証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

スマホで就活、バックグラウンドチェックとは?詳しく解説

スマートフォンを使った就職活動を、「スマホ就活」と呼ばれています。
従来は、パソコンで企業のサイトを見たり、説明会の予約をしていましたが、最近の大学生を始めとした若者がパソコンを保有していない場合もあるため、スマホでの利用も可能になりました。
その際、企業側は入社後に問題が起こることを避けるため、採用活動でのバックグラウンドチェックを行うことがあります。

就活時のスマホ活用術

また、スマホならではのメリットとして、さまざまな就活に関する専用アプリを導入する事で、情報が得られるだけでなく、面接や筆記試験対策、さらに地図などを入れて使うことができます。
IT系企業などでは、スマホカメラからの面接も可能になっています。
企業に出向く必要がないので、遠方の大学生などは交通費もかからず、また、企業側も会場を用意する必要がないので双方にとってメリットとなっています。

スマホ1台で完結

iPhoneの登場以降、世界的にスマートフォンが普及し、8割以上の日本人がスマートフォンを使う時代となっています。そんな中、就職活動においても大きな変化が出てきています。
リクナビやマイナビといった就活プラットフォームが登場して以降、就職活動でも情報の収集から面接の申し込みに至るまで、基本的にはパソコンで行えます。
さらにスマートフォンが普及して、情報収集、就活相談、面接に至るまでが携帯1台で完結する時代となりました。
パソコンを使っての就職活動では、家や学内など利用できる場所が限定されてしまうこともあり、スマホで全てができるようになり、「いつでも、どこからでも」就職活動ができる時代となりました。

スケジュールを一括管理

従来のスケジュール管理では手帳を使っていましたが、今はスマートフォンを使うことで就職活動のスケジュールをうまく管理することができます。
例えば、一括でスケジュール管理のできるアプリをダウンロードすれば、複数申し込んだセミナー等の日程や、各企業のエントリーシートの締切日、面接日などの様々な日程を一括の管理が可能となります。
手帳の管理では、記載漏れや記載ミスなどのトラブルが考えられましたが、スマホアプリを使うことでケアレスミスを防ぐことができます。

就活アプリ

ここでは、就活に特化したアプリをご紹介します。

【マイナビ】

マイナビの特徴は、掲載企業数約2.7万社と業界No.1の掲載数を誇っています。
マイナビ登録するだけで、たくさんの企業に出会うことが可能になります。
また、マイナビのスマホアプリでは、企業検索からイベント、Webセミナーやテスト対策に至るまで、アプリで完結できます。
プッシュ通知をONしておけば、重要なお知らせも見逃さず、就職活動が進められます。

【リクナビ】

リクナビは、マイナビと並んで掲載企業数が多いことと、中小企業も多く取り扱っている特徴があります。
また、インターンシップの応募企業数が、6年連続No.1となっています。
リクナビでもスマホアプリからの企業検索、リクナビアドバイザーへの相談、OpenESの作成に至る幅広い対応が可能です。

【ワンキャリア(ONE CAREER)】

ワンキャリアが提供している「就活対策アプリ」は、月間100万人が利用する就活生必携のアイテムです。
人気企業の説明会情報や、合格した先輩たちのES・15万件以上の就活体験談の閲覧が可能です。
先輩内定者の体験した選考内容やインターンシップ対策情報など、就活生としては知りたい情報がすべて無料で閲覧できます。
このアプリ1つであらゆる就活サポートが、可能と言っても過言ではありません。
自分に合った選考情報が配信される他、「就活記事」「選考ステップ」などのワンキャリア限定の配信情報コンテンツも用意されています。

【unistyle】

unistyleアプリは、ESが見放題です。
15,000枚を超えるES記入例の掲載が特徴です。
人気企業のES、企業別の選考情報、締切情報などが手軽にチェックできます。
さらに、会員限定のイベントや非公開求人の案内もアプリで受け取れ、unistyle独自の就活テクニックの解説記事を見れ、就活生の間でも評判です。

  • 自己PRの書き方
  • 学生時代頑張ったことの書き方
  • 志望動機の書き方
  • 筆記試験対策
  • グループディスカッション対策
  • 企業別選考対策

など、就活の悩みなどを分かりやすく解説しており、利用価値の高いサービスです。

【外資就活ドットコム】

外資就活ドットコムは、外資・日系トップ企業の志望学生のための就活サイトです。
外資系や日系トップ企業などの本選考や、インターンシップに関する情報の観覧が可能です。
さらにアプリ版では、トップ企業の内定攻略情報コンテンツを毎日配信しています。
「マッキンゼーのケース面接対策」「五大総合商社複数内定の極意」等、外資就活ドットコムでしか見られない貴重な情報が会員登録すると無料で見ることができます。

【Lognavi(ログナビ)】

『ログナビ』は、最先端の就活アプリです。
アプリ1つで、エントリーから内定獲得までの対応が可能です。
『ログナビ』では、動画を用いて企業説明をおこなっており、視覚的に企業の特徴を理解することができます。
また、企業説明会や面接もアプリからの対応が可能です。

採用選考時のバックグラウンドチェック

就職や転職の際に、応募者の背景情報を調べることを「バックグラウンドチェック」と言います。
バックグラウンドチェックのやり方は、企業によっても大きく異なります。
また、リファレンスチェック・前職調査・信用調査・身元調査等、呼び方もさまざまです。
対象者の経歴も異なるため、バックグラウンドチェックが短時間で終わる人と時間のかかる人もいます。
バックグラウンドチェックの主な目的としては、「反社チェック」と「経歴詐称」の有無です。

バックグラウンドチェックの必要性

バックグラウンドチェックは、応募書類や面接では知り得ない採用候補者の情報を調べるプロセスです。
NAPBS(世界的採用調査協会)HR.comの調査によると、2018年時点で既にアメリカ企業の約95%の雇用者が、採用時のバックグラウンドチェックを行っています。
SNSや新聞などのメディアを中心とした調査、前職や自宅周辺への聞き込み調査を通じて、学歴職歴・自己破産歴・事故歴等を調べることで、採用前に企業リスクを軽減することを目的としています。 
アメリカでは、十分な調査をせずに雇用した従業員が事故や損害を出した場合、企業の責任が問われることもあるため、バックグラウンドチェックが常識となっています。
業種や役職によって、公的な信頼性が求められるたり、大きな損害につながったりと、調査範囲もさまざまです。
銀行等の金融機関や、欠格事由が定められている警備員などの業界では、厳しいバックグラウンドチェックが実施される傾向にあります。
また、役職の高い人がトラブルや事故を起こした場合は、企業の信用やブランドに大きく影響するため、通常よりも厳しいバックグラウンドチェックが行われる傾向があります。
また、候補者がバックグラウンドチェックを拒否することも可能ですが、不審に思われる可能性も高いでしょう。
どうしても、バックグラウンドチェックに懸念がある人は、その理由を話して他の調査方法に代替できないかを交渉することはできます。

バックグラウンドチェックの合法性

厚労省の採用選考時に配慮すべき事項では、「身元調査の実施」について挙げられています。
「身元調査」は、本人の資質能力以外にも、家族状況や生活状況、近隣風評にまでおよぶため、就職差別につながる恐れがある理由から、制限されています。
もし、調査項目の中にそのような表現があれば、グレーゾーンとなる可能性が高いです。
採用時のバックグラウンドチェックについては、「職安法第5条の4の大臣指針」「厚労省の公正採用選考のガイドライン」から調べることができます。
そこには、応募者の情報収集には制限がありますが、全面的な禁止はなされていません。
応募者の制限範囲の理解は、最低限必要であると言えます。

まとめ

就活する上で、応募者はスマホを活用することで、スムーズに進めることができます。
応募企業によっては、バックグラウンドチェックなどの調査が入る可能性も視野に入れ、就職活動に取り組む
ことが大切です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn