証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査を低料金に抑える方法について徹底解説!

浮気調査の費用はほとんどの人にとって、低料金に抑えたいと思っているのではないでしょうか。浮気調査に掛かる費用そのものは、個人差が大きくなっています。なかには、浮気調査を依頼したいと思っていても、費用面で諦めてしまう人もいるようです。「浮気調査=費用がかかる」という先入観を持たずに、可能な限り費用を抑えられる方法を知ることも必要です。離婚をしようと思っている場合は、浮気の証拠があれば慰謝料を請求できるのですから。

浮気調査の費用はどのくらいかかる?

浮気調査の費用についてはあまり大きく取り上げられないように思われます。それは、費用相場が幅広いからです。それぞれかけられる費用も違いますし、どのくらいの日数調べて欲しいのかもそれぞれ違うからでしょう。また、探偵事務所によって料金には差があることも理由のひとつといえます。

費用相場は10~100万円と幅広い

浮気調査を依頼したことがある人に聞くと、10万円程度で済んだという人もいれば、100万円かかったという人もいます。たとえば、10万円程度で済んだという人の多くは、ある程度浮気に関する情報も持っており、行動範囲も把握したうえで、証拠を集めて欲しいという感じです。調査日数も掛かっていないこともあり、低料金で済んでいると思われます。

また、100万円という費用を聞くとちょっとビックリしてしまいます。このような場合は、浮気をしているかも分からなくて依頼していたり、ターゲットの行動範囲そのものも分からない状態で依頼していたりすることが多いでしょう。基本情報がほとんどない状態で依頼すると、調査日数もかかりますし、人員も必要であるため、どうしても費用がかさんでしまいます。相場はあってないようなもの、と思った方がよさそうです。

成功報酬型という選択肢もあり

探偵事務所に支払う費用を「成功報酬型」とする方法もあります。この成功報酬型を取り入れている探偵事務所でなければ利用できませんが、分かりやすいですし、費用も抑えられることは間違いありません。

また、少々高い費用となったとしても、浮気調査が成功しているため支払うときの気持ちにも違いがあるでしょう。成功報酬型については後の項で詳しく説明します。

浮気調査の費用を抑える方法

浮気調査の費用をできるだけ抑えたいという人のために事前にできることについて紹介しましょう。どの方法もそう難しいものではありません。普段の生活のなかでちょっと時間を取ればできるものとなっています。浮気調査を依頼するにあたって、自分の思いと向き合うようにしましょう。

事前に情報を集めておく

探偵事務所に依頼するときに、ターゲットの情報がどのくらいあるのかによって、調査日数を短くすることもできます。名前や顔写真といった情報は基本中の基本ですが、毎朝どのような方法で通勤して、何時ごろにどのような方法で帰宅するのか、遅くなる曜日はあるのか、立ち寄りやすい場所、病院の通院や理美容室に通う頻度など、どのようなことでもいいのでたくさんの情報を提供しましょう。

浮気相手の情報も同様です。会社の人物なのか、そうでないのか、もしかするとまったく想像が付かないという場合もあるでしょう。情報があればあるほど、あらゆる可能性が見てきますし、浮気相手との接点も見つけやすくなります。依頼者側が思っている些細な情報というのは、探偵事務所にとっては大きな情報となる場合もあります。

また、小さな情報を結び付けていくと、点と点がつながり線となることもあるのです。思い込みで情報をシャットアウトしないようにしてください。事前にメモに残しておくと、言い忘れをすることを防ぐことができるでしょう。

追加料金について事前にはっきりさせておく

探偵事務所によって浮気調査費用には大きな差があります。その料金には追加料金が含まれていないことも多いので、どのような調査が追加料金に含まれているのか事前に把握しておきましょう。

調査途中で追加料金が発生するような局面となった場合、短時間で考えなければならなくなります。納得して調査してもらうためにも、追加料金の有無と料金設定を知っておくことは必要です。

どこまで調べてもらうか決めておく

浮気調査をどこまで調べておくのかは事前に決めておくようにしましょう。料金第一で考えていくのか、調査内容を第一に考えていくのかはそれぞれが納得いく形で進めていきましょう。

最後の最後まですべて調べて欲しいという人もいれば、浮気をしていることが分かればいいという人もいるでしょう。裁判を考えている人にとっては、証拠として提出できるものを手にするまでは調査を続けて欲しいと思うはずです。

浮気調査の料金体系について

浮気調査の料金は探偵事務所によって違うのは当然のこと。基本的な料金体系は3種類あります。どの料金体系が自分の理想とする調査に合っているのかを見極めることが必要です。

パック料金型

依頼する調査にどのくらいの日数や時間がかかるのかが分からない場合、パック料金型をおすすめします。パック料金型には、調査費用から各種経費まですべて込みの料金となっています。調査が長引くときにはお得度が高いのですが、短期間で終了する場合は割高となる場合もるでしょう。基本的にパック料金を導入していないという探偵事務所もあります。

時間料金型

掛かった料金がはっきりしているのは、時間料金型でしょう。掛かった時間と調査員の人数、各種経費などにより1時間あたりの費用が決まります。時間料金型を利用するのに向いている人は、ターゲットが浮気をする曜日がはっきりしている場合や、スケジュールの把握がしやすい場合でしょう。決まった曜日の決まった時間だけ依頼することができ、無駄がありません。

成功報酬型

依頼時には着手金を支払って、調査に成果が見られたときに報酬を支払うという支払い方法です。気を付けたいのは、何を成功というのかです。自分が想像している成功と、探偵事務所が思う成功が違ってしまうと、トラブルになりやすいでしょう。事前に成功についてはっきりさせておくことが必要です。

まとめ

浮気調査はできるだけ低料金に抑えたいのが一般的ですが、そのためには事前にできることがありました。簡単なことなので、事前に少し時間を取って実践するようにしましょう。また、調査費用については大きく3パターンの方法があるため、どの方法が自分に適しているのか見極めるようにしましょう。探偵事務所のなかには、料金体系がひとつしかない場合もあるので注意が必要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn