証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵「素行調査」の費用対効果は?自分で調査する場合との比較も

今や探偵による浮気調査や、身辺調査は当たり前のように利用される時代です。しかし、探偵費用は決して安いものではなく、どちらかといえば高額な分類に入ります。高いお金をかけて調査を依頼したのに、満足した結果を得られないということもあるかも知れません。
そこで、今回の記事では、素行調査の費用対効果について、自身で調査した場合と比較して、解説していきたいと思います。

素行調査とは?費用と調査方法

素行調査とは、「調査対象者の素行(日々の言動)」を調査する方法で、浮気調査や、借金問題、交友関係などのさまざまな調査が可能です。素行調査の範囲は非常に広く、費用によって「調査内容、調査期間」などが変動するのも特徴といえます。

素行調査で分かる情報

探偵による素行調査では、基本的に「尾行」「張り込み」「聞き込み」を中心に調査が行われます。以下が探偵で行われる主な調査内容です。

  • 日常の行動(日々の行動、ルーティーンなど)
  • 交友関係(友人、悪友、職場の同僚など)
  • 浮気、不倫関係
  • 借金問題(ギャンブル、闇金からの借金など)
  • 学校、職場などでの状況(立場、いじめ、関係性など)
  • 人探し(行方不明者の捜索など)

これらのことが、素行調査によってわかりますが、どの調査内容に関しても「確実に分かること」ではありません。あくまでも、「これらの調査を行うことが可能である」というだけで、常に確実な情報を入手できるわけではないということを理解しておいてください。

素行調査の費用

素行調査では、以下の点を基準に費用が決まります。(一部の費用に関しては、探偵業者によって含まれないこともあります。)

  • 基本料金(探偵事務所、興信所の基本料金)
  • 人件費
  • 調査期間(1日計算)
  • 必要経費(交通費、宿泊費、施設費などの雑費)
  • 成功報酬(調査完了後に支払う費用で、ない場合もある)

これらの調査費用は、調査対象者の状況によって大きく異なりますが、基本的には一般的な基本料金(探偵業者が指定した基本料金)内で調査が完了することが多いです。調査内容に不満があり、調査期間を追加したり、調査員追加をお願いする場合には、調査費用が加算されます。

自分で調査をする場合の費用

素行調査を考えている人の中には、「自分で調査した方がいい」と考える人もいるかも知れません。そこで、実際に自分で調査するとどのくらいの費用がかかるのか、そして、どういったトラブルが発生するのかを見ていきましょう。

自分で調査する場合の費用

自分で調査する場合も、探偵業者に依頼する場合と同じような費用項目になりますが、専用機材などを揃える場合には、追加費用がかかることもあります。

  • 当面の生活費(仕事を休んでいる、もしくは辞めた場合)
  • 調査時の食費、交通費、宿泊費
  • 調査に必要な機材費(PC、カメラ、レコーダー等)

これらの費用がかかってしまったとしても、探偵に依頼するより「安い費用」で調査が可能なため、費用の面で大きなメリットがあると言えます。自分で調査する方の多くは、こうした費用面での理由が主になると思います。

費用以外のデメリットが大きい

自分で調査をすることで、費用面では大きなメリットを得ることができますが、そもそも調査のプロではないため、「確実な調査結果」を得られない可能性があります。また、探偵業務には「探偵業法」という法律があり、それらに沿った調査を行わなければ「違法調査」となってしまうこともあるのです。
特に、尾行や張り込みと行った調査方法は、方法によっては「不法侵入」や「ストーカー行為」とみなされてしまうこともあり、素人の方が行うには非常に危険な方法です。聞き込み調査に関しても、方法次第では「不審者」に思われてしまうこともあります。
このように、自分で調査する場合、費用以外のデメリットが大きいことを理解しておく必要があります。

探偵による素行調査の費用対効果はあるのか

ここまでで、自分で行う素行調査が費用的に大きなメリットがあるということはわかったと思います。では、探偵が行う素行調査の費用対効果はどうなのでしょうか。ここでは、プロが行う素行調査の費用対効果(コスパ)について、詳しく見ていきたいと思います。

調査費用の相場

探偵事務所や興信所に素行調査を依頼した場合、一般的に十万円〜数十万円単位の費用が掛かります。振り幅が大きいのは「調査期間や人件費」などが理由で、話し合いによって価格を抑えられることもあります。ただし、中には「水増し請求」によって、不当な金額を要求する業者もいるので注意してください。
※素行調査で費用が変わるポイントは「人件費」です。調査員が何人使われているのか、という点に注目して依頼すると、的確な費用で調査を依頼することが可能です。

費用は高額だが調査結果は確実

ここで費用対効果の話になりますが、結論から言いますと、探偵業者に素行調査を依頼することは「費用対効果(コスパ)が高い」と言えます。主な理由として以下の点があげられます。

  • 裁判に使える証拠が見つかる(可能性が高い)
  • 違法行為を行う必要がない
  • 自分の時間を有効に使える

浮気や不倫などの証拠を探している場合、個人だと「自分の時間を削って」調査を行わなければならず、事前に裁判で有利になる証拠について、調べておく必要があります。また、ストーカー行為や不法侵入といった違法行為のリスクもあるため、証拠を得るとともに、失うものも多くなる可能性があります。それに加えて、「確固たる証拠が掴めない」という最悪の状況も存在するため、賭けになることもあるでしょう。
しかし、探偵業者に依頼することで、そういったほとんどの問題を解消することが可能です。探偵業者の中には、弁護士に精通しているところもあり、法的なトラブルに慣れているので、調査時のトラブルにも安心です。「お金で安心と確実な証拠」を得られると考えれば、費用対効果は非常に高いと言えます。

まとめ

今回の記事では、素行調査の費用対効果(コスパ)についてご紹介させて頂きました。調査費用は決して安くないですが、法的問題や、時間、調査結果の正確性などを考えると、決して高くもありません。仕事などで時間の取れない人や、調査の正確性を求めるならば、プロに調査を依頼するというのは非常にコスパの高い方法だと思います。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn