証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査の重要性とは?証拠を突きつけて否定させない!

パートナーが浮気をしているかもしれない……というとき、何も証拠がない状態で相手に詰め寄っても言い逃れをするばかりでしょう。「証拠はあるの?」「疑っているの?」と、まるでこちらが悪いかのように話をそらされることもあります。パートナーに浮気の話をするときは、まずは証拠を集めることが必要です。どのように動くのがベストなのか紹介します。

パートナーが浮気をしている!どう動いたらいい?

パートナーが浮気をしていると、直感的に感じることがあるでしょう。特に女性は直感のはたらく生き物であるため、勘がいい人はすぐに分かるといいます。多くの場合,その勘は正しいことが多いのですが、パートナーと浮気の話をする前にやっておくことがあります。

いきなり問い詰めるのではなく証拠を集める

浮気をしていると思われる場合、すぐにでも話をしたい!と思うのも無理はありません。しかし、感情的に話を進めても思うように話が進まないことが多く、さらにストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

まずは、パートナーが浮気を否定できないような証拠を集めることをおすすめします。その証拠はひとつより二つ、二つより三つある方が否定もできなくなります。

証拠が得られていない状態で話をしても、口の上手いパートナーであれば上手に交わしますし、平気で嘘を付く可能性もあるでしょう。いずれにしても、証拠を得てから行動に移すようにしてください。

問い詰めるかどうか迷った場合はしばらく様子を見る

浮気をされていても、「そのうち別れるだろう」「自分さえ我慢しておけばいい」というような人もいます。本来はパートナーに浮気をして欲しくないのですが、自分から問い詰めるのが苦手、トラブルを起こすよりも我慢をするようなタイプがこれに当てはまります。

婚姻中の人で、1回でも浮気されたら離婚すると決めている人もいますが、浮気をされても離婚するかどうかは簡単に決められないという人もいるでしょう。後者の場合は、浮気をされたからといって、すぐに行動に出ない方がよさそうです。しばらく様子を見て、どのように行動するのか決めましょう。

架空話をふって様子を見る

自分の話ではなく、「ママ友の話」「会社の同僚の話」と称して、浮気の話をしてみましょう。そのときの相手の様子をチェックすると、浮気についてどう考えているのか分かります。

そわそわするような様子があれば、浮気をしていてばれるのがまずいと思っている場合が多いのですが、全く様子が変わらないような場合もあります。パートナーはどのような態度を示すのでしょうか。要注目です。

パートナーの浮気チェックをしよう!

パートナーが浮気をしているかもしれない、でももしかしたら気のせいかも……という場合、こっそり浮気チェックをしてみましょう。男性と女性で浮気をしているときの行動は少しずつ違いがあるようです。

男性の場合

  • お金の使い方が派手になる
  • 休日にどこに行っているのか分からないことがある
  • 仕事の帰りが遅くなった
  • 急に出張が入る
  • ファッションにこだわるようになった

などがあります。男性の場合、浮気相手にいいところを見せようとする傾向が強いため、お金使いが激しくなるのが一般的。プレゼントをしたり、食事をごちそうしたり、ホテル代が必要になったりするためです。また、これまで服装にこだわりがなかったのに、急にファッションにこだわりを見せたり、髪型を気にするようになったりした場合も浮気の可能性があるでしょう。ただし、普段のパートナーをチェックしていないと気が付かないことも多いといえます。

女性の場合

  • 夫婦(カップル)のスキンシップや性交渉を嫌がる
  • 下着が派手(おしゃれ)になる
  • スタイルを気にしはじめる
  • メイクに時間をかけるようになる
  • 高価なものを身に付けるようになる

などがあります。女性の場合、普段から派手でおしゃれにしている場合は気が付きにくいといえるでしょう。地味な女性の場合は、いきなりメイクに凝り始めたり、おしゃれになったりするので分かりやすいと思われます。浮気相手からプレゼントをもらうことがあるので、高価なバッグなどを持ち歩くこともあるでしょう。女性の場合は浮気相手への本気度が高いと、スキンシップや性交渉を嫌がる傾向があります。

浮気調査の方法とは?【自分でやってみる場合】

浮気調査を自分でやってみるときにはどのような方法があるのでしょうか。パートナーに調査をしていることを悟られないようにしなければならないため、難易度が高いと思われます。

車を調べる

普段、車で通勤したり、休日は車に乗ったりするという場合は車内に何らかの痕跡を残していることが多いでしょう。レシートが残されている、髪の毛などが落ちていることが多いです。なかには、浮気相手がわざと自分の存在をアピールするために、忘れ物(ピアスやイヤリングなどが多い)をしていくこともあります。

また、カーナビの履歴に行った場所を残していることもあります。用意周到な場合は履歴を削除していると思うのですが、抜けているタイプであればこのような簡単なところから足が付きます。

カードの明細を確認する

現金をあまり持たず、カード派という場合は決済を調べる方法があります。どこで何をしていたのか、誰かと食事をしていたのかなどは、明細の詳細を見ればだいたいの予想が付くでしょう。家庭内で使ったお金に関して細かい場合は気を付けますが、毎月のカード決済が高額な家庭は一つひとつチェックをしないことも多いと思われます。

なかには、数ヵ月前からカード決済額が高いと思ったら……というケースもあるようです。

自分で浮気調査ができない場合は探偵に依頼

パートナーが用意周到で浮気の痕跡をまったく残さないような場合もあります。その場合は浮気をしていても、証拠を残すことはないでしょう。この場合は自分で浮気調査をすることは難しいといえます。

確実に浮気の証拠を得たい場合は探偵に依頼するのがおすすめです。浮気調査のプロなので、これまでの実績から確実に浮気の証拠を掴んできてくれるでしょう。

まとめ

パートナーが浮気をしていても、その証拠を自分で見つけるのは難しいと思われます。尾行するにしても、顔がばれていますし、変装をするといっても逆に目立ってしまうこともあります。浮気調査で確実に証拠を得たい場合は、その道のプロである探偵に依頼するのがベストな方法です。探偵を利用するのは敷居が高いと思われる人もいますが、意外と話しやすく、親身になって相談に乗ってくれます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn