証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

パートナーの浮気に悩む人必見!浮気調査で判明した挙動不審な行動とは

パートナーと生活を送る上で、普段とは違う行動を挙動不審に思う人もいるのではないでしょうか。挙動不審な行動はパートナーだからこそ気付くことができる違和感であり、浮気によって引き起こされる行動ということもあります。パートナーの挙動不審な行動が見られたら、いくつか確認しておくべきことがありますよ。挙動不審によって浮気の可能性が感じられるのであれば、探偵に浮気調査をいらいするのがおすすめです。ここでは、浮気の可能性がある挙動不審な行動、探偵による浮気調査について解説します。パートナーの挙動不審な行動で浮気を疑っている人は、ぜひ参考にしてください。

普段とは異なる挙動不審な行動とは

パートナーと一緒に生活するからこそ、普段と異なる行動が気になることもありますよね。普段とは異なる挙動不審な行動は浮気をしている可能性もありますよ。浮気の可能性がある挙動不審な行動は主に5つあります。

  • スマホをどこでも持ち歩く
  • 急な残業・休日出勤が増える
  • オシャレになる
  • 態度の変化
  • 嗜好の変化

それぞれ説明しますね。

スマホをどこでも持ち歩く

家の中でスマホを置きっぱなしにしていたのに、急にどこでも持ち歩くようになるのは不審ですよね。風呂やトイレにまでスマホを持ち込むのは浮気相手とのやりとりだけでなく、スマホを家族に見られるのを防ぐための行動ということもあります。スマホの画面にLINEやメールの着信表示が出ることで、表示画面で浮気がバレることもあるでしょう。パートナーが浮気をしているのであれば、スマホの表示画面から浮気を疑われないようにスマホをどこでも持ち歩く行動になるといえます。

急な残業・休日出勤が増える

今まで定時で退社することが多かったにもかかわらず、急に残業・休日出勤が増えたのは浮気をしているからかもしれません。同じ職場に浮気相手がいる場合、仕事を理由にすることで浮気がしやすくなるといえます。急に残業・休日出勤が増えたのは仕事の都合ということもありますが、浮気の兆候かもしれません。パートナーの残業・休日出勤が急に増えたのであれば注意するようにしましょう。

オシャレになる

オシャレに無頓着だったパートナーが急にオシャレになったのであれば、浮気相手の影響の可能性があります。外見の好みはさまざまですが、服装や身だしなみに明らかな変化があるのは浮気相手の好みに合わせているかもしれません。パートナーが急にオシャレに気を遣いだしたのであれば、些細な行動の変化も見逃さないようにしましょう。

態度の変化

パートナーに対する態度の変化は、浮気の後ろめたさからくる行動の変化かもしれません。態度の変化はさまざまであり、自分の気持ちを悟られないようにするための行動の一環です。態度の変化が「過剰な優しさ」「よそよそしくなった」など、不自然に感じる変化であれば浮気の可能性が高いですよ。パートナーの態度の変化について見逃さないようにすることが重要です。

嗜好の変化

パートナーの嗜好に変化がある場合、浮気相手に合わせているかもしれませんよ。好きな食べ物や趣味の変化を気分転換と言い逃れる人もいるかもしれませんが、挙動不審な行動だといえるでしょう。嗜好の変化を追求することで、返事の内容が曖昧で挙動不審な言動であれば浮気の可能性がありますよ。

挙動不審な行動後の確認事項

ここでは、パートナーの挙動不審な行動後に確認するべき3つのポイントについて説明します。

  • スマホロックの有無
  • パソコンの検索履歴
  • 車のメーター確認

それぞれ説明しますね。

スマホのロック

パートナーが浮気をしている場合、スマホを見られることに不安を抱いているのでどこでも持ち歩くことが多くなります。スマホをどこでも持ち歩くといっても無理があるので、見られないようにするためにロックをかける人もいます。今までスマホにロックをかけていなかったのに、急にロックをかけるようになるには不自然ですよね。勝手にスマホの中身を見るのはトラブルにつながるので、スマホのロックの有無のみを確認するようにしましょう。

パソコンの検索履歴

浮気相手とのメールやLINEをパソコンで行なっている人もいるので、パソコンの検索履歴によって浮気が判明することもあります。浮気相手と出会い系によって出会ったのであれば、パソコンの検索履歴に出会い系サイトが残っていることもあります。パソコンの履歴が残っているのであれば、出会い系サイトのアクセス履歴を調べてみるようにしましょう。

車のメーター確認

近所の買い物に車を利用しているのに帰りが遅かったり、ちょっとしたドライブで買えりが遅いのは浮気相手に会っている可能性があります。車にドライブレコーダーが付いていれば簡単に浮気が判明しますが、付いていない場合には走行距離から浮気の可能性を探ることができます。パートナーが車を利用している時間と走行距離が合っていないようであれば、浮気をしている可能性があるでしょう。

パートナーの挙動不審な行動は浮気調査がおすすめ

パートナーの浮気を追求する上で、証拠がなければ浮気を立証することはできません。証拠の内容によっては言い逃れできないほどに明らかになるので、証拠が多いほど浮気を立証しやすくなります。証拠を収集する際、自分で集めた証拠は法的に認められにくく、パートナーに収集していることがバレる可能性が高いです。安全に浮気を立証できる証拠を入手するには、探偵に依頼することをおすすめします。探偵は探偵業法で認められた「尾行」「張り込み」の調査を行なうことで、浮気調査を行ないます。尾行はパートナーの普段の行動や交友関係を把握できるので、浮気の可能性を探ることが可能です。尾行を繰り返すことで、パートナーが頻繁に会っている異性を特定することが可能です。さまざまな情報を基にパートナーと浮気相手の関係性が明らかになったら、張り込みを行なうことで言い逃れできないほどの証拠を入手します。張り込みは浮気相手との密会現場を複数人の探偵で見張り、死角を利用しながら出入口で待ち構えます。2人でラブホテルに出入りする瞬間、滞在時間なども計測するので、第三者から見ても肉体関係の判断をするには十分な証拠を入手できるでしょう。

まとめ

パートナーに浮気悟られないようにするための行動が挙動不審に感じられることで、違和感になることもあります。パートナーだからこそ気がつく挙動不審な行動は、浮気による行動の変化であり、変化を感じやすいといえるでしょう。挙動不審な行動後には、スマホロックの有無やパソコンの検索履歴を確認することで浮気の可能性を探ることができます。パートナーの浮気を追求するのであれば証拠が重要になりますが、自分で証拠を収集しようとするとトラブルになりかねません。安全に証拠を入手したいのであれば、探偵に依頼することをおすすめします。探偵は法的に認められた方法でのみ調査を行なうので、合法的に浮気の証拠を入手できます。パートナーの行動の変化が挙動不審に感じるのであれば、まずは探偵の無料相談を活用しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn