証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査後に和解した方がいい?しない方がいい?

浮気調査を依頼する人すべてが、離婚を考えて行っているわけではありません。もちろん、浮気の証拠を掴んで、有利な離婚条件のために調査依頼をする人が多いのですが、浮気の証拠を掴むことで、浮気を認めさせて謝罪してもらう、できれば離婚をせずに一からやり直したいと考える人もいます。今回は浮気調査をした後に和解すべきか、しない方がいいのかについて考えていきましょう。

浮気調査を依頼した理由について

探偵に浮気調査をする場合、一般的には浮気の証拠を掴みたいから依頼が入ります。多くは、浮気をしているのは確定しているけれど、相手が誰だか分からない、普段の行動がよく分からないので証拠を見つけようがないという理由があります。なかには、配偶者が浮気をしているかどうかは分からないけれど、調査をお願いしたいという場合もあります。浮気の不安が強い人が依頼してくるケースです。

配偶者とちゃんと話し合える自信がないから

夫婦だから何でも話し合える関係なのかは難しいところであり、特に浮気問題では感情が先に立ってしまって、冷静に話し合いが行えないというケースが多いです。そのため、探偵に浮気調査を依頼し、その結果を持って配偶者と話し合いをする人もいます。

もしくは、これまでの夫婦関係において、配偶者と対等な関係ではなく、上下関係ができてしまっていると、トラブルが起きたときの話し合いはうまくいかないでしょう。配偶者にうまく言いくるめられたり、なかには自分が切羽詰まると上手に話せなかったりする人もいます。

配偶者とちゃんと話し合いたい、そのために浮気調査をしてもらい、証拠を掴むのです。証拠があれば、言い逃れはできませんし、今後どうすべきか話を進めることもできます。

浮気をはっきりさせた上で夫婦関係を再構築したい

配偶者に浮気をされたからといって、すべての夫婦が離婚を考えてはいません。まだ結婚したばかりで子どもがいない、住宅の購入をしていない夫婦は割と離婚する確率が高いといえます。離婚する際に解決しなければならない問題も少ない上に、双方若いこともあるのでしょう。

しかし、子どもがいる場合や、住宅ローンを組んでいる夫婦は離婚をするまでも大変です。よく、離婚は結婚より大変だといわれるのはこの場合だとされています。子どもの学校問題や、離婚後にどう生活をしていくか、慰謝料や養育費……さまざまな問題を解決して離婚となるからです。

そこまで大変な思いをして離婚しても……と途中で考え方を変える人も多く、自分さえ我慢すればいいという場合もあります。子どもにとっては問題のない夫(妻)であれば、今回の浮気を解決した上で、夫婦関係を再構築したいと考えるのもアリでしょう。

浮気相手に慰謝料請求をしたい

浮気調査を依頼すると、浮気相手の名前や所属などもだいたい分かります。夫婦が離婚をする、しないに関係なく、浮気相手には慰謝料を請求することが可能です。一般的には、離婚をする場合の慰謝料の方が夫婦関係を破綻させた直接の理由になるわけですから、高額となります。

離婚しない場合の慰謝料は金額的には期待できませんが、ひとつの区切りとして慰謝料請求をする人もいるようです。その際の金額は相手の収入や浮気期間などが考慮されますが、数十万円程度が一般的であり、高くても100万円くらいが多いとされています。

浮気調査後、浮気が確定したときはどう行動すればいい?

浮気調査に入る前は浮気が確定したとしても離婚はしたくないと思っていても、実際に浮気が確定してしまうと考え方が変わる人もいます。浮気が確定した後は自分の気持ちに本当に向き合うとき。離婚する、離婚しないに関係なく、夫婦間の話し合いをしなければなりません。

離婚をする気がなくても配偶者と話し合う

浮気調査後に、浮気が確定したけど離婚をする気がない場合もあるでしょう。配偶者と話し合いをすることになると思われますが、ここで上手に話を進めないと浮気調査をしてもらった意味がなくなります。

まずは、浮気相手と別れるように約束させなければなりません。口約束では証拠が残らないため、目の前で浮気相手に電話をしてもらう方法や、3人で直接会って話し合う方法もありあるでしょう。浮気を認めた上で、別れることを紙面に書かせることが必要です。その際に誰が書いたのかはっきりさせるには、住所や氏名、日時も必要でしょう。

離婚に向けた話し合いをする場合

浮気調査を和解するために行ったとしても、実際に浮気が発覚すると考えが変わる人もいます。自分が想像していた内容とは違った、配偶者がどっぷり浮気相手にはまっていると、夫婦としてやっていくのは難しいと考える人もいます。離婚に向けた話し合いに進む場合、配偶者はもちろん、浮気相手にも慰謝料請求ができます。

配偶者に慰謝料請求をする

配偶者と離婚をする場合は慰謝料請求が可能です。もし、浮気をしていたとしても離婚をしない場合、慰謝料請求はできないようになっています。もちろん、夫(妻)から何か高価なものを買ってもらうというような話は聞くので、そのような方法で慰謝料代わりとする話が多いと思われます。

配偶者に慰謝料請求をする場合は、財産分与や養育費とは全く別のものとなります。一括で支払うのが難しい場合は、分割払いとする場合もあるようです。夫婦間の話し合いで慰謝料について決められない場合は調停や裁判という方法もあります。

配偶者と浮気相手に慰謝料請求をする

浮気調査の結果、浮気相手の名前や住所などが分かっていれば、慰謝料請求は可能です。浮気相手の名前や住所、電話番号などまったく分からないという場合の慰謝料請求はできません。

夫婦と浮気相手の3人で話し合いをしても慰謝料金額などが決まらない、相手に払う意志がない場合もあります。その場合は調停や裁判を利用して、浮気相手に慰謝料請求をすることが可能です。

浮気が発覚したけどどうすべきか決められないとき

浮気をされた方は相当なショックを受けてしまいます。それまで信用していた配偶者から裏切られたので当然のことです。しかし、配偶者を許せないと思っていても、離婚した方がいいのか、しない方がいいのか決められないという場合もあるでしょう。そのようなときは、どうすればいいのでしょうか。

実家に帰れるのであればしばらく帰る

実家に帰ることで、両親に浮気のことを話さなければならなくなりますが、自宅にいても悶々とするのであれば、やむを得ません。

夫婦が少し距離を置くことによって、お互い冷静に考えることができます。子どもの学校がある場合は、配偶者に実家に帰ってもらってもいいでしょう。いずれにしても、少し距離をおいて夫婦関係について考える時間が必要です。

別居中に浮気相手と会っていたことが発覚した場合

残念ながら、別居中に浮気相手と自由に会えるとまったく反省しない夫(妻)もいます。この場合は、夫婦関係を再構築することは難しいでしょう。世間体や経済的な面で離婚を選択しない場合もありますが、子どものために割り切って夫婦でいることが本当に幸せなのかどうかは誰にも分かりません。

まとめ

浮気調査は離婚するためだけにあるものではなく、夫婦が和解するためにもあるものです。浮気問題が起きたことで、それまでの夫婦関係を反省し、再構築するようなケースもあります。相談時は浮気調査をするのは配偶者に反省してもらうため依頼されたのに、結果が分かると離婚一択となる人もいるため、夫婦のことは当人同士しか分からないことを感じてしまいます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn