証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

書類審査もある?バックグランドチェックとは

有能な人材発掘を目的とした「中途採用選考」を行う企業が増えています。それに伴い、経歴や前職での勤務態度などをチェックする「バックグラウンドチェック」を行うケースも増えており、採用候補者はバックグランドチェックに対する準備をしておく必要があります。
今回の記事では、バックグラウンドチェックとはどんなものなのか、また書類審査があるのか、という点について解説していきたいと思います。

バックグランドチェックとは

バックグラウンドチェックとは、候補者の経歴、トラブルなどをチェックして虚偽、トラブルの有無に関して調査する方法です。この調査方法は、アメリカを始めとした海外企業で利用されている方法の一つで、日本では採用調査や雇用調査などとも言われています。

バックグランドチェックの必要性

これまで新卒採用しか行わなかった企業も、より有能な人材を集めるべく、中途採用を積極的に採用しつつあります。また、これまでは永久就職と言われていた雇用形態も崩れ、一人当たりの転職率も増加傾向にあり、複雑な経歴を持つ応募者も増えています。
上記の理由から過去、経歴をしらべる必要性が高まっており、転職希望者の中には、よりいい条件で就職するために「虚偽の報告」を行うものや、他社のスパイとして就職してくるものも存在しているため、採用失敗のリスクを避ける方法として、バックグランドチェックが利用されているのです。

バックグラウンドチェックでわかること

  • 学歴、職歴
  • 前職での勤務態度
  • 反社会的勢力との関係性
  • 金銭トラブルの有無(破産歴など)
  • 犯罪、民事訴訟歴等
  • ネットを利用した評判チェック(SNS、HP)

個人情報に関わる内容なので、何の通知もなく勝手に調べられるということは基本的にありません。
バックグラウンドチェックは、事前に本人から許可を得て調査を行うことが基本となります。

リファレンスチェックとの違い

「バックグラウンドチェック」と「リファレンスチェック」は似ている部分があるものの、調査する目的が違うという点があります。

  • バックグラウンドチェックの目的・・リスク回避、優秀な人材の確保
  • リファレンスチェックの目的・・・企業との相性、人材の人柄、功績などを確認

採用失敗のリスクを回避するために行う「バックグラウンドチェック」に比べて、「リファレンスチェック」では、人柄や企業との相性などをチェックすることを目的としています。

「バックグラウンドチェック」のやり方と注意点

バックグラウンドチェックは、「本人の同意」がなければ成立しないため、知らないうちに調査されるという心配はありません。ここでは、「バックグラウンドチェックの流れ」について確認していきましょう。

バックグラウンドチェック始まりと終わり

ここでは、バックグラウンドチェックが行われる流れについて見ていきたいと思います。

1.本人(採用候補者)からバックグラウンドチェックの実施の許可をとる

バックグランドチェックには「個人情報」や「プライバシー情報」などが含まれているため、調査方法や扱いによっては違法になってしまう可能性があります。後にトラブルなどが起きないよう、事前に本人から同意を得ることで、企業側が個人情報をチェックできるようにします。

2.採用側から調査会社にバックグランドチェックの依頼を行う

探偵などの調査会社に依頼して、バックグラウンドチェックを委託します。

3.「バックグラウンドチェック」の実施

調査に必要な書類(卒業証書、在籍証明書、退職証明書等)を採用予定者から提出してもらい、書類に書かれている内容と選考書類(履歴書)が合致しているかを確認します。
また、信用調査会社から、候補者の信用情報を取得したり、知人、友人、関係者への聞き込み調査から、虚偽報告の有無などを確認します。

4.レポートから採用判断をする(企業側)

調査結果から、提出した情報に虚偽の報告がないかを確認して、採用判断を行います。バックグラウンドチェックの調査結果はレポートとして企業に渡され、本人が確認することはできません。

バックグランドチェックは拒否可能?拒否した場合の対処法

バックグランドチェックは当人が拒否すると実施することはできません。実際に拒否することが可能なのか、また拒否した場合にどんな対応するべきなかを解説していきます。

拒否は可能だがリスクも高い

バックグラウンドチェックは、採用の失敗リスク回避したい「企業側の都合」なので、当人が拒否すれば、どんな理由があろうと、バックグラウンドチェックが行われるということはありません。「採用条件の一つ」とも言える調査なので、調査を受けないことで採用される確率が大幅に減少する可能性があります。
この調査は「提出された情報のすり合わせ」が目的であり、「本人の弱点を見つける」ために行うものではありません。ここで調査を拒否してしまうと、企業側に「虚偽の事実がある」というイメージを与えかねません。よほどの理由がない限りは拒否しないほうが安全だと言えます。
どうしても拒否しなければいけない理由がある場合は、事情をしっかりと説明し、企業側にマイナスイメージを与えないようにしましょう。

調査されることを前提に中途採用に参加する

バックグラウンドチェックを採用する企業は増えており、調査を行なっていない企業を探す方が難しくなってきています。調査を断ることで「採用されないリスク」を高めるということにもつながっており、結局は自分の首を絞めることにもなりかねません。
断ること前提でなく、「バックグラウンドチェックを受ける」こと前提で準備をしていた方が、より就職しやすい環境を構築できるはずです。

まとめ

今回の記事では、バックグラウンドチェック(書類審査)について解説させていただきました。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 書類審査、信用調査を中心にバックグラウンドチェックが行われる
  • バックグラウンドチェックを断ることは可能だが、採用されないリスクを高めることにもなる

中途採用において、今後もバックグラウンドチェックが導入される機会は増えていくと思われますので、転職を考えている方はあらかじめ準備しておきましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn