証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査における解決金とは?慰謝料との違いを解説!

パートナーが浮気していた場合、婚姻関係を続けるなら話し合い、続けないなら離婚の手続きを進めなくてはいけません。一般的に不貞行為を働いた側は慰謝料を請求されるケースが多いです。一方、離婚時に解決金を支払うというパターンもあるのですが、この解決金とは一体何なのでしょうか。今回は解決金の特徴を説明し、証拠を掴むための浮気調査について紹介します。

解決金とは

解決金とは、離婚時または男女間で関係を解消する際に支払われるお金のことを指します。請求には法的な根拠が必要ありません。つまり、特に明確な離婚理由がない場合でも、請求することが可能です。どちらかが離婚したいと考えている場合、それに納得してもらうために支払われるというケースが多くなっています。

解決金のメリット

解決金を支払うことで、離婚に対する話し合いがスムーズに進むことがあります。特に、一方が離婚したいと考えていてもう一方が金銭面を理由に離婚を拒んでいる場合、解決金を提示して離婚の話し合いを進めるのです。専業主婦の場合離婚しても経済的に不安があり、すぐ就職できる当てがない場合は離婚に応じてくれない可能性があります。そこで、解決金を支払って一時的に金銭面を援助するような形をとり、離婚に応じてもらうという方法をとります。

そして、解決金には法的根拠が必要ないため、どちらかが明らかに違法行為や不貞行為を働いていなくても提示できるのです。話し合いだけで離婚の決着をつけられない場合の手段として有効だと言えるでしょう。

解決金のデメリット

解決金は「なぜ支払ったのか」ということを明確にしておかないと、後々トラブルに見舞われることも。例えば、解決金を慰謝料の代わりとして支払い、これ以降一切金銭のやりとりはしないと考えていても、受け取った側がそう考えているとは限りません。後から浮気などの不貞行為が発覚した際に、慰謝料を追加で請求されることも考えられます。

解決金は便利である一方非常にあいまいなお金です。支払う側はこれ以降お金を請求しても応じない旨を伝え、調書として残しておくことをおすすめします。支払われる側は本当に解決金の支払いのみで離婚に応じて良いのか、よく考えることが大切です。何も考えずに解決金のみで離婚を成立させてしまうと、後から浮気していたことが分かっても慰謝料を請求できなくなってしまうからです。法的な理由がなくても請求できるため、その利便性を相手にとって有利な方向に使われないよう注意してください。

解決金と慰謝料・財産分与の違い

離婚時に支払われるお金として、1番最初に思い浮かべるのは慰謝料ではないでしょうか。慰謝料は解決金と違い、民法における不法行為に対して請求するものです。例えば、相手の浮気やDV、モラハラが原因で離婚するなど、肉体的・精神的苦痛を与えた対価というイメージです。ただ離婚したいというような理由では慰謝料を請求できません。

慰謝料を解決金として請求できる?

慰謝料は端的に説明すれば「悪いことをした人が払うもの」です。そのため、慰謝料を請求されていることが周囲にばれてしまうと、浮気やDVをしたと思われてしまう可能性があります。それを避けるため、慰謝料を解決金という名目にしたいと言われるケースも考えられます。受け取る側がお金を得られれば良いと言うのであれば、慰謝料は解決金という名目で支払われることも。

慰謝料は請求する側も法的な手続きを踏まなくてはいけません。お金をもらって離婚することが目的である場合、相手から解決金として慰謝料と同じ額を支払ってもらうという方法もあります。

解決金と財産分与の違い

財産分与とは、離婚時に夫婦間の財産を分ける方法です。所有している現金や貯金だけでなく、家や土地といった不動産も財産分与の対象になります。解決金はあくまで金銭のやりとりに限定されますが、財産分与は資産が対象です。

結婚してから購入した家やマンションに関しては、ローンを完済できるのであれば財産分与に含まれます。反対に、ローンが返済できない場合、ローンの名義人が家に住み続けることが条件になっています。夫名義で借りた住宅のローンがまだ残っているのに、夫が出ていって妻が住み続けるということは原則できません。ローンを完済するか別途ローンの組み換えなどを行う必要があります。

解決金や慰謝料を支払う代わりに手持ちのお金や土地などの財産を相手に渡す形で離婚時の問題を解決します。ただ、財産分与も慰謝料と同様請求時には法的な根拠が必要です。

探偵に浮気調査を依頼して証拠を掴もう

パートナーが浮気している場合の対処法は人それぞれかと思います。また、浮気が真実なら離婚するのか婚姻関係を続けるのか考えなくてはいけません。そのためにも、まずは浮気の証拠をしっかり掴むことが大切です。ただ異性と連絡を取っていたり2人で会っていたりしただけでは、言い逃れされてしまうかもしれないからです。

自分で浮気調査をすることは可能ですが、現実的でありません。自分の生活と浮気調査を同時に進めることは非常に困難です。特に仕事をしている場合はその時間がなかなか取れないことが考えられます。

パートナーのスマホを見たり尾行したりしていれば浮気の証拠を掴めるかもしれません。しかし、相手にばれてしまった時、プライバシーの侵害として逆に訴えられるケースもあるのです。パートナーが浮気をしていたとしても、その証拠を掴む前にプライバシーの侵害で訴えられると、こちらが不利になってしまいます。

そこで、プロの探偵に依頼して確実に証拠を掴んでください。尾行や張り込みなどを行ってパートナーの情報を集め、浮気相手と一緒にいる決定的瞬間を写真・動画に収めてくれます。これは裁判の時にも使える立派な証拠になるため、必要に応じて慰謝料・または解決金を請求しましょう。

まとめ

解決金についてご説明しました。離婚時には慰謝料や財産分与の他に、解決金によって金銭のやり取りを終わらせる方法があります。法的根拠が必要なくあいまいになってしまう部分が多いため、支払う方も受け取る方も条件を定めそれを書面に残しておくことをおすすめします。パートナーに解決金または慰謝料を請求するために、探偵に浮気調査を利用して確実な証拠を掴んでください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn