証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

【浮気調査】会社内での浮気(不倫)に対する対処法

浮気は飲み会や合コン、同窓会といったイベントで起こっていると思われがちですが、実は職場内での浮気が非常に多いというのはご存知でしょうか。普段は仕事をする場所であり、生活するために欠かせない環境の一つともいえます。
今回の記事では、会社内で浮気が起こってしまう理由や、社内で浮気を見つけてしまった場合の対処法などについて解説していきたいと思います。

会社で浮気や不倫が発生する原因

職場では、社内の同僚をはじめ、取引先やその他の関係者など、多く人と繋がりを持つ機会があります。しかし、会社は仕事をする場所であり、出会いを求めたり、浮気や不倫ができる所ではありません。しかし、浮気や不倫問題の多くが、「職場の出会い」から始まっていることが多いのも事実です。
ここでは、なぜ職場が浮気の温床になっているのか、詳しく見ていきたいと思います。

原因その1 仕事で特別な信頼関係が生まれる

仕事は誰しもが取り組む業務の一つですが、人によっては家にいる時間や家族と過ごし時間よりも、職場にいる方が長いというケースも少なくありません。そういった環境下で、「同じ目的」や「志」を持った異性の同僚と仕事をすることで、友情や愛情といった感情を持つことがあります。
通常であれば、こういった感情を持ったとしても、浮気や不倫に発展することはありませんが、「パートナーとの関係が良くない」「同僚の方が理解してくれる」などの理由が重なると、浮気に発展するということがあるようです。

原因その2 新しい出会いが多い(飲み会など)

職場では、取引先の接待や、交流会などで飲み会やイベントなどが行われることも少なくありません。そういった場所では少なからず「新しい出会い」があり、他の異性が魅力的に見えてしまうという理由で浮気に発展することも少なくありません。
特に、飲み会などのお酒がからむイベントでは、酔った勢いで関係を持ってしまうということも少なくありません。

尊敬できる相手に出会ってしまう

これは職場にもよりますが、パートナーよりも人として尊敬できる上司や同僚、部下などがいると、どうしてもそれらの人とパートナーを比較してしまい、浮気に走ってしまうということがあります。異性同士の尊敬は恋愛感情に発展することが多く、上司と部下の浮気というケースも少なくありません。

会社で浮気をしない(させない)ための対処法

浮気や不倫といったスキャンダルは、コンプラアンスの観点から企業にとっても大きなマイナスイメージとなることが多く、個人の問題で済まないケースも少なくありません。そこで、ここでは会社で浮気をしない・させないためにできる対処法について解説していきたいと思います。

異性の同僚とは適切な距離感を保つ

どんなに信頼できる同僚であっても、異性である場合は適切な距離感を保つことが大切です。万が一、浮気や不倫に発展してしまう可能性がある場合は、部署を別にしてもらうなどの対策をとって自己防衛策をとることが大切です。
特に、どちらか一方が好意を持っており、もう一方に好意がない状態で浮気や不倫に発展してしまうと、家族や友人を巻き込む泥沼スキャンダルに発展してしまう可能性があるため、事前に対処することが重要です。信頼できる上司がいれば、浮気にならないための対応策などを相談するというのもいい方法です。

飲み会などのイベント参加を控える、または制限をかけて参加する

職場の飲み会やイベントは、仲間同士の交流を深めるために大切な行事の一つですが、羽目を外しすぎると浮気や不倫といったトラブルに発展する原因を作ることになります。そこで、できる限り参加しないようにする、または参加してもお酒の量を制限する、などの対応策をとって楽しむようにしてみましょう。
どういう状況であっても、お互いが同意しない限り、浮気や不倫を行うことはないので、理性を失わない程度に自分を制御しながらイベントに参加しましょう。
同僚が浮気をしそうな場合は、自ら間に入って関係性を持たせないようにするなどの対応策も有効です。

浮気している可能性を見つけてしまった場合の対処法

ここでは、パートナーや同僚が職場で浮気をしている可能性を見つけてしまった場合の対処法をご紹介したいと思います。

同僚に直接話して真実を聞き出す

企業では、浮気や不倫といったスキャンダルはマイナスイメージになってしまうので、個人の自由というわけにはいかなくなってきています。しかし、浮気の事実を密告してしまうと、同僚との信頼関係が崩れてしまいかねません。
そこで、まずは浮気をしている同僚に事実確認を行いましょう。そこで、浮気をしているということであれば、早急に解決できるように同僚に協力しましょう。早期解決できれば会社や家族に迷惑をかけることなく、問題を収束することもできるかもしれません。

探偵を使って浮気調査を行う(従わない場合)

同僚やパートナーが浮気や不倫をやめないようであれば、探偵を雇って浮気調査を行うというのも一つの方法です。ここでの浮気調査は、証拠集めというよりも、「事実確認」を行なって、今後当事者がどういう対応をするのか話し合うというために利用するのがいいでしょう。
ただし、調査方法や調査結果の使い方次第では、同僚との関係性に亀裂が入ってしまう可能性もあるため、調査依頼や調査結果の取り扱いには細心の注意を払ってください。
上司やパートナー(妻、夫)ならば、調査結果を元に当事者にどういう制裁を与えるのか話し合うというのも良いかもしれません。
企業によっては、浮気や不倫が原因で懲戒解雇となってしまうケースもあるため、大ごとにならないように調査を行う必要があります。

まとめ

今回の記事では、会社内で浮気が起こってしまった場合の対処法について解説させていただきました。職場は数多くの出会いがあり、恋愛、肉体関係に発展してしまう場所はイベントも多いため、常に浮気をしないように気をつけておく必要があります。
また、同僚やパートナーが浮気をしているのを目撃してしまうこともあると思います。そうした場合には、大ごとにならないよう、同僚をカバーしながら浮気を解消させる方法を考えてみましょう。
個人で対応するのが難しいという場合には、探偵や弁護士に相談するというのも有効な方法です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn