証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

妻が浮気しているので親権をとりたい!浮気調査の有効性について

妻の浮気が原因で離婚する場合もあるでしょう。この時多くの人が浮気をしている妻よりもされた夫の方が親権をとれると思っている人も多いかもしれません。しかしされた旦那さんが親権を盗れないケースも決して難しくありません。もし妻に親権をとられたくないと思っているのであれば、どのように対処すればいいかについて紹介します。

親権について理解しよう

子供のいるカップルがいざ離婚となった場合、親権をどちらが持つのかでもめる可能性があります。しかし親権という言葉は聞いたことがあるけれども、詳しいことはよくわからないという人も少なくないようです。まずは親権とはどのようなものかについて理解しましょう。

親権とは何か?

親権とは未成年の子供がいる場合、育児をしながら財産を管理する権利のことです。子供の代理人として、多種多様な法律行為をする権利と言われます。婚姻期間中は夫妻一緒に親権を共有して行使している状況です。しかし離婚するとなると、夫妻は別居する形になるので、親権者はどちらか一方が持つ形になるわけです。そこで離婚届を出すにあたって、どっちが親権を持つのか協議する必要が生じるわけです。ちなみに当事者同士で決まらなければ調停委員、それでも決まらなければ裁判所で決定してもらうことになります。

いったん親権者が決まった場合でも、何らかの事情で後々変更する場合もあるでしょう。しかしその場合には家庭裁判所で変更の申請手続きをしなければなりません。しかも裁判所が認めてくれないと勝手に変更できない仕組みとなっています。

妻の浮気なら夫が取れない可能性が高い

妻の不貞行為が原因で別れることになれば、有責配偶者である奥さんは親権が持てないと思っている人もいるでしょう。しかし浮気しても親権を持つパターンは少なくありません。離婚した場合、多くのケースで妻が親権を持つ傾向が見られます。特に子供が小さいほど、育児で母親の存在がより必要と考えられるからです。

なぜ浮気した方が親権を持つ可能性があるのか、それは不貞行為と親権問題は全く別物と解釈されるからです。不倫は夫妻間の問題です。一方親権は子供の問題であって、全くの別物です。一般的に親権がどちらになるのか、子供とより長い時間一緒にいられるかどうかで判定されます。旦那さんは仕事で外出する頻度が多く、なかなか子供と一緒に過ごせないでしょう。このため親権は奥さんに持っていかれます。いかに旦那さんの方が経済力があっても、元妻に養育費を渡せばいいとなってしまいます。

浮気した母親が親権を得られないことも

一般的に妻の浮気が原因でも、親権は妻にわたってしまうことが多いです。しかし例外もあります。例えば子供が虐待される可能性のある場合です。例えば離婚前から奥さんが不倫相手の方に走ってしまって一緒に暮らしている場合です。子供が母親の交際相手や再婚相手から虐待を受けるという話は、ニュースでもしばしば見られます。このような問題にも裁判所は注目する傾向が見られます。

また奥さんが育児放棄をしていた、もしくは何らかの虐待をしていた場合も親権が旦那さんに認められる可能性があります。例えばお子さんは自宅に放ったらかしにして、不倫相手の家に入り浸っていた場合です。奥さんに親権を認めると、子供が放置されて深刻な状況になる恐れがあるからです。

親権をとるために浮気調査は必要か?

「どうも妻の様子がおかしい…」と思ったら、探偵などのプロに浮気調査を依頼するのがいいでしょう。単なる心象だけでは不貞行為は認定されません。きちんとした証拠を提示することで、親権をとったり慰謝料を請求したりと有利に交渉を進められます。

養育できないことを調査で証明する

たとえ浮気をしていても、奥さんが親権を持っていく可能性は大いにあります。しかし奥さんに養育するだけの能力がないと立証されれば、親権をこちらに手繰り寄せることができるかもしれません。そこで浮気調査を探偵にお願いしましょう。そしてどれくらいの頻度逢瀬を重ねているのか等報告書を作成してもらいます。

例えば週に何度も夜に相手と密会していて、夜遅くや明け方になるまで帰ってこないことが調査の結果立証できれば、子供が放置される危険性が高いと判断されます。また相手の家に何泊もしている場合も、育児放棄のリスクが高いことを立証できます。このような情報も探偵の尾行や張り込みスキルを駆使すれば、いろいろと集められます。

協議離婚で親権をとるためにも必要

子供を放置している証拠がなくても、交渉次第で相手から親権をとることも可能です。まず相手の浮気を客観的に立証できれば、こちらは慰謝料を請求する権利が発生します。そのためにも探偵を雇って浮気調査をお願いした方がいいです。浮気の証拠写真や動画があれば、相手に責任のあることは明白です。相手の問題で離婚することになれば、協議離婚の際の交渉もこちらの有利に進められます。浮気をされた場合、相手に対して慰謝料を請求します。しかしどうしても親権をとりたいと思っているのであれば、慰藉料を交渉材料に持ち出すのも一考です。

つまり「本来請求すべき慰藉料を放棄する、その代わりに親権はこちらがもらう」といった感じで持ちかけてみましょう。そうすれば多額の慰謝料の支払いを免れられるのであれば、親権をこちらにくれる可能性も出てきます。またW不倫だった場合、浮気相手に対して「浮気の事実を相手の配偶者に知らせないから親権を要求する」という持ち掛け方もあります。奥さんも相手の家庭を壊したくないと思えば、妥協してくれる可能性が出てきます。

まとめ

「相手が不倫をしたら当然こちらに子供の親権が来るだろう」と思い込んでいる男性は結構多いようです。しかし不貞問題と子供の面倒をだれが見るかについては、全くの別問題です。こと親権に関しては、男性は女性と比較して弱いという事実は覚えておいた方がいいでしょう。それでも自分が親権を持ちたいと思うのであれば、浮気調査を探偵に依頼して相手の不貞の事実を明るみにし、有利な状況で交渉を持ちかけてみるのも一考です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn