証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

素行調査の期間はどのくらい?できるだけ短くする方法について紹介

特定の人物の日常の行動について調べてほしい、会社でとある人物を採用したいけれども素行について調査したい、このような要望はありませんか?探偵や興信所の中には、素行調査を実施しているところも少なくありません。そこでここでは、素行調査を依頼する場合の調査期間や期間を短くして費用を安く抑える方法についてまとめました。

素行調査に要する期間

素行調査をお願いした場合、どのくらいで結果が出るかについてみていきます。あらかじめ言っておきますが、ほかの調査と比較して長くなる可能性が高いので注意してください。

数日で終わることはまずない

素行調査に要する期間ですが、少なくても1週間程度かかると考えておいてください。場合によっては1か月前後かかってしまうこともあり得ます。なぜこれだけの長期間になるのか、ターゲットの普段の行動をチェックするからです。日によっていろいろと行動することもあるでしょうから、一定期間尾行を続けることになります。またターゲットの消息についてクライアントが知らない場合、今どこにいるのか特定する必要があります。人探しの期間も発生するので、さらに長時間調査をしなければなりません。

またただ単に報告するのではなく、報告書に書かれていることの根拠になる証拠も必要です。この証拠集めに時間がかかると、どうしても時間がかかってしまいます。例えばターゲット当人とわかる決定的な写真を撮りたいけれどもうまくいかない、居場所の特定に難航する場合には当初よりも時間がかかってしまう恐れもあります。

バックグラウンドチェックにかかる期間

素行調査の中にはバックグラウンドチェックもあります。企業が採用試験を実施して、内定を出そうと思っている人物を対象に行われる素行調査です。将来会社に悪影響をもたらすような危険性がないか、採用する前に確認する調査です。問題を抱えていたり、企業の求める能力を満たしていなかったりして会社にマイナスを与えないようにするための調査です。外資系企業では当たり前のように行われていますし、日本企業でも導入するところも増えてきています。

バックグラウンドチェックをする場合に要する日数ですが、自分たちで実施する場合2~3週間程度かかるでしょう。探偵事務所のようなプロの調査会社に依頼するのであれば、1週間程度かかります。リファレンスチェックといって、企業と採用予定者との相性を調査する手法があります。こちらで代用する企業も見られます。リファレンスチェックの場合、3日程度で完了します。

バックグラウンドチェックに時間がかかる理由

バックグラウンドチェックは何週間単位とそれなりに時間がかかってしまいます。その理由として何段階か工程があるからです。まず調査を行う旨を候補者に説明して、同意を得なければなりません。当人に内緒で調査をするのは認められていません。そのうえで学歴を証明する卒業証明書や職歴を意味する在籍証明書などを提出してもらいます。また勤務態度や前職におけるトラブルの有無などを調査するとなると、前職の同僚や上司などに話を聞かなければなりません。このようにいろいろなステップがあるので、どうしても時間がかかってしまいます。

自分たちで行えば、コストも最小限に抑制できます。しかし採用担当者の人事はほかの業務もこなしながら調査をするとなると、かなりの負担がかかります。必要に応じて調査会社などにアウトソーシングするのも一考です。

素行調査をできるだけ短くするには?

素行調査はある程度の期間がかかります。また調査会社に依頼した場合、長期間になると費用もかさんでしまいます。少しでもコストカットできるように、調査期間を短縮する方法についてまとめました。

自分で得られる情報を集めておく

ターゲットに関する情報を多く把握しておけば、探偵も調査がやりやすくなります。ターゲットの人となりや行動パターンなどがわかっていれば、ピンポイントで尾行して調査できるからです。そこで自分の知りうる情報をすべて提供することが大事です。またターゲットとコンタクトをとれる状況であれば、探偵に依頼する前に自分でできる限りの情報収集をすることも大事です。

ターゲットに関する情報や日々の行動パターン、仕事をしているのであれば勤務先や出勤や退勤時間などを伝えておきましょう。ただし無理は禁物です。情報を集めることに躍起になってしまうと、相手に自分の身の回りを調査されていることに感づかれるかもしれません。相手が警戒すると探偵も調査がやりにくくなって、逆に長期化してしまう恐れがあります。あくまでも無理のない程度に抑えておきましょう。

複数の探偵事務所に相談する

探偵事務所によって同じ調査依頼でも、期間や費用はまちまちです。というのも業者によって調査の方法やアプローチが違ってくるからです。複数のところに相談して、どのくらい調査期間が必要か聞いてみましょう。そして期間や内容などを比較して、信頼できるところに任せましょう。そうすれば短期間で費用も抑えて、納得できる調査結果を出してもらえるでしょう。

また事務所にお願いすれば、皆さんの依頼内容をベースにして見積もりを出してくれます。この見積もりの価格や内容も比較して、どこに依頼するか決めましょう。費用の安さや期間の短さなど、一つの項目だけで比較するのはおすすめできません。全体的に比較して、どこなら安心してお願いできるかで依頼先を絞り込みましょう。

まとめ

対象人物の行動パターンなどを把握したうえでリサーチする素行調査はほかの案件と比較して、期間の長引く可能性があります。このことは頭に入れておきましょう。またバックグラウンドチェックは候補者の同意を得て、先方に必要書類を提出してもらってそのうえで調査するなど、何段階も踏まないといけません。ですからヘタすると1か月近くかかってしまう恐れもあります。少しでも期間を短くするためには、自分で収集できる情報は集めておく、複数の業者に相談するなどの努力が必要です。期間だけでなく調査内容や価格など、総合的に比較することが重要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn