んでいないため、パートナーの行動も把握しにくいですし、言い方は悪いのですが、どこで何をしているかも分かりません。そのため、やむを得ず探偵社に浮気調査を依頼することになります。

この場合に浮気の証拠を得て、浮気相手もはっきりした場合、調査費用を請求することはできます。単身赴任中の場合、分からないことが多いので調査に時間が掛かることが多いと思われるため、費用も高額となるでしょう。

浮気をしているのに認めない

確実に浮気をしているのに、パートナーが認めないことがあります。浮気が疑いではなく、事実である場合は、裁判に出せるような証拠が欲しいと思うでしょう。ホテルに出入りする写真や浮気相手の自宅に入り浸っていることが分かる写真などです。このような写真があれば、言い逃れはできませんし、裁判でも証拠として採用されます。

このような場合には調査費用を請求することができます。一方、パートナーが浮気を認めている場合は、わざわざ証拠を集める必要もないのですから、調査費用の請求は認められないことが多いでしょう。

探偵の調査が決めてとなった

パートナーが浮気をしているようだ、なんとなく雰囲気で分かることがあります。いくつか疑わしいことがあるものの、本人も認めないうえに、決めてとなるような証拠がない場合もあります。

このような場合は探偵の調査が決めてとなるため、調査費用を請求することができます。本人が認めない場合はこれ以上自分ではどうにもできませんし、みずから尾行や張り込みをするのも難しいでしょう。はっきりとした証拠を探偵に調査してもらい、強気でパートナーと話し合いをした方がよさそうです。

まとめ

浮気をされた上に、その調査費用まで自分で支払わなければならない……そのことに納得がいかないという人は多いことでしょう。浮気の調査費用は状況次第では浮気相手に請求できる上に、支払ってもらうこともできます。慰謝料とは別で請求できるので、行動を起こしてみることで道が拓けてくることもあります。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn