証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査で「証拠なし」と報告を受けたら、どうしたらいいの?

パートナーが浮気をしているようだと思い、探偵に調査を依頼した結果、浮気の証拠なしと報告を受けたら、納得できるでしょうか。この記事では、浮気調査を探偵に依頼したけれど、「証拠なし」と言われた場合、どうしたらいいのかについて一緒に考えてみたいと思います。パートナーの浮気が気になり探偵に浮気調査の依頼をしようか検討している方は、参考にしていただけると幸甚です。

浮気調査で証拠なしってどういうこと?

探偵に浮気調査を依頼したものの、「証拠なし」という報告を受けた場合、どう受け止めたらいいのでしょうか。

実は浮気が勘違いだった

浮気調査で証拠なしだった場合、実は浮気が勘違いだったということが考えられます。たまたま自分の目にした情報や人づてに耳に入ってきた情報で、パートナーが浮気をしていると思い込んでしまったということはないでしょうか。その場合は、いくら探偵に浮気調査を依頼しても、証拠なしという結果になるのは当然です。

パートナーが浮気調査中に浮気をしていなかった

浮気調査で証拠なしだった場合、たまたま探偵の浮気調査中にパートナーが浮気をしなかったということが考えられます。だいたい探偵事務所が行う浮気調査は期間が決まっていますので、浮気調査をしてすぐに証拠をつかめれば、調査期間は短くて済みますが、なかなか証拠がつかめない場合は長期にわたって浮気調査をする場合もあります。

それでも、その期間にたまたま浮気相手と会わなかったということもあるでしょうし、実はパートナーに気が付かれているのではないかと警戒し、わざと浮気相手と会わないようにしていたということも考えられます。もしかすると、浮気相手とはもともと会う頻度が少ない場合もあるかもしれません。

調査を依頼していることがばれてしまった

会話の流れや行動の不自然さなど少しのきっかけから、浮気を疑っていること、下手したら調査を依頼していることまでパートナーに勘付かれてしまうということが、実は意外と多いようです。そうなると疑われている方は警戒を強めますし、証拠隠滅まで図ることが考えられます。なくなってしまった証拠は探偵でも集めることは難しくなり、結果「証拠なし」という報告を受けることになってしまうことがあるのです。

浮気調査で証拠なしの場合、どうしたらいい?

浮気調査で証拠なしの場合、自分の勘違いでパートナーが本当に浮気をしていなかったことが分かれば問題ありません。ですが、まだ浮気の疑惑が残っている場合は、どうしたらいいのでしょうか。

パートナーの動向に注視する

探偵への浮気調査依頼で、証拠なしと報告を受けたが、パートナーにまだ疑いが残っている場合は、パートナーの動向に注視しましょう。

  • スマホにロックをかけていなかったのに、ロックをかけて肌身離さず持つようになった
  • 残業や休日出勤することが急に増え、本当に仕事なのかが分からない
  • パートナーが自分に内緒で、誰かとホテルを利用したり食事をしたりした領収書を発見した
  • たまたまパートナーのスマホの画面に怪しいメッセージが届いているのを見た
  • 急に服装や下着に気を遣うようになった

怪しいなと思ったことは証拠に残すようにして、浮気のチェックをひそかに行うようにしましょう。探偵に調査を依頼する場合は、例え短い期間であってもそれなりに料金がかかります。ですから、自分である程度の確信を持ったうえで、探偵にもう一度相談するというのも一案です。

あらためて探偵事務所に相談する

万が一、証拠が取れなかった理由が探偵のミスによるものであった場合には、費用の一部または全額が返金されることがあります。成功報酬制にしている探偵事務所でも、ミスがあれば報酬は受け取らないとしていることがあるようです。最初から、証拠が取れなければ全額無料だと言っているような探偵事務所もあります。何にせよ、探偵事務所の料金設定についてよく確認のうえ、あらためて調査を依頼することがおすすめです。

トラブルにならないために、浮気調査を依頼する前にしておくべきこととは

探偵に浮気調査をして、浮気をしていた証拠が確実につかめればいいですが、「もしかすると浮気をしているかもしれない」という状態で、探偵に高額なお金を支払って調査の依頼をして結果が出ないこともあります。そうなると、探偵事務所とのトラブルにもなりかねません。ではトラブルにならないためにも、浮気調査を依頼する前にどんなことをしておけばいいのでしょうか。

パートナーの浮気をチェックリスト化する

自分の思い込みでパートナーが浮気をしていると勘違いしてしまうこともありますが、探偵事務所に浮気調査を依頼する前に、浮気をしていないかチェックリストを作って記録してみましょう。この時、浮気相手とのやり取りが分かる証拠や、浮気相手とホテルや食事をしたときレシートなどがある場合は大切に保管しておく必要があります。

パートナーの様子をチェックしていると、行動が怪しいという日や曜日が分かってくる場合がありますので、記録しておくと探偵に調査を依頼した際、無駄がありません。

証拠集めはばれないように

どんなにせっせと記録を残していたとしても、パートナーに気付かれてしまったら全て水の泡となります。証拠隠滅、警戒を強めて一定期間は浮気相手との距離を取るなど、パートナーは対策を講じてくることでしょう。するとまた証拠が取りにくくなってしまいます。レシートや写真、日記などは見つからない場所に保管、撮影機器などは音が鳴って気付かれるということも考えられますので注意しましょう。

まとめ

探偵事務所に浮気調査を依頼しても、「証拠なし」と報告された場合、自分の勘違いでパートナーが浮気を本当にしていなかったのであれば問題なりません。でも、調査期間中にパートナーがたまたま浮気をしなかったか、浮気を疑っていることが知られて警戒を強められていたことが考えられます。パートナーが浮気をしていないか、事前に自分でも変化を見逃さないようにしましょう。その際、浮気を疑っていることや調査を続けていることをパートナーにばれないようにします。パートナーが証拠を出してくるのを淡々と待ち、あらためて探偵事務所へ相談しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn