証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査をするときのNG行為と合法な行為とは?

パートナーが浮気をしていると確信した場合、何らかの方法で証拠を突き止めたいと思うのは当然のこと。しかし、あまりにも行き過ぎた浮気調査は違法行為や犯罪行為とされており、処罰の対象となってしまうことがあります。どのような行為がそれに当たるのかを紹介するとともに、一般的な浮気調査であっても気を付けたいことや、個人での浮気調査に行き詰まりを感じたときの対策法についても紹介しています。

浮気調査をするときのNG行為とは

浮気調査をするときにはとにかく証拠さえ取ろうというようなやり方はダメ。目的ばかりが先行してしまう調査方法の多くは、NG行為に当たるものが多いとされています。浮気調査というのは、個人のプライバシーを調べることになるので、調査方法が難しいとされています。一般的に行われている方法でのNG行為について見ていきましょう。

GPSやボイスレコーダーを使う

GPSやボイスレコーダーを使って、パートナーの浮気調査をする方法は基本的にNG行為とされています。違法とまではいかなくても、これらを使った浮気調査はトラブルの元になりやすく、難しいとされています。

もちろん、浮気をすることはよいこととはいえません。しかし、本人が知らないところでGPSを使ったり、ボイスレコーダーを使ったりすることで得られた証拠そのものは認められない可能性もあります。

すべてにおいて、グレーな状態であるため、他の方法で浮気調査をした方がいいでしょう。

スマートフォンを勝手に見る

浮気の証拠がいちばん残されているというのがスマートフォン。浮気相手とのやり取りや写真、マッチングアプリの利用などを知ることができます。

しかし、スマートフォンを勝手に見る行為はプライバシーの侵害にもあたり、例え夫婦間であったとしても、損害賠償請求ができます。(実際にする人は少ないとは思われます)また、スマートフォンにはロックをかけている人がほとんどであるため、事実上見ることは不可能な場合がほとんどだと思われます。

勝手に見ることが問題であって、許可を得て見る場合は問題ありません。しかし、浮気をしている人がスマホを見てもいいという可能性はゼロに等しいでしょう。

ターゲットの尾行

浮気調査で尾行をするのは一般的な証拠集めとして行われています。しかし、夫婦間でそれを行う場合、顔がばれているため変装をして、分からないようにしたりして行う人もいます。

実際に尾行をしたことがある人であれば分かると思いますが、適度な距離を保ち、ターゲットを見失わずに尾行するのは大変です。さらに、ターゲットに気づかれないようにしなければなりません。

ばれていなければ、ターゲットから何か言われることはないと思われますが、顔ばれをした後でも尾行していると、ストーカー呼ばわりされることもあります。一般的にひとりで尾行することは難しく、探偵であっても複数の人数で尾行することがほとんどです。

自宅の郵便受けを開ける

浮気調査をしているときに、自宅が分かった場合は、郵便受けを開けるとハガキや封書の郵便などで相手の名前や家族構成などを知ることができます。しかし、これらの行為は当然NG行為とされています。また、郵便受けに鍵をかけている人も多く、マンションなどではロックが掛かっていることも多いので、開けることは難しいでしょう。

個人での浮気調査が難しい場合は探偵へ依頼しよう

個人での浮気調査はかなりハードルが高いとされています。顔がばれていますし、変装すると悪目立ちすることもあるでしょう。また、素人であるため尾行をするとしても難しいものがあるでしょう。多くの人は調査の限界を感じて探偵に依頼するようです。

顔がばれていないため調査しやすい

探偵に依頼することの最大のメリットは、顔がばれていないということ。さらに、尾行もひとりで行うことは少なく、複数で行います。リスクを背負わずに、確実に証拠を得るためです。

また、探偵の仕事は難しく、研修を徹底しているところも多いようです。確実に証拠を取るために尾行は欠かせない方法なので、探偵に依頼する方が無駄な労力も使わないといえるでしょう。

浮気調査の実績が高い事務所がおすすめ

浮気調査の実績が多い探偵事務所であれば、あらゆるケースについて対応ができます。これまでの実績をもとに、確実に浮気の証拠を掴むように調査についてもマニュアル化されているので安心しておまかせできるでしょう。

探偵事務所によっても、得意な調査というものがあるようです。浮気や不倫調査だけに特化したところもあるようなので、複数の探偵事務所を比較して決めるといいでしょう。

無料相談をしてくれる良心的なところだと安心

多くの探偵事務所が調査の契約をする前に、無料相談を実施しています。対面での相談以外にも、オンライン相談やメールによる相談を行っているところもあります。無料相談がないところでいきなり浮気調査を依頼するのもありですが、不安や心配事があれば解決してから契約することが望ましいでしょう。

浮気調査はプライベートな問題であるため、初回の対応や電話での対応などで、相性のよい探偵事務所を見つけることが大事です。

料金の説明をしっかりしてくれるところがおすすめ

浮気調査を依頼するときに気になるのは料金ではないでしょうか。料金はそれぞれの探偵事務所によって違いがあります。どのくらいの期間調査を行うのか、追加料金は発生するのかなどを考慮して納得できるところを選ぶようにしましょう。

料金についてあいまいにされてしまうと、思わぬ金額を請求されることがあるので注意が必要です。

違法行為を行わない探偵事務所を見極めよう

探偵事務所もかなりの数あるため、そのレベルもさまざま。そのなかで、安心して浮気調査の依頼ができるのは、「探偵業届出証明書」が出されているところです。探偵業届出証明書というのは、事務所の開業届けをした際に、公安委員会から交付される証明書のことです。

実は、探偵業というのは各都道府県の警察署を経由して公安委員会に届出をすることが義務付けられている仕事です。届出をすると公安委員会から交付されるのが「探偵業届出証明書」であり、事務所の見やすい場所に掲示しなければならないように義務付けられています。そのため、この届出証明書が見当たらないところは避けた方がいいでしょう。

まとめ

浮気調査は基本的に難しいものです。感情にまかせて浮気探しをしてしまうと、違法行為を行ってしまうこともあるでしょう。夫婦や恋人同士であっても、プライバシーは配慮されなければなりません。浮気調査は自分の手で行うことは難しく、最終的には探偵事務所に依頼する人が多いようです。決定的な証拠を得ていることで、離婚する際にも有利に進めることができますし、離婚しない場合であっても浮気相手に慰謝料請求ができます。信頼できる探偵事務所を探すようにしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn